奬進酒        李 白                目録

君不見         君見ずや
黄河之水天上來 黄河の水 天上より来るを
奔流至海不復廻 奔流し海に至って 復た廻かえらず
君不見         君見ずや
高堂明鏡悲白髪 高堂の明鏡 白髪を悲しむを
朝如青絲暮成雪 朝には青糸の如きも暮れには雪と成る
人生得意須盡歡 人生 意を得れば須らく歓を尽くすべし
莫使金樽空對月 金樽をして空しく月に対せしむる莫かれ
天生我材必有用 天 我が材を生ずる 必ず用有り
千金散盡還復來 千金散さんじ尽くせば 還た 復た来たらん
烹羊宰牛且爲樂 羊を() 牛を(さい)して(しばら)く楽しみを為さん
會須一飮三百杯 会かならず須すべからく 一飲三百杯なるべし
岑夫子  丹丘生 岑夫子しんふうし 丹丘生たんきゅうせい
奬進酒  杯莫停 将に酒を進めんとす 杯を停むる莫かれ
與君歌一曲     君が与めに一曲歌わん
請君爲我傾耳聽 請う君 我が為に耳を傾けて聴け
鐘鼓饌玉不足貴 鐘鼓しょうこ 饌玉せんぎょくは貴たっとぶに足らず
但願長醉不用醒 但だ長酔を願いて醒むるを用いず
古來聖賢皆寂莫 古来こらい 聖賢せいけん皆 寂莫せきばく
唯有飮者留其名 唯だ飲む者のみ其の名を留むる有り
陳王昔時宴平樂 陳王 昔時せきじ 平楽へいらくに宴し
斗酒十千恣歡謔 斗酒十千としゅじゅっせん 歡謔かんぎゃくを恣ほしいままにし
主人何爲言少錢 主人 何爲なんすれぞ銭少ぜにすくなしと言わん
經須沽取對君酌 (ただ)ちに須らく()い取り君に対して酌ぐべし
五花馬  五金裘 五花の馬 五金の裘きゅう
呼兒奬出換美酒 児を呼び将き出し美酒に換えせしめ
與爾同銷萬古愁 爾なんじと同ともに銷さん萬古の愁を