辛棄疾詞 [索引] [書架]

生査子 題京口郡治塵表亭

 生査子 京口の郡治塵表亭に題す
悠悠萬世功、
矻矻當年苦。
魚自入深淵、
人自居平土。

紅日又西沈、
白浪長東去。
不是望金山、
我自思量禹。
悠悠たり萬世の功、
矻矻こつこつたり當年の苦。
魚は自おのづから深淵に入り、
人は自おのづから平土に居す。

紅日は又も西に沈み、
白浪は長とこしへに東に去る。
是れ金山を望むにあらずして、
我自ひとり禹を思量すればなり。

水調歌頭 壽趙漕介庵

 水調歌頭 趙漕介庵を壽ぐ
千里渥洼種、
名動帝王家。
金鑾當日奏草、
落筆萬龍蛇。
帶得無邊春下、
等待江山都老、
敎看鬢方鴉。
莫管錢流地、
且擬醉黄花。

喚雙成、歌弄玉、
舞綠華。
一觴爲飮千歳、
江海吸流霞。
聞道淸都帝所、
要挽銀河仙浪、
西北洗胡沙。
囘首日邊去、
雲裏認飛車。
千里渥洼の種、
名は動ぐ帝王の家に。
金鑾の當日草さうを奏するに、
筆を落ふるへば萬よろづの龍蛇たり。
帶し得たり無邊の春の下、
等待ちて江山都すべて老いたるも、
こころみに看よ鬢方まさに鴉くろからん。
錢の地に流るるに管かかはる莫れ、
しばし擬せよ黄花に醉ふに。

雙成を喚ばしめ、弄玉に歌はしめ、
綠華に舞はしむ。
一觴飮を爲さば千歳たり、
江海流霞を吸ふ。
聞道きくならく淸都帝所、
銀河の仙浪を挽くを要して、
西北胡沙を洗がんと。
首を囘して日邊に去れかし、
雲裏飛車を認む。

念奴嬌 登建康賞心亭呈史留守致道

 念奴嬌 建康の賞心亭に登り、史留守致道に呈す
我來弔古、上危樓、
贏得閒愁千斛。
虎踞龍蟠何處是?
只有興亡滿目。
柳外斜陽、
水邊歸鳥、
隴上吹喬木。
片帆西去、
一聲誰噴霜竹?

却憶安石風流、
東山歳晩、
涙落哀箏曲。
兒輩功名都付與、
長日惟消棋局。
寶鏡難尋、
碧雲將暮、
誰勸杯中綠?
江頭風怒、
朝來波浪翻屋。
我來りて古いにしえを弔まつらんとし、危樓に上り、
ち得たり閒愁千斛せんこく
虎踞こきょ龍蟠りょうばん何處いずこか是なる?
只有るは興亡の滿目たるのみ。
柳外の斜陽、
水邊の歸鳥、
隴上ろうじょう喬木に吹く。
片帆西へ去り、
一聲誰か霜竹を噴く?

却って憶ふ安石の風流を、
東山の歳晩、
涙は落つ哀箏あいそうの曲に。
兒輩に功名都すべて付與すれば、
長日惟棋局に消ついやす。
寶鏡尋もとめ難く、
碧雲將に暮れんとして、
誰か杯中の綠りょくしゅを勸めん?
江頭に風怒り、
朝來むかえきたる波浪屋を翻さんとす。

永遇樂 京口北固亭懷古

 永遇楽 京口北固亭懷古
千古江山、
英雄無覓、
孫仲謀處。
舞榭歌臺、
風流總被、
雨打風吹去。
斜陽草樹、
尋常巷陌、
人道寄奴曾住。
想當年、金戈鐵馬、
氣呑萬里如虎。

元嘉草草、
封狼居胥、
贏得倉皇北顧。
四十三年、
望中猶記、
烽火揚州路。
可堪囘首、
佛狸祠下、
一片神鴉社鼓。
憑誰問、廉頗老矣、
尚能飯否。
千古の江山、
英雄覓むる無く、
孫仲謀の處。
舞榭歌臺、
風流は總じて、
雨打たれ風吹かれ去く。
斜陽は草樹にさし、
尋常の巷陌横町に、
人は道ふ:寄奴曾て住めりと。
當年かのとしを想ふに、金戈鐵馬、
氣萬里を呑みて虎の如くなりき。

元嘉草草かるはずみに、
狼居胥に封まつらんとすれど、
()得て倉皇として北を顧るに収まれるにすぎず。
四十三年、
望める中に猶も記す、
烽火の揚州路。
なんぞ堪へん首かうべを回めぐらすに、
佛狸祠の下、
一片めんの神鴉と社鼓は。
誰に憑って問はん、廉頗れんぱ老いたるも、
尚ほ能く飯せりや否や。

菩薩蠻 書江西造口壁

 菩薩蠻 江西の造口の壁に書す
鬱孤臺下淸江水、
中間多少行人涙。
西北望長安、
可憐無數山。

靑山遮不住、
畢竟東流去。
江晩正愁余、
山深聞鷓鴣。
鬱孤臺下淸江の水、
中間多少の行人の涙。
西北長安を望まんとすれば、
憐む可し無數の山。

靑山は遮りえず、
畢竟東流して去る。
江の晩くれ正に余を愁へしむるは、
山深くして鷓鴣を聞く。

醜奴兒 書博山道中壁

 醜奴兒 博山道中の壁に書す
年不識愁滋味、
愛上層樓。
愛上層樓、
爲賦新詞強説愁。

而今識盡愁滋味、
欲説還休。
欲説還休、
却道天涼好個秋。
少年は識らず愁ひの滋味を、
このみて層樓に上る。
このみて層樓に上り、
新詞を賦するに強ひて愁ひを説く。

而今識り盡くす愁ひの滋味を、
説かんと欲して還た休む。
説かんと欲して還た休め、
却って道ふ:「天涼しく好き秋なり」と。

水龍吟 過南劍雙溪樓

 水龍吟 南劍の雙溪樓に過ぎる
擧頭西北浮雲、
倚天萬里須長劍。
人言此地、
夜深長見、
斗牛光焔。
我覺山高、
潭空水冷、
月明星淡。
待燃犀下看、
凭欄却怕、
風雷怒、魚龍慘。

峽束滄江對起、
過危樓、欲飛還斂。
元龍老矣、
不妨高臥、
冰壺涼簟。
千古興亡、
百年悲笑、
一時登覽。
問何人又卸、
片帆沙岸、
繋斜陽纜。
頭を擧げれば西北に浮雲、
天に倚りて萬里に長劍を須もとめん。
人は言ふ此の地、
夜深くして長ひさしく見あらはる、
斗牛の光焔を。
我覺おもふに山は高く、
ふちは空しくして水は冷し、
月明るけれども星淡し。
さいのつのを燃やすを待ちて下を看んとして、
欄に凭るは却って怕る、
風雷怒りて、魚龍慘たるを。

峽は滄江を束みて對起し、
危樓に過ぎれば、飛ばんと欲して還た斂をさむ。
元龍老いたれば、
高臥するを妨さまたげず、
冰壺ひょうこと涼簟りょうてんに。
千古の興亡、
百年の悲笑、
一時に登覽す。
問ふ何人か又、
片帆を沙岸に卸して、
斜陽に纜ともづなを繋ぐを。

南鄕子 登京口北固亭有懷

 南鄕子 京口北固亭に登りて懷おもひ有り
處望神州?
滿眼風光北固樓。
千古興亡多少事?
悠悠。
不盡長江滾滾流。

年少萬兜鍪。
坐斷東南戰未休。
天下英雄誰敵手?
曹劉。
生子當如孫仲謀。
何處いづこにか神州を望まん。
滿眼の風光は北固樓。
千古の興亡多少の事、
悠悠。
盡きざる長江は滾滾と流る。

年少萬あまたの兜鍪とうぼう
東南を坐斷して戰ひ未だ休めず。
天下の英雄の誰か敵手なる?
曹・劉ならん。
子を生むは當に孫仲謀の如くあるべし。

水龍吟 登建康賞心亭
 水龍吟 登建康賞心亭
楚天千里淸秋、
水隨天去秋無際。
遙岑遠目、
獻愁供恨、
玉簪螺髻。
落日樓頭、
斷鴻聲裏、
江南游子。
把呉鉤看了、
欄干拍徧、
無人會、登臨意。

説鱸魚堪膾、
儘西風、季鷹歸未。
求田問舎、
怕應羞見、
劉郞才氣。
可惜流年、
憂愁風雨、
樹猶如此。
倩何人、
喚取紅巾翠袖、
搵英雄涙。
楚天千里の清秋、
水は天に隨ひ去りて秋は際きわまり無し。
遙けき岑を遠目すれば、
愁を獻じ恨を供するは、
玉簪ぎょくしん螺髻らけい
落日の樓頭に、
斷鴻の聲裏に、
江南の游子。
呉鉤を把って看へ、
欄干拍つこと徧あまねし、
人の會わかる無し、登臨せる意こころを。

説ふを休めよ鱸魚ろぎょは膾なますに堪へると、
西風儘き、季鷹きよう歸りきや未だしや。
求田問舎、
おそらく應に見まみゆるを羞ずべし、
劉郞の才氣に。
惜む可し流年うつろい
風雨に憂愁す、
樹猶ほ此くの如し。
ふ何人なんびとか、
紅巾こうきん翠袖すいしうを喚び取りて、
ぬぐへかし英雄の涙を。

破陣子 爲陳同甫賦壯詞以寄之
 破陣子 陳同甫の爲に壯詞を賦し以て之に寄す
醉裏挑燈看劍、
夢回吹角連營。
八百里分麾下灸、
五十絃翻塞外聲。
沙場秋點兵。

馬作的廬飛快、
弓如霹靂弦驚。
了却君王天下事、
贏得生前身後名。
可憐白髮生。
醉裏燈を挑かきたてて劍を看、
夢は回めぐる角吹ける連營を。
八百里うしは麾下に分かちて灸あぶり、
五十絃は翻かなづ塞外の聲を。
沙場秋に兵を點ず。

馬は的廬の作ごとく飛快し、
弓は霹靂の如く弦驚かす。
了却せん君王の天下の事を、
ち得ん生前身後の名を。
憐む可し白髮の生ぜしを。

 滿江紅

漢水東流、
都洗盡、髭胡膏血。
人盡説、君家飛將、
舊時英烈。
破敵金城雷過耳、
談兵玉帳冰生頬。
想王郞、
結髮賦從戎、
傳遺業。

腰間劍、聊彈鋏。
尊中酒、堪爲別。
況故人新擁、
漢壇旌節。
馬革裹屍當自誓、
蛾眉伐性休重説。
但從今、
記取楚臺風、
庾樓月。



漢水は東に流れ、
すべて洗ひ盡くす、髭の胡の膏血を。
人は盡ことごとく説ふ、君家の飛將、
舊時の英烈。
敵を金城に破れば雷耳を過ぎり、
兵を玉帳に談ずれば冰頬に生ず。
王郞を想ふに、
結髮して戎に從ふを賦す、
遺業を傳ふ。

腰間の劍、聊いささか鋏つるぎを彈ぜん。
尊中の酒、別を爲すに堪へんや。
況んや故人新たに擁す、
漢壇の旌節。
馬革かはに屍かばねを裹つつむを當に自ら誓ふべく、
蛾眉性を伐せんこと重ねて説くを休めん。
但だ今從り、
記し取たれ楚臺の風、
庾樓の月を。

鷓鴣天 有客慨然談功名因追念少年時事、戲作
 鷓鴣天 客有りて慨然として功名を談ず、因って少年時事を追念し、
 戲れて作る。
壯歳旌旗擁萬夫。
錦襜突騎渡江初。
燕兵夜娖銀胡騄、
漢箭朝飛金僕姑。

追往事、歎今吾。
春風不染白髭鬚。
却將萬字平戎策、
換得東家種樹書。
壯歳旌旗萬夫を擁めし。
錦襜突騎渡江の初め。
燕兵夜に娖ふ銀胡騄、
漢箭朝に飛ばす金僕姑。

往事を追ひ、今の吾を歎く。
春風は染めず白き髭鬚を。
却て萬字の平戎策を將って、
換へ得ん東家種樹の書に。

摸魚兒 淳熙己亥 自湖北漕移湖南 同官王正之置酒小山亭 爲賦
 摸魚兒 淳熙己亥、湖北の漕より湖南に移らんとするに、
 同官の王正之小山亭に置酒し、爲に賦す。
更能消、幾番風雨、
怱怱春又歸去。
惜春長恨花開早、
何況落紅無數。
春且住、見説道、
天涯芳草無歸路。
怨春不語、
算只有殷勤、
畫簷蛛網、
盡日惹飛絮。

長門事、
準擬佳期又誤。
蛾眉曾有人妬。
千金縱買相如賦、
脈脈此情誰訴。
君莫舞、君不見、
玉環飛燕皆塵土。
閒愁最苦。
休去倚危樓、
斜陽正在、
煙柳斷腸處。
更に幾番の風雨を消すごすこと能あたふや、
怱怱として春は又歸り去く。
惜春長つねに恨むは花の開くことの早きを、
何ぞ況んや落紅の無數なるをや。
春よ且しばし住とどまれ、見説道みるならく、
天涯芳草歸路を無くすと。
怨む春の語らざるを、
算ふるに只だ殷勤に有るは、
畫簷の蛛網の、
盡日飛絮を惹くことのみ。

長門の事、
準擬するに佳期又た誤れり。
蛾眉曾て人の妬む有り。
千金にて縱たとひ相如の賦を買ふとも、
脈脈たる此の情誰にか訴へん。
君舞ふ莫れ、君見ずや、
玉環飛燕皆塵土となるを。
閒愁最も苦しむ。
去きて倚る休なかれ危樓に、
斜陽正に在るは、
煙柳斷腸の處。

水龍吟 甲辰歳壽韓南澗尚書
渡江天馬南來、
幾人眞是經綸手。
長安父老、
新亭風景、
可憐依舊。
夷甫諸人、
神州沈陸、
幾曾回首。
算平戎萬里、
功名本是、眞儒事、
公知否。

況有文章山斗、
對桐陰、満庭淸晝。
當年墮地、
而今試看、
風雲奔走。
綠野風煙、
平泉草木、
東山歌酒。
待他年整頓、
乾坤事了、
爲先生壽。
江を渡りて天馬南に來る、
幾人ぞ眞に是れ經綸の手は。
長安の父老、
新亭の風景、
憐む可し舊に依る。
夷甫諸人、
神州沈陸す、
幾たびか曾て回首す。
算ふるに戎を平ぐこと萬里、
功名は本是れ、眞儒事す、
公知るや否や。

況んや文章の山斗有りて、
桐陰、満庭の淸晝に對す。
當年地に墮ち、
而今試みに看よ、
風雲に奔走す。
綠野の風煙、
平泉の草木、
東山の歌酒。
他年を待って、
乾坤の事を整頓し了へれば、
先生の爲に壽かん。

浪淘沙 山寺夜半聞鐘
 浪淘沙 山寺夜半に鐘を聞く
身世酒杯中、
萬事皆空。
古來三五個英雄。
雨打風吹何處是、
漢殿秦宮。

夢入少年叢、
歌舞匆匆。
老僧夜半誤鳴鐘。
驚起西窗眠不得、
卷地西風。
身世酒杯の中、
萬事皆空たり。
古來三五個の英雄。
雨に打たれ風に吹かれ何處か是れ、
漢殿秦宮なる。

夢は入る少年の叢、
歌舞匆匆たり。
老僧夜半誤りて鐘を鳴らし。
驚き起きて西窗に眠り得ず、
地を卷く西風。

 西江月 遣興

醉裡且貪歡笑、
要愁那得功夫。
近來始覺古人書、
信著全無是處。

昨夜松邊醉倒、
問松我醉何如。
只疑松動要來扶、
以手推松曰去!



醉裡且しばし歡笑を貪らんも、
愁ひを要す那なんぞ功夫ひまを得んや。
近來始めて覺る古人の書、
著はせしを信ぜしも是とする處全て無し。

昨夜松の邊に醉ひ倒れ、
松に問ふ我が醉ひ何如ぞ?
只だ疑がふ松の動きて來り扶けんとす、
手を以って松を推して曰く:「去れ!」

 鷓鴣天

陌上柔桑破嫩芽、
東鄰蠶種已生些。
平岡細草鳴黄犢、
斜日寒林點暮鴉。

山遠近、路橫斜、
靑旗沽酒有人家。
城中桃李愁風雨、
春在溪頭薺菜花。



陌上の柔かき桑嫩芽を破り、
東鄰の蠶種已に生まれること些かばかり。
平岡の細草に黄犢鳴き、
斜日の寒林に暮鴉點ず。

山は遠く近く、路は橫に斜めに、
靑旗酒を沽る人家有り。
城中の桃李風雨を愁ひ、
春は溪頭の薺菜花に在り。

 鷓鴣天 送人

唱徹陽關涙未乾、
功名餘事且加餐。
浮天水送無窮樹、
帶雨雲埋一半山。

今古恨、幾千般、
只應離合是悲歡?
江頭未是風波惡、
別有人間行路難。

 鷓鴣天 人を送る

陽關を唱ひ徹して涙未だ乾かず、
功名は餘事にして且しばし加餐せよ。
天を浮べる水は送る無窮の樹、
雨を帶びる雲は埋める一半の山。

今古の恨は、幾千般にして、
只だ應まさに離合のみ是れ悲歡なりや?
江頭未だ是れ風波惡しからざるも、
別に人間じんかんに行路の難きが有り。

阮郎歸 耒陽道中爲張處父推官賦
山前燈火欲黄昏、
山頭來去雲。
鷓鴣聲裡數家村、
瀟湘逢故人。

揮羽扇、整綸巾、
少年鞍馬塵。
如今憔悴賦招魂、
儒冠多誤身。
山前の燈火黄昏にならんと欲
山頭に雲來去す。
鷓鴣聲裡數家の村、
瀟湘に故人に逢ふ。

羽扇を揮ひ、綸巾を整へ、
少年鞍馬に塵す。
如今憔悴して「招魂」を賦す、
儒冠多くは身を誤らす。

唐河傳 傚花間體

春水、千里、
孤舟浪起、
夢携西子。
覺來村巷夕陽斜。
幾家、短墻紅杏花。

晩雲做造些兒雨、
折花去、岸上誰家女。
太狂顛。
那邊、柳綿、
被風吹上天。



春水、千里、
孤舟浪起こし、
夢に西子を携ふ。
覺め來れば村巷に夕陽斜めなり。
幾く家の、短ひくき墻かきの紅き杏の花。

晩雲做り造いだす些兒いささかの雨、
花を折りて去る、岸上誰が家の女むすめぞ。
はなはだ狂顛。
の邊り、柳綿、
風に吹か被て天に上る。

淸平樂 獨宿博山王氏庵
 清平樂 獨り博山の王氏の庵いほりに宿す
遶牀飢鼠、
蝙蝠翻燈舞。
屋上松風吹急雨、
破紙窗間自語。

平生塞北江南、
歸來華髮蒼顏。
布被秋宵夢覺、
眼前萬里江山。
とこを遶めぐる飢ゑたる鼠、
蝙蝠燈に翻りて舞ふ。
屋上の松風急雨に吹く、
破紙の窗間自ら語る。

平生塞北江南、
歸り來たれば華髮蒼顏。
布被秋宵に夢より覺むれば、
眼前に萬里の江山。

水調歌頭 舟次揚洲、和楊濟翁、周顯先韻
落日塞塵起、
胡騎獵淸秋。
漢家組練十萬、
列艦聳高樓。
誰道投鞭飛渡、
憶昔鳴髇血汚、
風雨佛狸愁。
季子正年少、
匹馬黑貂裘。

今老矣、
掻白首、過揚州。
倦游欲去江上、
手種橘千頭。
二客東南名勝、
萬卷詩書事業、
嘗試與君謀。
莫射南山虎、
直覓富民侯。
落日塞塵を起こし、
胡騎淸秋に獵す。
漢家の組練十萬、
艦を列ねて高樓を聳えしむ。
誰か道はからん鞭を投ずるがごとくして飛渡し、
昔を憶ふに鳴髇の血汚あり、
風雨佛狸を愁ふ。
季子正に年少にして、
匹馬の黑き貂裘。

今老いたり、
白首を掻けば、揚州を過ぐ。
游に倦みて江上に去らんと欲し、
手づから種う橘千頭。
二客は東南の名ある勝すぐれしひとにして、
萬卷の詩書の事業、
嘗て試みに君與はかれり。
射る莫れ南山の虎を、
ひとへに覓もとめよ富民侯を。

木蘭花慢 席上呈張仲固帥興元
 木蘭花慢 席上張仲固の興元を帥するに呈す
漢中開漢業、
問此地、是耶非。
想劍指三秦、
君王得意、
一戰東歸。
追亡事、今不見、
但山川滿目涙沾衣。
落日胡塵未斷、
西風塞馬空肥。

一編書是帝王師。
小試去征西。
更草草離筵、
怱怱去路、
愁滿旌旗。
君思我、回首處、
正江涵秋影雁初飛。
安得車輪四角、
不堪帶減腰圍。
漢中は漢業を開く、
問ふ此の地、是なり耶いなや。
想ふに劍は三秦を指し、
君王意を得、
一戰すれば東のかたは歸くだる。
にぐるを追ふ事、今は見えず、
但だ山川滿目涙は衣を沾うるほす。
落日の胡塵は未だ斷たざるも、
西風に塞馬は空しく肥ゆ。

一編の書は是れ帝王の師。
いささか試みに西に征りに去け。
更に草草たる離筵、
怱怱たる去路、
愁ひは旌旗に滿つ。
君の我を思ひ、首かうべを回めぐらさん處とき
まさに江は秋影を涵ひたして雁初めて飛ばん。
いづくんぞ得ん車輪の四角なるを、
帶の腰圍まはりを減ずるに堪へず。

[索引]
生査子水調歌頭念奴嬌永遇樂菩薩蠻醜奴兒
水龍吟南鄕子破陣子滿江紅鷓鴣天
摸魚兒浪淘沙西江月阮郎歸唐河傳淸平樂水調歌頭
木蘭花慢


[上代][陶淵明][玉臺新詠][抒情詩][竹枝詞][花間集][李煜][香殘詞]
[淸風詞][豪放詞][憂国慨世][李淸照][陸游][辛棄疾][金陵舊夢][秋瑾]
[通俗詩][扶桑櫻花讚][日本漢詩]