李淸照詞 [索引] [書架]

 聲聲慢

尋尋覓覓、
冷冷淸淸、
凄凄慘慘戚戚。
乍暖還寒時候、
最難將息。
三杯兩盞淡酒、
怎敵他、曉來風急。
雁過也、正傷心、
却是舊時相識。

滿地黄花堆積、
憔悴損、
如今有誰堪摘。
守着窗兒、
獨自怎生得黑。
梧桐更兼細雨、
到黄昏、點點滴滴。
這次第、
怎一個、愁字了得。



尋し尋して覓め覓めて、
冷冷たり淸淸たり、
凄凄たり慘慘たり戚戚たり。
暖にして乍ち還た寒き時候、
將息最も難し。
三杯兩盞の淡酒は、
いかんぞ他それに敵はん、曉來の風急なるに。
雁過ぐる也、正に傷心、
却って是れ舊時の相識たり。

滿地の黄花堆積すれど、
憔悴して損はれ、
如今なんぞ摘むに堪へん。
窗べによりそひ君をまてど、
獨りにて怎生いかんぞ宵までをすごさん。
梧桐更に細雨を兼くはへ、
黄昏に到りて、點點滴滴。
かくなる次第、
いかんぞ一個の、「愁」字に了し得ん。

 如夢令

昨夜雨疏風驟、
濃睡不消殘酒。
試問卷簾人、
却道海棠依舊。
知否?知否?
應是綠肥紅痩。



昨夜雨疏にして風驟なり、
濃き睡りも殘酒を消さず。
試みに問ふ簾を卷く人に、
却って道ふ:「海棠は舊に依る」と。
知るや否や?知るや否や?
應に是れ綠肥え紅痩せたるべし。

 武陵春

風住塵香花已盡、
日晩倦梳頭。
物是人非事事休、
欲語涙先流。

聞説雙溪春尚好、
也擬泛輕舟。
只恐雙溪舴艋舟、
載不動、許多愁。



風住み塵香りて花已すでに盡き、
日晩たかくして倦みながら頭を梳く。
物は是なるも人は非にして事事休し、
語らんと欲して涙先に流る。

聞説きくならく雙溪さうけい春尚ほ好く、
た擬して*参照↓輕舟を泛ばすと。
只だ恐る雙溪の舴艋こぶね舟、
載せて動かせず、許多あまたの愁ひ。

 如夢令

嘗記溪亭日暮、
沈醉不知歸路。
興盡晩回舟、
誤入藕花深處。
爭渡、爭渡、
驚起一灘鷗鷺。



嘗て記す溪亭の日暮、
沈醉して歸路を知らず。
興盡きて晩く舟を回らす、
誤りて入る藕花の深き處。
いかでか渡らん、爭いかでか渡らん、
驚き起つ一灘の鷗鷺。

 鳳凰臺上憶吹簫

香冷金猊、
被翻紅浪、
起來慵自梳頭。
任寶奩塵滿、
日上簾鈎。
生怕離懷別苦、
多少事、欲説還休。
新來痩、
非干病酒、
不是悲秋。

休休!
這回去也、
千萬遍陽關、
也則難留。
念武陵人遠、
煙鎖秦樓。
惟有樓前流水、
應念我、終日凝眸。
凝眸處、從今又添、
一段新愁。



香は金猊を冷し、
しとねは紅浪を翻し、
起來して慵く自ら頭を梳く。
寶奩れん塵の滿つるに任せ、
日は簾鈎に上る。
おそるるは離の懷おもひと別わかれの苦、
多少の事は、説とかんと欲しては還た休む。
新來痩せたり、
病酒に非で、
悲秋にもあらず。

やめよ休やめよ!
の回の去きょ=行なる也
千萬遍の“陽關”も、
た則すなはち留め難し。
武陵の人の遠きを念ひ、
煙は鎖とざす秦樓を。
だ有るは樓前の流水、
まさに我を念おもふべし、終日眸を凝らさん。
眸を凝す處、今從り又添へん、
一段の新愁を。

 醉花陰

薄霧濃雲愁永晝、
瑞腦消金獣。
佳節又重陽、
玉枕紗廚、
半夜涼初透。

東籬把酒黄昏後、
有暗香盈袖。
莫道不消魂、
簾捲西風、
人比黄花痩。



薄霧濃雲永き晝を愁ひ、
瑞腦金獣に消へ。
佳節又重陽、
玉枕紗廚、
半夜に涼初めて透る。

東籬に酒を把りて黄昏の後、
ひそやかなる香有りて袖そでに盈つ。
ふ莫なかれ消魂せざると、
簾西風に捲かるれば、
人は黄花比りも痩ごとせん。

 永遇樂

落日熔金、
暮雲合璧、
人在何處?
染柳烟濃、
吹梅笛怨、
春意知幾許。
元宵佳節、
融和天氣、
次第豈無風雨?
來相召、香車寶馬、
謝他酒朋詩侶。

中州盛日、
閨門多暇、
記得偏重三五。
鋪翠冠兒、
撚金雪柳、
簇帶爭濟楚。
如今憔悴、
風鬟霜鬢、
怕見夜間出去。
不如向、簾兒底下、
聽人笑語。



落日金を熔かし、
暮雲璧を合はす、
人何處にか在る?
柳を染めて烟ること濃く、
「梅」を吹く笛の怨み、
春意幾許いくばくなるかを知らん。
元宵の佳節、
天氣融和すれど、
次第に豈あに風雨の無からん?
來りて相ひ召くは、香車寶馬、
謝す他の酒朋詩侶を。

中州汴京の盛んなる日、
閨門多く暇にて、
記し得たり三五元宵節を偏ひとへに重んぜしを。
鋪翠の冠兒カワセミの冠
撚金雪柳金糸・絹紙の髪飾り
簇帶かざりは濟楚うるはしきを爭ふ。
如今憔悴し、
風鬟霜鬢、
怕見ためらふ夜間に出去するを。
簾兒の底下もとに向おいて、
人の笑ひ語れるを聽くに如かず。

 攤破浣溪沙

病起蕭蕭兩鬢華、
臥看殘月上窗紗。
豆蔻連梢煎熟水、
莫分茶。

枕上詩書閑處好、
門前風景雨來佳。
終日向人多蘊藉、
木犀花。



病より起きれば蕭蕭として兩鬢華しろく、
臥して看る殘月窗の紗に上る。
豆蔻梢を連ねて熟水に煎じ、
分茶する莫し。

枕上に詩書閑に處して好く、
門前の風景雨來りて佳し。
終日人に向かひて蘊藉多き、
木犀の花。

 一翦梅

紅藕香殘玉簟秋。
輕解羅裳、
獨上蘭舟。
雲中誰寄錦書來、
雁字回時、
月滿西樓。

花自飄零水自流。
一種相思、
兩處閑愁。
此情無計可消除、
才下眉頭、
却上心頭。



紅き藕はすの香は殘すたる玉簟の秋。
輕やかに羅裳を解げ、
獨り蘭舟に上る。
雲中誰か錦書を寄こして來きたる、
雁字回かへる時、
月は西樓に滿つ。

花自おのづから飄零して水自ら流る。
一種の相思は、
兩處閑愁す。
此の情消し除く可き計すべ無し、
ようやくく眉頭みけんを下くつろげしも、
却って心頭に上す。

 好事近

風定落花深、
簾外擁紅堆雪。
長記海棠開後、
正是傷春時節。

酒闌歌罷玉尊空、
靑缸暗明滅。
魂夢不堪幽怨、
更一聲啼鴂。



風定しづまりて落花深く、
簾外紅を擁して雪を堆む。
とこしへに記す海棠開きし後、
正に是れ傷春の時節。

酒闌き歌罷み玉尊空しく、
靑き缸ともしびひそかに明滅す。
魂夢幽ひそやかなる怨に堪えず、
更に一聲啼く鴂ほととぎす

 菩薩蠻

風柔日薄春猶早、
夾衫乍着心情好。
睡起覺微寒、
梅花鬢上殘。

故鄕何處是?
忘了除非醉。
沈水臥時燒、
香消酒未消。



風柔く日薄くして春猶ほ早く、
夾衫乍ち着れば心情好し。
睡りより起きれば微寒覺え、
梅花鬢上に殘くづる。

故郷何處いづこか是れなる?
忘れ了おほせり醉ひを除非のぞきては。
沈水臥せる時に燒き、
香消けども酒未だ消えず。

 點絳唇

寂寞深閨、
柔腸一寸愁千縷。
惜春春去、
幾點催花雨。

倚遍欄干、
只是無情緒。
人何處、連天衰草、
望斷歸來路。



寂寞たる深閨、
柔腸一寸愁ひ千縷。
春を惜めど春は去り、
幾點かの花を催ほす雨。

欄干に倚ること遍くも、
只だ是れ情緒いき無し。
人何處いづこぞ、天に連なる芳草は、
望斷す歸來の路を。

 漁家傲

天接雲濤連曉霧、
星河欲轉千帆舞。
彷彿夢魂歸帝所。
聞天語、
殷勤問我歸何處。

我報路長嗟日暮、
學詩謾有驚人句。
九萬里風鵬正舉。
風休住、
蓬舟吹取三山去。



天は雲濤に接して曉霧に連なり、
星河轉ぜんと欲して千帆舞ふ。
彷彿たる夢魂帝所に歸り。
天語を聞くに、
殷勤我に問ふ:何處いづこにか歸らんと。

我は報こたふ:路長く日暮を嗟なげく、
詩を學ぶれど謾むなしく有るは人を驚かすの句。
九萬里の風鵬正に舉げよ。
風住む休なかれ、
蓬舟吹き取て三山へ去らしめよ。

 添字采桑子

窗前誰種芭蕉樹、
陰滿中庭。
陰滿中庭。
葉葉心心、
舒卷有餘情。

傷心枕上三更雨、
點滴霖霪、
點滴霖霪、
愁損北人、
不慣起來聽!



窗前誰が種へし芭蕉の樹、
陰は滿つ中庭。
陰は滿つ中庭。
葉葉心心、
のばし卷きて餘情有り。

傷心の枕上三更の雨、
點滴霖霪、
點滴霖霪、
愁損せる北人は、
慣れず起き來りて聽く。

 點絳唇

蹴罷秋千、
起來慵整纖纖手。
露濃花痩、
薄汗輕衣透。

見客入來、
襪剗金釵溜、
和羞走。
倚門回首、
卻把青梅嗅。



秋千を蹴ぎ罷へ、
ち來りて慵ものうげに整ふ纖纖なる手。
露は濃く花は痩せ、
薄き汗輕衣に透る。

客の入り來るを見、
たびはだしにて金釵溜め、
羞ひ和ながら走ぐ。
門に倚り回首し、
卻って青梅を把て嗅ぐ。

 菩薩蠻

歸鴻聲斷殘雲碧、
背窗雪落爐煙直。
燭底鳳釵明、
釵頭人勝輕。

角聲催曉漏、
曙色回牛斗。
春意看花難、
西風留舊寒。



歸鴻聲斷え殘雲碧く、
背窗雪落ちて爐煙直し。
燭底に鳳釵明きらめく、
釵頭人勝輕し。

角聲曉漏を催し、
曙色牛斗に回もどる。
春意看花難く、
西風舊寒を留む。

 臨江仙

歐陽公作「蝶戀花」、有「深深深幾許」之句、予酷愛之。
用其語作「庭院深深」數闕、其聲即舊「臨江仙」也。


 歐陽公「蝶戀花」を作るに、「深深として深きこと幾許ぞ」之句有り、
 予酷く之を愛す。其の語を用ひて「庭院深深」數闕を作るも、
 其の聲は即ち舊「臨江仙」也。

庭院深深深幾許、
雲窗霧閣常扃。
柳梢梅萼漸分明。
春歸秣陵樹、
人老建康城。

感月吟風多少事、
如今老去無成。
誰憐憔悴更雕零。
試燈無意思、
踏雪沒心情。

庭院深深として深きこと幾許いくばくぞ、
雲窗霧閣常に扃とざす。
柳梢梅萼漸く分明。
春は歸る秣陵の樹、
人は老ゆ建康の城まち

月に感じ風に吟ずるは多少の事、
如今老い去りて成おもひなすこと無し。
誰か憐まん憔悴更に雕零。
試燈意思おもしろさ無く、
雪を踏むことも心情おこる沒し。

 浣溪沙

莫許杯深琥珀濃、
未成沈醉意先融、
疏鐘已應晩來風。

瑞腦香消魂夢斷、
辟寒金小髻鬟鬆、
醒時空對燭花紅。



はなはだしく莫杯深く琥珀濃きを、
未だ沈醉を成さざるに意先に融け、
疏鐘已に應ふ晩來の風に。

瑞腦の香消え魂夢斷たれ、
辟寒金小さければ髻鬟鬆ゆるむ、
めし時空しく對す燭花の紅きに。

 玉樓春

紅酥肯放瓊苞碎、
探著南枝開遍未。
不知醞藉幾多時、
但見包藏無限意。

道人憔悴春窗底、
悶損闌干愁不倚。
要來小酌便來休、
未必明朝風不起。



紅く酥やはらかきもの肯て放ひらきて瓊苞碎ほころび、
南枝に探る開くこと遍しや未しや。
知らず醞藉は幾多の時なるを、
但だ見る包藏無限の意。

道人憔悴す春窗の底もと
悶え損ねて闌干に愁ひて倚らず。
小酌さかもりを來さんと要せば便すなはち來せ休
未だ必ずしも明朝風起こらざるべし。

 雙調憶王孫

湖上風來波浩渺、
秋已暮、紅稀香少。
水光山色與人親、
説不盡、無窮好。

蓮子已成荷葉老、
淸露洗、蘋花汀草。
眠沙鴎鷺不回頭、
似也恨、人歸早。



湖上に風來りて波浩渺たり、
秋已すでに暮れ、紅はなまれにして香少なし。
水光山色人與親しむ、
ひて盡きず、無窮に好しと。

蓮子已に成り荷葉老ゆ、
淸露洗ひ、蘋花汀草。
沙に眠れる鴎鷺回頭せず、
恨めるが似也ごとし、人の歸るの早きを。

 訴衷情

夜來沈醉卸妝遲、
梅萼插殘枝。
酒醒薰破春睡、
夢斷不成歸。

人悄悄、月依依、
翠簾垂。
更挼殘蕊、
更撚餘香、
更得些時。



夜來沈醉して妝を卸おろすこと遲く、
梅萼殘枝を插す。
酒は醒め薰りは破る春の睡りを、
夢は斷たれて歸るを成さず。

人悄悄として、月依依たり、
翠簾垂らして。
更に殘蕊を挼み、
更に餘香を撚れど、
更に得かかる些かの時。

 淸平樂

年年雪裏、
常插梅花醉。
挼盡梅花無好意、
贏得滿衣淸涙。

今年海角天涯、
蕭蕭兩鬢生華。
看取晩來風勢、
故應難看梅花。



年年雪の裏なかに、
常に梅花を插して醉ひき。
梅花を挼み盡して好しき意おもひ無く、
ち得たり滿衣の淸き涙を。

今年海角天涯、
蕭蕭として兩鬢に華しらが生ず。
晩來の風勢を看取る、
故に應に梅花を看るに難かたし。

 憶秦娥

臨高閣、
亂山平野煙光薄。
煙光薄、棲鴉歸後、
暮天聞角。

斷香殘酒情懷惡、
西風催襯梧桐落。
梧桐落、
又還秋色、
又還寂寞。



高閣に臨めば、
亂山平野煙光薄し。
煙光薄し、棲鴉歸りし後、
暮天に角ふえを聞く。

斷香殘酒情懷惡く、
西風催ほし襯うながして梧桐落つ。
梧桐落つ、
又た還なほもふたたび秋色、
又た還なほもふたたび寂寞。

 南歌子

天上星河轉、
人間簾幕垂。
涼生枕簟涙痕滋。
起解羅衣聊問、
夜何其。

翠貼蓮蓬小、
金銷藕葉稀。
舊時天氣舊時衣、
只有情懷不似、
舊家時。



天上星河轉じ、
人間簾幕垂る。
涼生じて枕簟涙痕滋く。
起ちて羅衣を解きつつ聊いささか問ふ、
夜何ぞ其いかばかりならん。

みどり貼れる蓮蓬小さくして、
金銷の藕葉稀なり。
舊時の天氣舊時の衣、
只だ情懷のみは似ずに有り、
舊家むかしの時に。

 鷓鴣天

寒日蕭蕭上瑣窗、
梧桐應恨夜來霜。
酒闌更喜團茶苦、
夢斷偏宜瑞腦香。

秋已盡、日猶長、
仲宣懷遠更淒涼。
不如隨分尊前醉、
莫負東籬菊蕊黄。



寒日蕭蕭として瑣窗に上のぼり、
梧桐應まさに恨む夜來の霜。
酒闌けて更に喜ぶ團茶の苦きを、
夢斷たれて偏ひとへに宜し瑞腦の香。

秋已すでに盡き、日猶ほ長し、
仲宣の懷遠より更に淒涼たり。
分に隨ひて尊前に醉ふに如しかず、
負ふ莫れ東籬の菊蕊の黄きに。

 絶句烏江

生當作人傑、
死亦爲鬼雄。
至今思項羽、
不肯過江東。



生きては當に人傑と作るべく、
死しては亦鬼雄と爲る。
今に至りて項羽を思ふに、
江東に過よぎるを肯がへんぜざるを。

 題八詠樓

千古風流八詠樓、
江山留與後人愁。
水通南國三千里、
氣壓江城十四州。



千古の風流八詠樓、
江山留め與ふるは後人の愁ひ。
水は通る南國三千里、
氣は壓す江城十四州。

 上詩趙挺之

何況人間父子情。

 詩を趙挺之に上たてまつ

何ぞ況んや人間父子の情。

 上詩趙挺之

炙手可熱心可寒。

 詩を趙挺之に上たてまつ

手を炙らば熱す可きも心は寒かる可し。

[索引]
聲聲慢如夢令武陵春鳳凰臺上憶吹簫醉花陰永遇樂
攤破浣溪沙一翦梅好事近菩薩蠻點絳唇漁家傲
添字采桑子臨江仙浣溪沙玉樓春雙調憶王孫訴衷情
淸平樂憶秦娥南歌子鷓鴣天五絶・烏江七絶・題八詠樓
斷句・上詩趙挺之


[上代][陶淵明][玉臺新詠][抒情詩][竹枝詞][花間集][李煜][香殘詞]
[淸風詞][豪放詞][憂国慨世][李淸照][陸游][辛棄疾][金陵舊夢][秋瑾]
[通俗詩][扶桑櫻花讚][日本漢詩]