劍南詩詞稿 南宋・陸游 [索引] [書架]

 示兒

死去元知萬事空、
但悲不見九州同。
王師北定中原日、
家祭無忘告乃翁。

 兒に示す

死去せば元もと知る萬事空なるを、
但だ悲しむ九州の同ふするを見ざるを。
王師北のかた中原を定むるの日、
家祭忘るる無かれ乃翁に告ぐるを。

十一月四日風雨大作
 十一月四日風雨大なるとき作る
僵臥孤村不自哀、
尚思爲國戍輪臺。
夜闌臥聽風吹雨、
鐵馬冰河入夢來。
孤村に僵れ臥すも自ら哀しとせず、
尚も思ふ國の爲輪臺を戍らんと。
夜闌け臥して聽く風雨に吹くを、
鐵馬冰河夢に入り來たる。

 金錯刀行

黄金錯刀白玉裝、
夜穿窗扉出光芒。
丈夫五十功未立、
提刀獨立顧八荒。
京華結交盡奇士、
意氣相期共生死。
千年史冊恥無名、
一片丹心報天子。
爾來從軍天漢濱、
南山曉雪玉嶙峋。
嗚呼、
楚雖三戸能亡秦、
豈有
堂堂中國空無人。



黄金の錯刀白玉の裝、
夜窗扉を穿ちて光芒を出だす。
丈夫五十功未だ立たずして、
刀を提げ獨り立ちて八荒を顧りみる。
京華に交を結ぶは盡く奇士、
意氣相ひ期すに生死を共にせん。
千年の史冊に名の無きを恥づ、
一片の丹心天子に報ふ。
爾來從軍す天漢の濱、
南山の曉雪玉嶙峋りんじゅんたり。
嗚呼、
楚は三戸と雖も能く秦を亡す、
豈に
堂堂の中國空しく人の無きこと有らんや。

秋夜將曉出籬門迎涼有感
 秋夜將に曉に籬門を出で涼を迎へんとして感有り
三萬里河東入海、
五千仞嶽上摩天。
遺民涙盡胡塵裏、
南望王師又一年。
三萬里の河東し海に入り、
五千仞の嶽上天を摩す。
遺民涙は盡く胡塵の裏うち
南のかた王師を望みて又一年。

 書憤

早歳那知世事艱、
中原北望氣如山。
樓船夜雪瓜洲渡、
鐵馬秋風大散關。
塞上長城空自許、
鏡中衰鬢已先斑。
出師一表真名世、
千載誰堪伯仲間。

 憤を書く

早歳那なんぞ知らん世事の艱かたきを、
中原北を望みて氣山の如し。
樓船夜雪瓜洲の渡、
鐵馬秋風大散關。
塞上の長城と空しく自ら許せしも、
鏡中の衰鬢已すでに先や斑まだらなり。
出師の一表真に世に名をあげ、
千載誰たれか堪へん伯仲の間。

 塞上曲

老矣猶思萬里行、
翩然上馬始身輕。
玉關去路心如鐵、
把酒何妨聽渭城。

 塞上の曲

老い矣たるかな猶なほも思ふ萬里の行を、
翩然として馬に上る始めての身輕し。
玉關の去路心鐵の如くなれど、
酒を把りて何ぞ妨げん「渭城」を聽くを。

 北望

北望中原涙滿巾、
黄旗空想渡河津。
丈夫窮死由來事、
要是江南有此人!



北のかた中原を望めば涙巾に滿ち、
黄旗空しく想ふ渡河の津わたし
丈夫窮死するは由來ある事、
もしも是れ江南に此の人有りせば!

劍門道中遇微雨

衣上征塵雜酒痕、
遠游無處不消魂。
此身合是詩人未?
細雨騎驢入劍門。

 劍門の道中微雨に遇ふ

衣上の征塵雜酒の痕、
遠游消魂せざる處無し。
此の身合まさに是れ詩人なるべしや未だしや?
細雨驢ろばに騎して劍門に入る。

 關山月

和戎詔下十五年、
將軍不戰空臨邊。
朱門沈沈按歌舞、
厩馬肥死弓斷弦。
戍樓刁斗催落月、
三十從軍今白髮。
笛裏誰知壯士心、
沙頭空照征人骨。
中原干戈古亦聞、
豈有逆胡傳子孫!
遺民忍死望恢復、
幾處今宵垂涙痕。



戎と和す詔みことのり下りて十五年、
將軍戰はずして空しく邊に臨む。
朱門沈沈として歌舞を按じ、
厩馬は肥死して弓は弦を斷つ。
戍樓の刁斗てうと落月を催し、
三十にして軍に從ひ今は白髮なり。
笛裏誰か知らん壯士の心、
沙頭空しく照らす征人の骨。
中原の干戈古いにしへも亦た聞くに、
に逆胡の子孫に傳ふる有らんや!
遺民死を忍びて恢復を望み、
幾處か今宵涙を垂らせし痕あとのこす。

 古意

千金募戰士、
萬里築長城。
何時靑冢月、
却照漢家營。



千金戰士を募り、
萬里長城を築く。
何れの時か靑冢の月は、
却って照らさん漢家の營を。

 遊山西村

莫笑農家臘酒渾、
豐年留客足鷄豚。
山重水複疑無路、
柳暗花明又一村。
簫鼓追隨春社近、
衣冠簡朴古風存。
從今若許閒乘月、
拄杖無時夜叩門。

 山西の村に遊ぶ

笑ふ莫れ農家の臘酒は渾にごれると、
豐年なれば客を留むるに鷄豚足る。
山重水複疑ふらくは、路無きかと、
柳暗花明又また一村。
簫鼓追隨して春社近く、
衣冠簡朴にして古風存す。
今從り若し閒ひまに月に乘ずるを許さるれば、
杖を拄き時無く夜門を叩かん。

 病起書懷

病骨支離紗帽寬、
孤臣萬里客江干。
位卑未敢忘憂國、
事定猶須待闔棺。
天地神靈扶廟社、
京華父老望和鑾。
出師一表通今古、
夜半挑燈更細看。

 病より起き懷を書す

病骨支離として紗帽寬く、
孤臣萬里江干に客す。
位卑しけれど未だ敢て憂國を忘れず、
事定まれど猶ほ須らく棺を闔するを待つべし。
天地の神靈は廟社を扶け、
京華の父老は和鑾を望む。
出師の一表今古に通じ、
夜半燈を挑て更に細く看まん。

 灌園

少攜一劍行天下,
晩落空村學灌園。
交舊凋零身老病,
輪囷肝膽與誰論。



少くして一劍を攜たづさへ天下を行き,
晩に空村に落ちて灌園を學ぶ。
交舊凋零して身は老病,
輪囷たる肝膽誰と與にか論ぜん。

龍興寺弔少陵先生寓居
 龍興寺に少陵先生の寓居に弔ふ

 感事

雙鬢多年作雪;
寸心至死如丹。

 事に感ず

雙鬢多年雪と作り;
寸心死に至るも丹の如し。
中原草草失承平、
戍火胡塵到兩京。
扈蹕老臣身萬里、
天寒來此聽江聲。
中原草草として承平を失ひ、
戍火胡塵兩京に到る。
扈蹕の老臣身萬里、
天寒きとき此こに來りて江聲を聽く。

 樓上醉歌

我遊四方不得意、
陽狂施藥成都市。
大瓢滿貯隨所求、
聊爲疲民起憔悴。
瓢空夜静上高樓、
買酒捲簾邀月醉。
醉中拂劍光射月、
往往悲歌獨流涕。
剗却君山湘水平、
斫却桂樹月更明。
丈夫有志苦難成、
修名未立華髪生。



我れ四方に遊びて意を得ずして、
狂と陽いつはりて成都の市に施藥す。
大瓢滿ち貯へて求めらるる所に隨ひ、
いささか疲民の爲に憔悴を起なほす。
瓢空しく夜静かにして高樓に上り、
酒を買ひ簾を捲き月を邀むかへて醉ふ。
醉中劍を拂へば光月を射
往往悲歌して獨ひとり涕なみだを流す。
君山を剗却せば湘水平かに、
桂樹を斫却せば月更に明かならん。
丈夫志有るも成し難きに苦しみ、
修名未だ立たずして華髪生ず。

 隴頭水

隴頭十月天雨霜、
壯士夜挽綠沈槍。
臥聞隴水思故鄕、
三更起坐涙數行。
我語壯士勉自強、
男兒堕地志四方。
裹尸馬革固其常、
豈若婦女不下堂。
生逢和親最可傷、
歳輦金絮輸胡羌。
夜視太白收光芒、
報國欲死無戰場。



隴頭十月天霜を雨らし、
壯士夜挽く綠沈槍を。
臥して隴水を聞きて故鄕を思ひ、
三更起坐して涙數行。
われ壯士に語るに自強に勉つとめよ、
男兒地に堕ちて四方に志す。
しかばねを馬革に裹つつむは固もとより其の常なり、
あに婦女の堂より下らざるが若ごとくならんや。
生きて和親に逢ふは最も傷いたむ可く、
歳輦の金絮胡羌こきゃうに輸いたす。
夜太白を視れば光芒を收む、
國に報ひて死せんと欲ほっするも戰場無し。

 追感往事

諸公可歎善謀身、
誤國當時豈一秦。
不望夷吾出江左、
新亭對泣亦無人。

 往事を追感す

諸公歎ず可し善く身を謀る、
國を誤らせしは當時豈に一秦のみならんや。
望まず夷吾の江左に出づるを、
新亭に對泣せんも亦た人無し。

 書事

關中父老望王師、
想見壺漿滿路時。
寂寞西溪衰草裏、
斷碑猶有少陵詩。

 事を書す

關中の父老王師を望み、
想見す壺漿こしゃうの路に滿つる時。
寂寞たる西溪衰草すゐさうの裏うち
斷碑猶ほ有り少陵の詩。

 秋興

成都城中秋夜長、
燈籠蝋紙明空堂。
高梧月白繞飛鵲、
衰草露濕啼寒螿。
堂上書生讀書罷、
欲眠未眠偏斷腸。
起行百匝幾歎息、
一夕綠髮成秋霜。
中原日月用胡暦、
幽州老酋著柘黄。
榮河温洛底處所、
可使長作旃裘鄕。
百金戰袍鵰鶻盤、
三尺劍鋒霜雪寒。
一朝出塞君試看、
旦發寶鷄暮長安。



成都城中秋夜長く、
燈籠の蝋紙空堂を明らす。
高梧月白くして飛鵲ひじゃくめぐり、
衰草露濕りて寒螿かんしゃう啼く。
堂上の書生讀書を罷め、
眠らんと欲ほっするも未だ眠らず偏ひとへに斷腸す。
起きて行きて百匝ひゃくさふいくたびか歎息し、
一夕綠髮秋霜と成る。
中原の日月胡暦を用ゐ、
幽州の老酋らうしう柘黄しゃくゎうを著く。
榮河温洛底處いづこの所ぞ、
長く旃裘せんきうの鄕と作ら使む可けんや。
百金の戰袍鵰鶻てうこつわだかまり、
三尺の劍鋒霜雪寒し。
一朝塞を出づ君試こころみに看よ、
あしたに寶鷄を發すれば暮には長安。

 識媿

幾年羸疾臥家山、
牧竪樵夫日往還。
至論本求編簡上、
忠言乃在里閭間。
私憂驕虜心常折、
念報明時涕毎潸。
寸祿不沽能及此、
細聽只益厚吾顏。

 媿はぢを識す

幾年羸疾るゐしつ家山に臥し、
牧竪ぼくじゅ樵夫せうふ日々に往還す。
至論本と求む編簡の上、
忠言乃すなはち在り里閭りりょの間。
「私ひそかに驕虜けうりょを憂ひて心常に折くだけ、
明時に報ぜんことを念おもひて涕毎つねに潸たり」と。
寸祿沽もとめずして能く此ここに及ぶ、
つまびらかに聽けば只だ益ますます吾が顏を厚くす。

夜讀范至能攬轡録言中原父老見使者多揮涕感其事作絶句
 夜に范至能の『攬轡録』を讀み、「中原父老使者を見て多く涕を揮ふ」と言ふ。其の事に感じて絶句を作る
公卿有黨排宗澤、
帷幄無人用岳飛。
遺老不應知此恨、
亦逢漢節解沾衣。
公卿こうけい黨有りて宗澤を排し、
帷幄ゐあく人の岳飛を用うる無し。
遺老應まさに此の恨みを知るべからざるも、
亦た漢節に逢ひて衣を沾うるほすを解す。

 春游

沈家園裏花如錦、
半是當年識放翁。
也信美人終作土、
不堪幽夢太怱怱。



しん家の園裏花錦の如く、
なかばは是れ當年たうねんに放翁はうをうを識る。
た信まことなり美人も終つひに土と作ること、
へず幽夢いうむの太はなはだ怱怱そうそうたるに。

小舟遊近村捨舟歩歸
 小舟にて近村に遊び舟を捨てて歩みて歸る
斜陽古柳趙家莊、
負鼓盲翁正作場。
身後是非誰管得、
滿村聽説蔡中郞。
斜陽古柳趙家莊、
鼓を負ふ盲翁正に場を作す。
身後の是非誰たれか管し得ん、
滿村説くを聽く蔡中郎。

秋風亭拜寇莱公遺像
 秋風亭に寇莱公の遺像を拜す
豪傑何心居世名、
材高遇事即崢嶸。
巴東詩句澶州策、
信手拈來盡可驚。
豪傑何の心ぞ世名に居らん、
材高くして事に遇はば即すなはち崢嶸さうくゎう
巴東はとうの詩句澶州せんしうの策、
手に信まかせて拈來ねんらいすれば盡ことごとく驚く可し。

 山南行

我行山南已三日、
如縄大路東西出。
平川沃野望不盡、
麥隴靑靑桑鬱鬱。
地近函秦氣俗豪、
鞦韆蹴鞠分朋曹。
苜蓿連雲馬蹄健、
楊柳夾道車聲高。
古來歴歴興亡處、
擧目山川尚如故。
將軍壇上冷雲低、
丞相祠前春日暮。
國家四紀失中原、
師出江淮未易呑。
會看金鼓從天下、
却用關中作本根。



我れ山南に行くこと已すでに三日、
縄の如き大路東西に出づ。
平川沃野望めども盡きず、
麥隴ばくろう靑靑として桑鬱鬱たり。
地函秦かんしんに近くして氣俗豪にして、
鞦韆しうせん蹴鞠しうきく朋曹ほうさうに分かつ。
苜蓿もくしゅく雲に連りて馬蹄健かに、
楊柳道を夾はさみて車聲高し。
古來歴歴たり興亡の處、
目を擧ぐれば山川尚ほ故もとの如し。
將軍壇上冷雲低れ、
丞相祠前春日暮る。
國家四紀中原を失ひ、
師江淮かうわいに出ださば未だ呑み易からず。
かならずや金鼓の天從り下るを看んとせば、
却って關中を用って本根と作すべし。

客從城中來

客從城中來、
相視慘不悦。
引盃撫長劍、
慨歎胡未滅。
我亦爲悲憤、
共論到明發。
向來酣鬪時、
人情願少歇。
及今數十秋、
復謂須歳月。
諸將爾何心、
安坐望旄節。

 客城中從り來きた

客城中從きたり、
相ひ視て慘として悦ばず。
盃を引きて長劍を撫し、
慨歎す胡未いまだ滅せずと。
我も亦た爲ために悲憤し、
共に論じて明發に到る。
向來酣鬪の時、
人情少しく歇まんことを願ふ。
今に及ぶまで數十秋、
た謂ふ歳月を須たんと。
諸將爾なんぢ何の心ありて、
安坐して旄節ばうせつを望まんや。

 聽雨

髮已成絲齒半搖、
燈殘香燼夜迢迢。
天河不洗胸中恨、
却頼檐頭雨滴消。

 雨を聽く

髮已すでに絲と成り齒半ば搖らぐ、
燈殘すたれ香燼きて夜迢迢てうてうたり。
天河は洗がず胸中の恨、
却って檐頭の雨滴に頼みて消さん。

 望江道中

吾道非邪來曠野、
江濤如此去何之。
起隨烏鵲初翻後、
宿及牛羊欲下時。
風力漸添帆力健、
艣聲常雜雁聲悲。
晩來又入淮南路、
紅樹靑山合有詩。

 望江の道中

吾が道は非なるか曠野くゎうやに來きたる、
江濤かうたうくの如し去りて何いづくにか之く。
起つは烏鵲うじゃくの初めて翻ひるがへる後に隨したがひ、
宿るは牛羊ぎうやうの下くだらんと欲する時に及ぶ。
風力漸やうやく添ひて帆力健に、
艣聲ろせい常に雜まじふ雁聲がんせいの悲しきを。
晩來又た入る淮南わいなんの路、
紅樹青山合まさに詩有るべし。

 小園 其三

村南村北鵓鴣聲、
水刺新秧漫漫平。
行遍天涯千萬里、
却從鄰父學春耕。

 小園 其の三

村南村北鵓鴣ぼっこの聲、
水は新秧しんあうを刺し漫漫として平らかなり。
行きて遍ねし天涯千萬里、
かへって鄰父に從ひて春耕を學ぶ。

貧甚戲作絶句 其六

行遍天涯等斷蓬、
作詩博得一生窮。
可憐老境蕭蕭夢、
常在荒山破驛中。

 貧甚しく戲れに絶句を作る

天涯を行くこと遍あまねくして斷蓬に等しく、
詩を作り博し得たるも一生窮す。
あはれむ可し老境蕭蕭せうせうたる夢、
常に荒山破驛の中に在り。

 秋懷

園丁傍架摘黄瓜、
村女沿籬采碧花。
城市尚餘三伏熱、
秋光先到野人家。



園丁架に傍ひて黄瓜を摘み、
村女籬に沿ひて碧花を采る。
城市尚ほ餘す三伏の熱、
秋光先づ到る野人の家。

 書事

鴨綠桑乾盡漢天、
傳烽自合過祁連。
功名在子何殊我、
惟恨無人快著鞭。

 事を書す

鴨綠あふりょく桑乾さうかんことごとく漢の天、
傳烽でんぽうおのづから合まさに祁連きれんを過ぐべし。
功名子在るも何ぞ我に殊ことならん、
だ恨むらくは人の快すみやかに著鞭ちゃくべんする無きを。

 春晩懷山南

梨花堆雪柳吹綿、
常記梁州古驛前。
二十四年成昨夢、
毎逢春晩卽悽然。

 春晩山南を懷おも

梨花りくゎは雪を堆み柳は綿わたを吹く、
とこしへに記す梁州りゃうしう古驛の前。
二十四年昨夢さくむと成り、
春晩に逢ふ毎ごとに卽すなはち悽然せいぜんたり。

村飮示鄰曲

七年收朝迹、
名不到權門。
耿耿一寸心、
思與窮友論。
憶昔西戍日、
孱虜氣可呑。
偶失萬戸侯、
遂老三家村。
朱顏捨我去、
白髮日夜繁。
夕陽坐溪邊、
看兒牧鷄豚。
雕胡幸可炊、
亦有社酒渾。
耳熱我欲歌、
四座且勿喧。
即今黄河上、
事殊曹與袁。
扶義孰可遣、
一戰洗乾坤。
西酹呉玠墓、
南招宗澤魂。
焚庭渉其血、
豈獨淸中原。
吾儕雖益老、
忠義傳子孫。
征遼詔儻下、
從我屬櫜鞬。

 村飲して鄰曲に示す

七年朝迹てうせきを收をさめ、
名は權門に到らず。
耿耿かうかうたる一寸の心、
窮友きゅういうと論ぜんと思ふ。
おもふ昔西戍せいじゅの日、
孱虜せんりょ氣呑む可かりき。
たまたま萬戸侯ばんここうを失ひ、
つひに三家村に老ゆ。
朱顏しゅがん我を捨て去り、
白髮はくはつ日夜に繁しげし。
夕陽せきやう溪邊けいへんに坐して、
を看て鷄豚けいとんを牧す。
雕胡てうこ幸ひに炊かしぐ可く、
亦社酒の渾にごれる有り。
耳熱し我歌はんと欲ほっす、
四座且しばらく喧かまびすしきこと勿なかれ。
即今そくこん黄河の上ほとり
事は曹さうと袁ゑんとは殊ことなれり。
義を扶たすけて孰いづれか遣つかはしむ可き、
一戰して乾坤けんこんを洗はん。
西のかた呉玠ごかいの墓に酹そそぎいのり、
南のかた宗澤そうたくの魂を招く。
ていを焚きて其の血を渉み、
あにひとりにて中原を淸きよめんや。
吾が儕ともがらますます老ゆと雖いへども、
忠義は子孫に傳へり。
征遼せいれうの詔せうし下くだらば、
我に從ひて櫜鞬かうけんを屬けよ。

沈園 二首 其一

城上斜陽畫角哀、
沈園非復舊池臺。
傷心橋下春波綠、
曾是驚鴻照影來。

 沈園しんゑん 二首 其の一

城上じゃうじゃうの斜陽畫角ぐゎかくかなし、
沈園しんゑんた舊きう池臺ちだいに非ず。
傷心す橋下けうか春波しゅんぱの綠、
かつて是れ驚鴻きゃうこうの影を照うつして來きたりしを。

沈園 二首 其二


夢斷香消四十年、
沈園柳老不吹綿。
此身行作稽山土、
猶弔遺蹤一泫然。

 沈園しんゑん 二首 其の二

夢は斷え香かをりは消えて四十年、
沈園しんゑん柳は老いて綿わたを吹かず。
の身行ゆくゆく稽山けいざんの土と作らんも、
ほ遺蹤ゐしょうを弔いたみて一いつに泫然げんぜんたり。

 冬初出遊

蹇驢渺渺渉煙津、
十里山村發興新。
青旆酒家黄葉寺、
相逢倶是畫中人。



蹇驢けんろ渺渺べうべうたる煙津えんしんを渉わたり、
十里の山村興きょうを發はっして新たなり。
青旆せいはいの酒家しゅか黄葉くゎうえふの寺、
ひ逢ふは倶ともに是れ畫中ぐゎちゅうの人。

小雨極涼舟中熟睡至夕

 小雨極きわめて涼し舟中しうちゅうに熟睡して夕べに至る
舟中一雨掃飛蠅、
半脱綸巾臥翠籐。
淸夢初回窗日晩、
數聲柔艣下巴陵。
舟中しうちゅう一雨いちう飛蠅ひようを掃はらひ、
半ば綸巾くゎんきんを脱して翠籐すゐとうに臥ぐゎす。
清夢初めて回さむれば窗日さうじつれ、
數聲の柔艣じうろ巴陵はりょうに下くだる。

 訴衷情

當年萬里覓封侯、
匹馬戍梁州。
關河夢斷何處?
塵暗舊貂裘。

胡未滅、鬢先秋、
涙空流。
此生誰料、
心在天山身在蒼洲!



當年萬里封侯を覓め、
匹馬梁州を戍りき。
關河夢は斷たる何處なりきや?
塵は暗ふかし舊き貂裘に。

胡未だ滅びざるも、鬢先づ秋たり、
涙空しく流る。
此の生誰か料はからん、
心は天山に在るも身は蒼洲に在り!

夜遊宮 記夢寄師伯渾

 夜遊宮 夢を記して師伯渾に寄す
雪曉淸笳亂起。
夢遊處、不知何地。
鐵騎無聲望似水。
想關河、
雁門西、靑海際。

睡覺寒燈裏。
漏聲斷、月斜牕紙。
自許封侯在萬里。
有誰知、
鬢雖殘、心未死。
雪の曉淸ものさびしき笳亂れ起き。
夢に遊びし處、知らず何いづこの地なるかを。
鐵騎聲無く望めば水に似たり。
想ふに關河は、
雁門の西、靑海の際ほとりならん。

睡りより覺めれば寒燈の裏もと
漏聲斷え、月牕紙に斜めなり。
自ら許す侯に封ぜらるるは萬里に在り。
誰か知る有らんや、
鬢殘そこなはると雖も、心未だ死せざるを。

 謝池春

壯歳從戎、
曾是氣呑殘虜。
陣雲高、狼烽夜舉。
朱顏靑鬢、
擁雕戈西戍。
笑儒冠、自來多誤。

功名夢斷、
卻泛扁舟呉楚。
漫悲歌、傷懷弔古。
煙波無際、
望秦關何處。
歎流年、又成虚度。



壯歳戎に從ひ、
曾て是れ氣殘虜を呑む。
陣雲高く、狼烽夜に舉る。
朱顏靑鬢、
雕戈を擁し西を戍る。
笑ふ儒冠、自來多く誤れるを。

功名夢は斷たれ、
卻って扁舟を呉楚に泛ばす。
漫に悲歌し、傷懷して弔古す。
煙波無際、
望むに秦關は何處ぞ。
歎く流年、又た虚しく度すを成せるを。

秋波媚 七月十六日晩登高興亭望長安南山
 秋波媚 七月十六日の晩、高興亭に登り、長安・南山を望む
秋到邊城角聲哀、
烽火照高臺。
悲歌撃筑、
憑高酹酒、
此興悠哉。

多情誰似南山月、
特地暮雲開。
灞橋煙柳、
曲江池館、
應待人來。
秋は邊城に到り角聲哀れに、
烽火高臺を照らす。
悲歌に筑を撃ち、
高きに憑りて酒を酹ぎ、
此の興きょう悠なる哉。

多情は誰に似る南山の月、
特地わざわざに暮雲開かす。
灞橋の煙柳、
曲江の池館、
まさに人の來たるを待つべし。

 鷓鴣天

家住蒼煙落照間、
絲毫塵事不相關。
斟殘玉瀣行穿竹、
卷罷黄庭臥看山。

貪嘯傲、任衰殘、
不妨隨處一開顏。
元知造物心腸別、
老卻英雄似等閒!



家は住む蒼煙落照の間、
絲毫も塵事に相ひ關かかはらず。
玉瀣を斟み殘し行くゆく竹たかむらを穿ち、
黄庭を卷き罷へ臥して山を看る。

嘯傲を貪り、衰殘に任し、
隨處に一しばしば顏を開ほころばすを妨げず。
元より知る造物と心腸は別なるを、
老卻せば英雄も等閒ありきたりに似るを!

漁家傲 寄仲高

東望山陰何處是?
往來一万三千里。
寫得家書空滿紙!
流淸涙、
書回已是明年事。

寄語紅橋橋下水、
扁舟何日尋兄弟?
行遍天涯眞老矣!
愁無寐、
鬢絲幾縷茶煙裏。

 漁家傲 仲高に寄す

東のかた山陰を望めば何處いづこか是れなる?
往來一万三千里。
き得て家書空しく紙に滿つ!
淸き涙を流し、
書を回かへすこと已すでに是れ明年の事。

ことばを寄す紅橋橋下の水に、
扁舟何日いづれの日か兄弟を尋ねん?
天涯を行くこと遍ねく眞に老い矣たり
愁ひて寐る無く、
鬢絲幾いくすぢか茶煙の裏うち

 鵲橋仙 夜聞杜鵑

茅檐人靜、
蓬窗燈暗、
春晩連江風雨。
林鶯巣燕總無聲、
但月夜、常啼杜宇。

催成淸涙、
驚殘孤夢、
又揀深枝飛去。
故山猶自不堪聽、
況半世、飄然羈旅。

 鵲橋仙 夜に杜鵑を聞く

茅檐に人靜まり、
蓬窗に燈ともしび暗く、
春晩連江の風雨。
林の鶯巣の燕總じて聲無し、
但だ月夜なれば、常に杜宇ホトトギスは啼く。

淸き涙を催し成し、
孤りの夢を驚き殘そこなひ、
又た深き枝を揀えらびて飛び去る。
故山なれど猶自なほも聽くに堪へず、
いはんや半世、飄然たる羈旅にありてをや。

 釵頭鳳

紅酥手、黄縢酒、
滿城春色宮牆柳。
東風惡、歡情薄。
一懷愁緒、
幾年離索。
錯、錯、錯。

春如舊、人空痩、
涙痕紅浥鮫綃透。
桃花落、閑池閣、
山盟雖在、
錦書難托、
莫、莫、莫!



紅く酥やはらかき手、黄縢の酒、
滿城の春色宮牆の柳。
東風惡しく、歡情薄し。
一懷の愁緒、
幾年の離索。
錯、錯、錯!

春舊の如く、人空しく痩す、
涙痕紅あかく浥うるほして鮫綃ハンカチに透る。
桃花落ち、閑かなる池閣、
山盟在りと雖も、
錦書托し難し、
莫、莫、莫!

卜算子 詠梅

驛外斷橋邊、
寂寞開無主。
已是黄昏獨自愁、
更著風和雨。

無意苦爭春、
一任羣芳妬。
零落成泥碾作塵、
只有香如故。

卜算子 梅を詠ず

驛外斷橋の邊、
寂寞として開き主無し。
已に是れ黄昏獨り自ら愁ふるに、
更に著す風雨に和ず。

もっぱら春を爭ふの意こころ無く、
一へに羣芳の妬まるるに任まかす。
零落して泥と成り碾かれて塵と作るも、
只だ香は故もとの如く有り。

桃源憶故人 題華山圖
 桃源憶故人 華山の圖に題す
中原當日三川震、
關輔回頭煨燼。
涙盡兩河征鎭、
日望中興運。

秋風霜滿靑靑鬢、
老却新豐英俊。
雲外華山千仞、
依舊無人問。
中原の當日三川震ひ、
關輔に回頭すれば煨燼なり。
涙は盡く兩河の征鎭、
日に望む中興の運を。

秋風に霜は靑靑たる鬢に滿ち、
老却したり新豐の英俊。
雲外の華山は千仞にして、
舊に依りて人の問おとなふこと無し。

水調歌頭 多景樓

江左占形勝、
最數古徐州。
連山如畫。
佳處縹渺著危樓。
鼓角臨風悲壯、
烽火連空明滅、
往事憶孫劉。
千里曜戈甲、
萬竈宿貔貅。

露霑草、風落木、
歳方秋。
使君宏放、
談笑洗盡古今愁。
不見襄陽登覽、
磨滅遊人無數、
遺恨黯難收。
叔子獨千載、
名與漢江流。



江左形勝に占むるは、
いつに古き徐州を數ふ。
連山畫の如く。
佳き處縹渺として危樓を著はす。
鼓角風に臨みて悲壯に、
烽火空に連なりて明滅す、
往事孫・劉を憶おもひ。
千里戈・甲を曜かがやかす、
萬竈貔貅を宿す。

露は草を霑らし、風は木に落おとろふ、
ときは方まさに秋。
使君宏放にして、
談笑し洗ひ盡くす古今の愁を。
見ず襄陽の登覽を、
磨滅して遊人無數なれば、
遺恨黯く收め難し。
叔子獨り千載に、
名と漢江は流る。

浪淘沙 陽浮玉亭席上作
 浪淘沙 丹陽の浮玉亭席上の作
綠樹暗長亭。
幾把離尊。
陽關常恨不堪聞。
何況今朝秋色裏、
身是行人。

淸涙浥羅巾。
各自消魂。
一江離恨恰平分。
安得千尋橫鐵鎖、
截斷煙津。
綠樹長亭に暗く。
幾たびか離尊を把る。
「陽關」常に恨みて聞くに堪へず。
何ぞ況んや今朝秋色の裏うち
身は是れ行人なり。

淸涙羅巾を浥うるほし。
各自消魂し。
一江の離恨恰まさに平分す。
いづくんぞ千尋の橫ざまなる鐵鎖を得て、
煙津を截斷せん。

淸商怨 葭萠驛作

江頭日暮痛飮、
乍雪晴猶凛、
山驛凄涼、
燈昏人獨寢。

鴛機新寄斷錦、
歎往事、不堪重省、
夢破南樓、
綠雲堆一枕。

 淸商怨 葭萠驛の作

江頭の日暮に痛飮す、
乍雪はつゆき晴るれど猶ほ凛たり、
山驛凄涼として、
燈昏くらくして人獨ひとり寢ぬ。

鴛機は新たに寄こす斷錦を、
往事を歎くに、重ねて省かへりみるに堪へず、
夢は南樓に破れ、
綠雲一枕に堆うづたかし。

 鵲橋仙

一竿風月、
一蓑煙雨、
家在釣臺西住。
賣魚生怕近城門、
況肯到、紅塵深處。

潮生理櫂、
潮平繋纜、
潮落浩歌歸去。
時人錯把比嚴光、
我自是、無名漁父。



一竿の風月、
一蓑の煙雨、
家は釣臺の西に在って住む。
魚を賣るに城門に近くを生怕おそる、
いはんや肯て、紅塵の深き處に到るをや。

潮生ずれば櫂を(ととの)へ、
潮平かなれば(ともづな)を繋ぐ、
潮落つれば浩歌して歸去す。
時の人錯ちて把って嚴光と比さんも、
我自らは是れ、無名の漁父なり。

 訴衷情

青衫初入九重城、
結友盡豪英。
蝋封夜半傳檄、
馳騎諭幽并。

時易失、志難成。
鬢絲生。
平章風月、
彈壓江山、
別是功名。



青衫初めて入る九重城、
結友盡く豪英。
蝋封夜半に檄を傳へ、
騎を馳せて幽并を諭さとす。

時失ひ易やすく、志成り難がたし。
鬢絲生ず。
風月を平章し、
江山を彈壓す、
もしや是れ功名ならんか。

[索引]
示兒十一月四日風雨大作金錯刀行秋夜將曉出籬門迎涼有感
書憤塞上曲北望劍門道中遇微雨關山月古意遊山西村
病起書懷灌園感事龍興寺弔少陵先生寓居樓上醉歌
隴頭水追感往事書事秋興識媿
夜讀范至能攬轡録言中原父老見使者多揮涕感其事作絶句春游
小舟遊近村捨舟歩歸秋風亭拜寇莱公遺像山南行客從城中來
聽雨望江道中小園・其三貧甚戲作絶句其六秋懷書事
春晩懷山南村飲示鄰曲沈園二首其一仝其二冬初出遊
小雨極涼舟中熟睡至夕訴衷情夜遊宮謝池春秋波媚
鷓鴣天漁家傲鵲橋仙釵頭鳳卜算子・詠梅
桃源憶故人・題華山圖水調歌頭・多景樓
浪淘沙・丹陽浮玉亭席上作淸商怨・葭萠驛作鵲橋仙

[上代][陶淵明][玉臺新詠][抒情詩][竹枝詞][花間集][李煜][香殘詞]
[淸風詞][豪放詞][憂国慨世][李淸照][陸游][辛棄疾][金陵舊夢][秋瑾]
[通俗詩][扶桑櫻花讚][日本漢詩]