兵車行  杜甫 目録

車輪輪  馬蕭蕭 車は輪輪 馬は蕭蕭
行人弓箭各在腰 行人こうじんの弓箭は各おのおの腰に在り
耶孃妻子走相送 耶孃やじょう妻子 走りて相送り
塵埃不見咸陽橋 塵埃に見えず 咸陽橋
牽衣頓足遮道哭 衣を牽き 足を頓し 道を遮りて哭し
哭聲直上干雲霄 哭聲直ちに上りて 雲霄を干す
道旁過者問行人 道旁の過ぐる者 行人に問へば
行人但云點行頻 行人但だ云ふ 點行てんこうしきりなりと
或從十五北防河 或いは 十五より北のかた河を防ぎ
便至四十西營田 便ち四十に至るまで 西のかた(でん)を營む
去時里正與裹頭 去りし時 里正與(りせいため)(こうべ)(つつ)めり
歸來頭白還戍邊 歸來のとき 頭白きに還た邊へんを戍まも
邊亭流血成海水 邊亭の流血 海水と成るも
武皇開邊意未已 武皇 邊を開く 意未だ已まず
君不聞         君 聞かずや
漢家山東二百州 漢家山東の二百州
千村萬落生荊杞 千村萬落 荊杞けいきを生ずるを
縱有健婦把鋤犁たとひ 健婦の鋤犁じょりを把る有りとも
禾生隴畝無東西いねは隴畝に生じて 東西無し
況復秦兵耐苦戰 況んや復た 秦兵は苦戰に耐ふるとて
被驅不異犬與鶏らるること 犬と鶏に異ならず
長者雖有問     長者 問ふこと有りと雖ども
役夫敢申恨     役夫 敢えて恨みを申べんや
且如今年冬     且つ今年の冬のごときは
未休關西卒     未だ 關西かんせいの卒を休めざるに
縣官急索租     縣官けんかん 急に租を索もと
租税從何出     租税 何のより出ださん
信知生男惡     信まことに知る 男を生むは惡しく
反是生女好     反って 是れ 女を生むは好きを
生女猶得嫁比鄰 女を生まば猶ほ比鄰(ひりん)に嫁せしむるを得ん
生男埋沒隨百草 男を生まば 埋沒して百草に(したが)はんのみ
君不見青海頭   君 見ずや 青海の頭ほとり
古來白骨無人收 古來 白骨 人の收むる無く
新鬼煩冤舊鬼哭 新鬼は煩冤はんえんし 舊鬼は哭し
天陰雨濕聲啾啾 天陰くもり 雨濕るとき 聲啾啾たるを