目次表示
 鹿鳴集 南京新唱 明治四十一年八月より大正十三年に至る

 南京(なんきょう)。ここにては奈良を指していへり。「南都」といふに等し。
 これに対して京都を「北京」といふこと行われたり。鹿持雅澄(カモチマサズミ)の『南京遺響』佐佐木信綱氏の『南京遺文』などいふ書あり。
 みな奈良を意味せり。ともに「ナンキン」とは読むべきにあらず。
 (自註鹿鳴集より)
南京新唱
春日野にて

 かすがの に おしてる つき の ほがらかに
            あき の ゆふべ と なり に ける かも  (一)

 かすがの の みくさ をり しき ふす しか の
              つの さえ さやに てる つくよ かも  (二)

 うち ふして もの もふ くさ の まくらべ を
              あした の しか の むれ わたり つつ (三)

 つの かる と しか おふ ひと は おほてら の
             むね ふき やぶる かぜ に かも にる  (四)

 こがくれて あらそふ らしき さをしか の
              つの の ひびき に よ は くだち つつ (五)

 うらみ わび たち あかし たる さをしか の
              もゆる まなこ に あき の かぜ ふく (六)

 かすがの に ふれる しらゆき あす の ごと
              けぬ べく われ は いにしへ おもほゆ (七)

 もりかげ の ふぢ の ふるね に よる しか の
              ねむり しづけき はる の ゆき かな  (八)

 をぐさ はむ しか の あぎと の をやみ なく
              ながるる つきひ とどめ かねつ も (九)

興福寺をおもふ

 はる きぬ と いま か もろびと ゆき かへり
           ほとけ の には に はな さく らし も (一〇)

猿沢池にて

 わぎもこ が きぬかけ やなぎ みまく ほり
           いけ を めぐり ぬ かさ さし ながら  (一一)

奈良博物館にて

 くわんおん の しろき ひたひ に やうらく の
              かげ うごかして かぜ わたる みゆ (一二)

 くわんおん の せ に そふ あし の ひともと の
           あさき みどり に はる たつ らし も  (一三)

 ほほゑみて うつつごころ に あり たたす
            くだらぼとけ に しく ものぞ なき  (一四)

 つと いれば あした の かべ に たち ならぶ
              かの せうだい の だいぼさつ たち  (一五)

 はつなつ の かぜ と なりぬ と みほとけ は
            をゆび の うれ に ほの しらす らし (一六)

 こんでい の ほとけ うすれし こんりよう の
            だいまんだら に あぶ の はね うつ  (一七)

高畑にて

 たびびと の め に いたき まで みどり なる
              ついぢ の ひま の なばたけ の いろ (一八)

 かうやくし わが をろがむ と のき ひくき
            ひる の ちまた を なづさひ ゆく も (一九)

新薬師寺の金堂にて

 たびびと に ひらく みどう の しとみ より
            めきら が たち に あさひ さし たり (二〇)

香薬師を拝して

 みほとけ の うつらまなこ に いにしへ の
              やまとくにばら かすみて ある らし (二一)

 ちかづきて あふぎ みれども みほとけ の
              みそなはす とも あらぬ さびしさ (二二)

高円山をのぞみて

 あきはぎ は そで には すらじ ふるさと に
           ゆきて しめさむ いも も あら なく に (二三)

滝坂にて

 かき の み を になひて くだる むらびと に
              いくたび あひし たきさか の みち (二四)

 まめがき を あまた もとめて ひとつ づつ
            くひ もて ゆきし たきさか の みち (二五)

 かけ おちて いは の した なる くさむら の
            つち と なり けむ ほとけ かなし も (二六)

 たきさか の きし の こずゑ に きぬ かけて
              きよき かわせ に あそびて ゆかな (二七)

 ゆふ されば きし の はにふ に よる かに の
            あかき はさみ に あき の かぜ ふく (二八)

地獄谷にて

 いはむろ の いし の ほとけ に いりひ さし
            まつ の はやし に めじろ なく なり (二九)

東大寺にて

 おほらかに もろて の ゆび を ひらかせて
              おほき ほとけ は あまたらしたり (三〇)

 あまたたび この ひろまへ に めぐり きて
            たちたる われ ぞ しる や みほとけ (三一)

戒壇院をいでて

 びるばくしや まゆね よせたる まなざし を
           まなこ に み つつ あき の の を ゆく (三二)

東大寺懐古

 おほてら の ほとけ の かぎり ひともして
            よる の みゆき を まつ ぞ ゆゆしき  (三三)

 おほてら の には の はたほこ さよ ふけて
          ぬひ の ほとけ に つゆ ぞ おき に ける (三四)

奈良坂にて

 ならざか の いし の ほとけ の おとがひ に
            こさめ ながるる はる は き に けり (三五)

浄瑠璃寺にて

 じやうるり の な を なつかしみ みゆき ふる
            はる の やまべ を ひとり ゆく なり (三六)

 かれわたる いけ の おもて の あし の ま に
              かげ うちひたし くるる たふ かな (三七)

 びしやもん の ふりし ころも の すそ の うら に
              くれなゐ もゆる はうそうげ かな (三八)

平城宮址の大極芝にて

 はたなか の かれたる しば に たつ ひと の
            うごく とも なし もの もふ らし も (三九)

 はたなか に まひ てり たらす ひとむら の
            かれたる くさ に たち なげく かな (四〇)

海竜王寺にて

 しぐれ の あめ いたく な ふり そ こんだう の
              はしら の まそほ かべ に ながれむ (四一)

 ふるてら の はしら に のこる たびびと の
           な を よみ ゆけど しる ひと も なし (四二)

法華寺本尊十一面観音

 ふぢはら の おほき きさき を うつしみ に
              あひ みる ごとく あかき くちびる (四三)

法華寺温室懐古

 ししむら は ほね も あらはに とろろぎて
            ながるる うみ を すひ に けらし も (四四)

 からふろ の ゆげ たち まよふ ゆか の うへ に
              うみ に あきたる あかき くちびる (四五)

 からふろ の ゆげ の おぼろ に ししむら を
            ひと に すはせし ほとけ あやし も (四六)

秋篠寺にて

 たかむら に さし いる かげ も うらさびし
              ほとけ いまさぬ あきしの の さと (四七)

 まばら なる たけ の かなた の しろかべ に
            しだれて あかき かき の み の かず (四八)

 あきしの の みてら を いでて かへりみる
           いこま が たけ に ひ は おちむ と す (四九)

西大寺の四王堂にて

 まがつみ は いま の うつつ に あり こせど
            ふみし ほとけ の ゆくへ しらず も  (五〇)

菅原の喜光寺にて

 ひとり きて かなしむ てら の しろかべ に
            きしや の ひびき の ゆき かへり つつ (五一)

唐招提寺にて

 おほてら の まろき はしら の つきかげ を
            つち に ふみ つつ もの を こそ おもへ (五二)

 せんだん の ほとけ ほの てる ともしび の
              ゆらら ゆららに まつ の かぜ ふく (五三)

開山堂なる鑑真の像に

 とこしへ に ねむりて おはせ おほてら の
            いま の すがた に うちなかむ よ は (五四)

大安寺をいでて薬師寺をのぞむ

 しぐれ ふる のずゑ の むら の このま より
              み いでて うれし やくしじ の たふ (五五)

薬師寺東塔

 くさ に ねて あふげば のき の あをぞら に
              すずめ かつ とぶ やくしじ の たふ (五六)

 すゐえん の あま つ をとめ が ころもで の
            ひま にも すめる あき の そら かな (五七)

 あらし ふく ふるき みやこ の なかぞら の
            いりひ の くも に もゆる たふ かな (五八)

法隆寺村にやどりて

 いかるが の さと の をとめ は よもすがら
              きぬはた おれり あき ちかみ かも (五九)

御遠忌近き頃法隆寺村にいたりて

 うまやど の みこ の まつり も ちかづきぬ
              まつ みどり なる いかるが の さと (六〇)

 いかるが の さとびと こぞり いにしへ に
              よみがえる べき はる は き むかふ (六一)

 うまやど の みこ の みこと は いつ の よ の
              いかなる ひと か あふが ざらめ や (六二)

 みとらし の あづさ の まゆみ つる はけて
              ひきて かへらぬ いにしへ あはれ (六三)

法隆寺の金堂にて

 おし ひらく おもき とびら の あひだ より
              はや みえ たまふ みほとけ の かほ (六四)

 たち いでて とどろと とざす こんだう の
            とびら の おと に くるる けふ かな (六五)

五重塔をあふぎみて

 ちとせ あまり みたび めぐれる ももとせ を
              ひとひ の ごとく たてる この たふ (六六)

夢殿の救世観音に

 あめつち に われ ひとり ゐて たつ ごとき
              この さびしさ を きみ は ほほゑむ (六七)

病中法隆寺をよぎりて

 あまた みし てら には あれど あき の ひ に
              もゆる いらか は けふ みつる かも (六八)

 うつしよ の かたみ に せむ と いたづき の
           み を うながして み に こし われ は (六九)

 いたづき の まくら に さめし ゆめ の ごと
            かべゑ の ほとけ うすれ ゆく はや (七〇)

 ひとり きて めぐる みだう の かべ の ゑ の
           ほとけ の くに も あれ に ける かも (七一)

 おほてら の かべ の ふるゑ に うすれたる
            ほとけ の まなこ われ を み まもる (七二)

 うすれ ゆく かべゑ の ほろけ もろとも に
            わが たま の を の たえぬ とも よし (七三)

 ほろび ゆく ちとせ の のち の この てら に
              いづれ の ほとけ あり たたす らむ (七四)

中宮寺にて

 みほとけ の あご と ひじ とに あまでら の
              あさ の ひかり の ともしきろ かも (七五)

法輪寺にて

 みとらし の はちす に のこる あせいろ の
            みどり な ふき そ こがらし の かぜ (七六)

二上山をのぞみて

 あま つ かぜ ふき の すさみ に ふたがみ の
              を さへ みね さへ かつらぎ の くも (七七)

当麻寺にて

 ふたがみ の てら の きざはし あき たけて
            やま の しづく に ぬれぬ ひ ぞ なき (七八)

 ふたがみ の すそ の たかむら ひるがへし
            かぜ ふき いでぬ たふ の ひさし に (七九)

当麻寺に役小角の木像を見て

 おに ひとつ ぎやうじや の ひざ を ぬけ いでて
              あられ うつ らむ ふたがみ の さと (八〇)

 あしびき の やま の はざま の いはかど の
              つらら に にたる きみ が あごひげ (八一)

河内国磯長の御陵にて太子をおもふ

 やまと より ふき くる かぜ を よもすがら
            やま の こぬれ に きき あかし つつ (八二)

観心寺の本尊如意輪観音を拝して

 さきだちて そう が ささぐる ともしび に
            くしき ほとけ の まゆ あらは なり (八三)

 なまめきて ひざ に たてたる しろたへ の
            ほとけ の ひぢ は うつつ とも なし (八四)

橘寺にて

 くろごま の あさ の あがき に ふませたる
            をか の くさね と なづさひ ぞ こし (八五)

弘福寺の僧と談りて

 よ を そしる まづしき そう の まもり こし
              この くさむら の しろき いしずゑ (八六)

三輪の金屋にて路傍の石仏を村媼)の礼するを見て

 みみ しふ と ぬかづく ひと も みわやま の
          この あきかぜ を きか ざらめ や も  (八七)

室生寺にて

 ささやかに にぬり の たふ の たち すます
              このま に あそぶ やまざと の こら (八八)

 みほとけ の ひぢ まろら なる やははだ の
            あせ むす まで に しげる やま かな (八九)

汽車中

 やまとぢ の るり の みそら に たつ くも は
         いづれ の てら の うへ に か も あらむ (九〇)

 わさだ かる をとめ が とも の かかふり の
            しろき を み つつ みち なら に いる (九一)

奈良の宿にて

 をじか なく ふるき みやこ の さむき よ を
            いへ は おもはず いにしへ おもふ に (九二)

 ならやま の したは の くぬぎ いろ に いでて
           ふるへ の さと を おもひ ぞ わが する (九三)

奈良より東京なる某生へ

 あかき ひ の かたむく のら の いやはて に
         なら の みてら の かべ の ゑ を おもへ (九四)

奈良を去る時大泉生へ

 のこり なく てら ゆき めぐれ かぜ ふきて
            ふるき みやこ は さむく あり とも (九五)

 ならさか を じやうるりでら に こえむ ひ は
            みち の まはに に あし あやまち そ (九六)

奈良にて

 いにしへ の なら の みやびと いま あらば
            こし の えみし と あ を ことなさむ (九七)

東京にかへるとて

 あをによし ならやま こえて さかる とも
            ゆめ に し みえ こ わかくさ の やま (九八)

東京にかへりて後に

 ならやま を さかりし ひ より あさ に け に
              みてら みほとけ おもかげ に たつ  (九九)