索引表示
           曙 染  與謝野晶子

 春曙抄に 伊勢をかさねてかさ足らね 枕はやがて くづれけるかな

 あゝ野の路 君とわかれて三十歩 また見ぬ顔に 似る秋の花

 ほととぎす 聴きたまひしか聴かざりき 水のおとする よき寝覚かな

 海恋し 潮の遠鳴りかぞへては 少女となりし 父母の家

 加茂川に 小舟もちゐる五月雨 われと皷を あやぷみましぬ

 鎌倉や 御仏なれど釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな

 おもはれて 今年えうなき舞ごろも 篋に黄金の 釘うたせけり

 養はるる 寺の庫裏なる雁来紅輪袈裟は掛けで 鶏おはましを

 ほととぎす 治承寿永のおん国母 三十にして 経よます寺

 わが恋は 虹にもまして美しき いなづまとこそ 似むと願ひぬ

 聖マリヤ 君にまめなるはした女と 壇に戒えむ 日も夢みみにし

 頬よすれば 香る息はく石の獅子 ふたつ栖むなる 夏木立かな

 髪に挿せば かくやくと射る夏の日や 王者の花の こがねひぐるま

 紅させる 人衆おほき祭街 きやり唄はむ 男と生ひぬ

 紅の緒の金皷よせぬとさまさばやよく寝る人をにくむ湯の宿

 今日のむかし前髪あげぬ十三を画にせし人に罪ありや無し

 誰が罪ぞ永劫くらきうづしほの中にさそひし玉と泣くひと

 里ずみの春雨ふれば傘さして君とわが植う海棠の

 ほととぎす過ぎぬたまたま王孫の金の鎧を矢すべるものか

 さくらちる春のゆふべや廃院のあるじ上臈赤裳ひいて来

 花のあたりほそき滝する谷を見ぬ長谷の御寺の有明の月

 掛け香のけむりひまなき柱をば白き錦につつませにけり

 三井寺や葉わか楓の木下みち石も啼くべき青あらしかな

 棹とりの矢がすり見たる舟ゆゑに浪も立てかししら蓮の池

 姉なれば黒き御戸帳まづ上げぬ父まつる日のものの冷たき

 更くる夜をいとまたまはぬ君わびず隅にしのびて皷緒しめぬ

 きりぎりす葛の葉つづく草どなり笛ふく家と琴ひく家と

 蓮を斫り菱の実とりし盥舟その水いかに秋の長雨

 青雲を高吹く風に声ありて讃じたまひし恋にやはあらぬ

 斯くは生ひてふりわけ髪の世も知らず古りし磬うつ深院のひと

 春日の宮わか葉のなかのむらさきの藤のしたなる石の高麗狗

 第一の美女に月ふれ千人の姫に星ふれ牡丹饗せむ

 このあたり君が肩よりたけあまり草ばな白く飛ぷ秋の鳥

 家鼬尾たるる相のむかしがほや瓜ひとめぐり嗅ぎても往ぬる

 才なさけ似ざるあまたの少女見むわれをためしに引くと聞くゆゑ

 わが恋はいさなつく子か鮪釣りか沖の舟見て見てたそがれぬ

 白きちさき牡丹おちたり憂かる身の柱はなれし別れの時に

 星よびて地にさすらはす洪量の人と思ふに批もうちがたき

 花に見ませ王のごとくもただなかに男は女をつつむうるはしき蕋

 在さぬ二夜名しらぬ虫を籠に飼ひぬ寝がての歌は彼れに聞きませ

 耳かして身ほろぶ歌と知りたまへ画ならばただに見てもあるべき

 ややひろく廂だしたる母屋づくり木の香にまじるたちばなの花

 祭の日葵橋ゆく花がさのなかにも似たる人を見ざりし

 精好の紅としら茶の金襴のはりませ箱に住みし小皷

 杉のうへに茅渟の海見るかつらぎや高間の山に朝立ちぬ我れ

 八月や水蘆いとうたけのびてわれ喚びかねつ馬あらふひと

 夕かぜの河原へ出づる小棧橋いそぎたまふにまへざし落ちぬ

 眉つくるちさき盥に水くみて兎あらふを見にきまさぬか

 今日みちて今日たらひては今日死なむ明日よ昨日よわれに知らね名

 木曾の朝を馬子も御主も少女笠鞍に風ふくあけぽの染に

 月あると同車いなみしとが負ひて歌おほくよむ夜のほととぎす

 むらさきの蓮に似ませる客人や荷葉の水に船やりまつる

 蚊やりしばし君にゆだねしけぶりゆゑおぼろになりし月夜と云ひぬ

 紅しぼり緋むくなでしこ底くれなゐ我にくらべて名おほき花や

 わが命に百合からす羽の色にさきぬ指さすところ星は消ぬべし

 夕粧ひて暖簾くぐれは大阪の風簪ふく街にも生ひぬ

 五月晴の海のやうなる多摩川や酒屋の旗や黍のかぜ

 高つきの燭は牡丹に近うやれわれを照すは御冠の珠

 欠くる期なき盈つる期あらぬあめつちに在りて老いよと汝もつくられぬ
 (秀を生みし時)

 たなばたをやりつる後の天の川しろうも見えて風する夜かな

 蓮きると三寸とほき花ゆゑにみぎはの人のさそはれし舟

 憂ければぞ爪に紅せぬ夕ぐれを色は問はずて衣もてまゐれ

 舟にのれば瓔珞ゆらぐ蓮のかぜ掉のひとりは袞龍の袖

 しら蓮や唐木くみたる庭舟に沈たきすてて伯父の影なき

 われを問ふやみづからおごる名を誇る二十四時を人をし恋ふる

 ここすぎて夕立はしる川むかひ柳千株に夏の雲のぼる

 水浴みては渓の星かげ髪ほすと君に小百合の床をねだりし

 百合がなかの紅百合としものたまふやをかし二人の君が子の母

 誰れが子かわれにをしへし橋納凉十九の夏の浪華風流

 露の路畑をまがれば君みえず黍の穂にこほろぎ啼きぬ

 鳥と云はず白日虹のさす空を飛ばば翅ある虫の雌雄とも

 夏の日の天日ひとつわが上にややまばゆかるものと思ひぬ

 百間の大き弥陀堂ひとしきり煙みなぎり京の日くれぬ

 夕されば橋なき水の舟よそひ渡らば秋の花につづく戸

 母屋の方へ紅三丈の鈴の綱君とひくたび衣もてまゐる

 君やわれや夕雲を見る磯のぴと四つの素足に海松ぶさ寄せぬ

 里ずみに老いぬと云ふもいつはりの歌と或る日は笑めりと思せ

 きざはしの玉靴小靴いでまさずば牡丹ちらむと奏さまほしき

 恋しき日や侍らひなれし東椽の隅のはしらにおもかげ立たむ

 ほととぎす岩山みちの小笹二町深山といふにわらひたまひぬ

 あやにくに虫歯病む子とこもりゐぬ皷きこゆる昼の山の湯

 君によし撫でて見よとて引かせたり小馬ましろき春の夕庭

 花とりどり野分の朝にもてきたる十人の姿よしと思ひぬ

 七たりの美なる人あり簾して船は御料の蓮きりに行く

 かしこうて蚊帳に書よむおん方にいくつ摘むべき朝顔の花

 ふるさとやわが家君が家草ながし松も楓もひるがほの花

 ほととぎす山門のぽる兄のかげ僧服なれば袖しろうして

 よき箱と文箱とどめていもうとは玉虫飼ひぬうらみ給ふな

 この恋びとをしへられては日記も書きぬ百合にさめぬと昼蚊厨に寝ぬと

 水にさく花のやうなるうすものに白き帯する浪華の子かな

 春の池楼ある舶の歩み遅々と行くに慣れたるみさぷらひ人

 夏花は赤熱病める子がかざしあらはに歌ひはばからぬ人

 伯母いまだ髪もさかりになでしこをかざせる夏に汝れは生れぬ
 (弟の子の生れけるに夏子と名をえらみて)

 行く春にもとより堪へぬうまれぞと聞かば牡丹に似る身を知らむ

 妻と云ふにむしろふさはぬ髪も落ちめやすきほどとなりにけるかな

 われに遅れ車よりせしその子ゆゑ多く歌ひぬ京の湯の山

 夕かぜや羅の袖うすきはらからにたきものしたる椅子ならべけり

 わが愛づる小鳥うたふに笑み見せぬ人やとそむき又おもひ出ず

 かへし書くふたりの人に文字いづれ多きを知るや春の染紙

 われぼめや十方あかき光明のわれより出でむ期しるものゆゑ

 ふりそでの雪輪に雪のけはひすや橋のかなたにかへりみぬ人

 かけものゝ牛の子かちし競馬のり梅にいこふをよしと思ひぬ

 酒つくる神と注ある三尺の鳥居のうへの紅梅の花

 われにまさる熱えて病むと云ひたまへあらずとならば君にたがはむ

 菜の花のうへに二階の障子見え戸見え伯母見えぬるき水ふむ

 あやまちて小櫛ながしゝ水なればくぐるは君が花垣なれば

 河こえて皷凍らぬ夜をほめぬ千鳥なく夜の加茂の里びと

 鹿が谷尼は磬うつ椿ちるうぐひす啼きて春の日くれぬ

 くれなゐの蒲団かさねし山駕籠に母と相乗る朝ざくら路

 あゝ胸は君にどよみぬ紀の海を淡路のかたへ潮わしる時

 まる山のをとめも比叡の大徳も柳のいろにあさみどりして

 法華経の朝座の講師きんらんの御袈裟かをりぬ梅さとちりぬ

 いでまして夕むかへむ御鞍にさざん花ちりぬ里あたたかき

 歌よまでうたたねしたる犯人は花に立たせて見るべかりけり

 うれひのみ笑みはをしへぬ遠びとよ死ねやと思ふ夕もありぬ

 御供養の東寺舞楽の日を見せて桜ふくなり京の山かぜ

 金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちるなり夕日の岡に

 紅梅や女あるじの零落にともなふ鳥の籠かけにけり

 大木にたえず花さくわが森をともに歩むにふさふと云ひぬ

 しろ百合と名まをし君が常夏の花さく胸を歌嘆しまつる(とみ子の君に)

 審判の日をゆびきずくるとげにくみ薔薇つまざりし罪とひまさば

 山の湯や懸想びとめく髪ながの夜姿をわかき師にかしこみぬ

 廊馬道いくつか昨夜の国くればうぐひす啼きぬ春のあけぼの

 こゝろ懲りぬ御兄なつかしあざみては博士得ませと別れし人も

 うへ二枚なか着はだへ着舞扇はさめる襟の五ついろの襟

 きよき子を唖とつくりぬその日より瞳なに見るあきじひの人

 人春秋ねたしと見るはただに花衣に縫はれね牡丹しら菊

 女さそひし歌の悪霊人生みぬ髪ながければ心しませや

 春の夜の火かげあえかに人見せてとれよと云へど神に似たれば

 明けむ朝われ愛着す人よ見な花よ媚ぶなと袋に縫へな

 にくき人に柑子まゐりてぬりごめの歌問ふものか朝の春雨

 よしと見るもうらやましきもわが昨日よそのおん世は見ねば願はじ

 酔ひ寝ては鼠がはしる肩と聞き寒き夜守りぬ歌びとの妻

 手ぢからのよわや十歩に鐘やみて桜ちるなり山の夜の寺

 兼好を語るあたひに伽羅たかむ京の法師の麻の御ころも

 かくて世にけものとならで相逢ひぬ日てろ星てるふたりの額に

 春の夜や歌舞伎を知らぬ鄙ぴとの添ひてあゆみぬあかき灯の街

 玉まろき桃の枝ふく春のかぜ海に入りては真珠生むべき

 春いそぐ手毬ぬふ日と寺々に御詠歌あぐる夜は忘れゐぬ

 春の夜はものぞうつくし怨ずると尋のあなたにまろ寝の人も

 駿河の山百合がうつむく朝がたち霧にてる日を野に髪すきぬ

 伽藍すぎ宮をとほりて鹿吹きぬ伶人めきし奈良の秋かぜ

 霜ばしら冬は神さへのろはれぬ日ごと折らるるしろがねの櫛

 鬼が栖むひがしの国へ春いなむ除目に洩れし常陸介と

 髪ゆふべ孔雀の鳥屋に横雨のそそぐをわぶる乱れと云ひぬ

 廊ちかく皷と寝ねしあだぷしもをかしかりけり春の夜なれば

 集のぬしは神にをこたるはした女か花のやうなるおもはれ人か

 さは思へ今かなしみの酔ひごこち歌あるほどは弔ひますな

曙 染 了