与謝野晶子短歌抄

      『乱れ髪』

 その子二十はたちくしに流るる黒髪のおごりの春の美しきかな

 清水きよみづへ祇園ぎをんをよぎる花月夜こよひ逢ふ人みな美しき

 経きやうは苦にがし春のゆふべを奥の院の二十五菩薩ぼさつ歌受けたまへ

 汀みぎは来る牛かひ男歌あれな秋の湖みづうみあまりさびしき

 やは肌のあつき血潮に触れも見でさびしからずや道を説く君

 たまくらに鬢びんの一すぢ切れし音を小琴をごととききし春の夜の夢

 ほととぎす嵯峨さがへは一里京へ三里水の清滝きよたき夜の明けやすき

 何なにとなく君に待たるるここちして出でし花野の夕月夜かな

 ゆあみして泉を出でし我が肌に触るるは苦るし人の世の衣きぬ

 春三月みつきおかぬ琴に音立てぬ触れしそぞろの我が乱れ髪

 かたみぞと風なつかしむ小扇こあふぎの要かなめあやふくなりにけるかな

 四条橋しでうばしおしろい厚き舞姫の額ぬかささやかに打つあられかな

 いとせめてもゆるがままに燃えしめよかくぞ覚ゆる暮れて行く春

 昨日きのふをば千とせの前の世と思ひ御手なほ肩にありとも思ふ


『小扇』

 おもだかは少女をとめの櫂かいに乗りこえぬ君の歌へる七尺の舟

 めしひなれば道と教へで往かしめよ荊棘おどろ変じて百合となる道

 君さらばさらば二十はたちを石に寝て春のひかりを悲しみたまへ

 人恨みわれと泣かるる日の多き里居さとゐしぬれば衰へぬれば

 春の夜に小雨そぼ降る大原や花に狐きつねの出でてなく寺

 ひとすぢにあやなく君が指おちて乱れなんとす夜のくろ髪

 ゆきずりの丁子ちやうじゆかしや明方の夢に見に来ん山下小家やましたこいへ

 日の限り春の雲湧く殿とのの灯におよそ百人牡丹ぼたんに似たり

 をとめなれば姿は羞ぢて君に倚るこころ天あめ行く日もありぬべし

 あめつちの恋は御歌にかたどられ全まつたかるべく桜花咲く


『毒草』

 友染いうぜんの袖そで十あまり円まるくより千鳥きく夜を雪降りいでぬ

 我が春の笑みを讃ぜよ麗人れいじんの泣くを見ずやとひまなきものか

 この君を思ひやしつる身や愛でし恋は驕おごりに添ひて燃えし火

 相見んと待つ間も早く今日の来て我れのみ物は思ふおとろへ

 君に似る白と真紅しんくと重なりて牡丹散りたる悲しきかたち


『恋ごろも』

 春曙抄(しゅんじょせう)に伊勢をかさねてかさ足らぬ枕はやがてくづれけるかな

 ほととぎす聴きたまひしか聴かざりき水のおとするよき寐覚ねざめかな

 海恋し潮しほの遠鳴りかぞへてはをとめとなりし父母ちちははの家

 鎌倉や御仏みほとけなれど釈迦牟尼しやかむには美男びなんにおはす夏木立かな

 ほととぎす治承寿永ぢしようじゆえいのおん国母こくも三十にして入りませる寺

 頬よすれば香る息いきはく石の獅子ししふたつ栖むなる夏木立かな

 髪に挿せばかくやくと射る夏の日や王者わうしやの花のこがねひぐるま

 黒ずみの春さめふれば傘さして君とわが植う海棠かいだうの苗

 ほととぎす過ぎぬたまたま王孫わうそんの金きんの鎧よろひを矢すべるものか

 蓮はすを斫り菱ひしの実とりし盥舟たらひぶねその水いかに秋の長雨ながあめ

 才なさけ似ざるあまたの少女見んわれをためしに引くと聞くゆゑ

 花に見ませ(わう)のごとくもただなかに()()をつつむうるはしき(しべ)

 ややひろく廂ひさし出したる母屋もやづくり木の香にまじるたちばなの花

 祭の日葵橋あふひばしゆく花がさのなかにも似たる人を見ざりし

 精好せいがうの紅あけと白茶の金襴きんらんのはりまぜ箱に住みし小鼓こつづみ

 たなばたをやりつるあとの天の川しろくも見えて風する夜かな

 われを問ふやみづからおごる名を誇る二十四時ときを人をし恋ふる

 ここすぎてゆふだち走る川むかひ柳千株せんじしゆに夏雲のぼる

 誰が子かわれにをしへし橋納涼はしすずみ十九の夏の浪華風流なにはふうりう

 七ななたりの美なる人あり簾すだれして船は御料ごれうの蓮きりに行く

 水にさく花のやうなるうすものに白き帯する浪華の子かな

 まる山のをとめも比叡の大徳だいとこも柳のいろにあさみどりする

 金色こんじきのちひさき鳥のかたちして銀杏いてふちるなり岡の夕日に

 手ぢからのよわや十歩とあしに鐘やみて桜ちるなり山の夜の寺

 兼好を語るあたひに伽羅きやらたかん京の法師の麻の御ころも


『舞姫』

 うたたねの夢路に人の逢ひにこし蓮歩れんぽのあとを思ふ雨かな

 家七室いへななま霧にみな貸す初秋はつあきを山の素湯さゆめでこしやまろうど

 思ふとやすまじきものの物懲ものごりにみだれはててし髪にやはあらぬ

 白百合しろゆりのしろき畑のうへわたる青鷺あをさぎづれのをかしき夕ゆふべ

 わかき日のやむごとなさは王城わうじやうのごとしと知りぬ流離りうりの国に

 日輪にちりんに礼拝らいはいしたる獅子王の威とぞたたへんうらわかき君

 かざしたる牡丹ぼたんとなり海燃えぬ思ひみだるる人の子の夢

 われと燃え情火(じゃうくわ)(たまき)に身を()きぬ心はいづら行方(ゆくへ)知らずも

 山山に赤丹あかにぬるなるあけぼのの童わらはが撫でし頬と染まりける

 花草の満地まんちに白とむらさきの陣立ててこし秋の風かな

 木蓮もくれんの落花らくくわひろひてみほとけの指とおもひぬ十二の智円

 春雨はるさめやわがおち髪を巣に編みてそだちし雛ひなの鶯うぐひすの鳴く

 軒ちかき御座みざよ灯の気と月光のなかにいざよふ夜よるの黒髪

 廻廊くわいらうを西へならびぬ騎者たちの三十人は赤丹あかにの頬して

 きぬぎぬや雪の傘かさする舞ごろもうしろで見よと橋こえてきぬ

 高き家に君とのぼれば春の国河とほじろし朝の鐘鳴る

 保津川(ほづがわ)の水に沿ふなる女松山(めまつやま)(みき)むらさきに東明(しののめ)するも

 萌野もえのゆきむらさき野ゆく行人かうじんに霰あられふるなりきさらぎの春

 わが宿の春はあけぼの紫の糸のやうなるをちかたの川

 ゆるしたまへ二人を恋ふと君泣くや聖母にあらぬおのれのまへに

 春いにて夏きにけりと手ふるれば玉はしるなり三十五の絃いと

 すぐれて恋ひすぐれて君を疎まんともとより人の云ひしならねど

 ふるさとの潮しほの遠音とほねのわが胸にひびくをおぼゆ初夏の雲

 梅雨晴つゆばれの日はわか枝こえきらきらとおん髪にこそ青う照りたれ

 紫と黄いろと白と土橋つちばしを小蝶こてふならびてわたりこしかな

 円山まるやまの南のすその竹原たかはらにうぐひす住めり御寺みてらに聞けば

 遠をちかたに星のながれし道と見し川のみぎはに出でにけるかな

 物思へばものみな慵ものううたた寐に玉の螺鈿らでんの枕をするも

 おとうとはをかしおどけしあかき頬に涙ながして笛ならふさま

 沙羅双樹さらさうじゆしろき花ちる夕風に人の子おもふ凡下ぼんげのこころ

 五月雨さつきあめ春が堕ちたる幽暗いうあんの世界のさまに降りつづきけり

 君にをしふなわすれ草の種まきに来よと云ひなばおどろきて来ん

 京の衆しゆに初音はつねまゐろと家ごとにうぐひす飼ひぬ愛宕をたぎの郡こほり

 あやまちは君が牡丹とのみ云はで花に似し子をかぞへけるかな

 鳴滝なるたきや庭なめらかに椿つばきちる伯母をばの御寺みてらのうぐひすのこゑ

 六月みなづきのおなじゆふべに簾すだれしぬ娘かしづく絹屋と木屋と

 大堰川おほゐがは山は雄松おまつの紺青こんじやうとうすきかへでのありあけ月夜

 夏のかぜ山よりきたり三百の牧まきのわか馬耳吹かれけり

 香盤(かうばん)白檀(びゃくだん)そへて五月雨(さみだれ)の晴間を告げぬさもらひびとは

 君まさぬ端居はしゐやあまり数おほき星に夜寒よさむをおぼえけるかな

 朝ぼらけ羽ごろも白じろの天あめの子が乱舞するなり八重桜ちる

 春の海いま遠をちかたの波かげにむつがたりする鰐鮫わにざめおもふ

 梅の花たき火によばれしら髪をかきたれ来なる隣の君よ

 ほととぎす水ゆく欄らんにわれすゑてものの涼しき色めづる君

 うらさびしわが()のあとに()つくると青埴(あをはに)盛るを見たるここちに

 夏まつりよき帯むすび舞姫に似しやを思ふ日のうれしさよ

 うすいろを著よと申すや物焚ものたきしかをるころものうれしき夕ゆふべ

 相人さうにんよ愛慾せちに面痩おもやせて美しき子に善きことを云へ

 公孫樹こうそんじゆ黄にして立つにふためきて野の霧くだる秋の夕暮

 ほととぎす安房(あは)下総(しもふさ)の海上に七人(ななたり)ききぬ少女子(をとめご)まじり

 大赤城おほあかぎ北上きたかみつ毛の中空にそびやぐ肩をあきの風吹く

 うつら病む春くれがたやわが母は薬に琴を弾けよと云へど

 やはらかにぬる夜ねぬ夜を雨知らず鶯うぐひすまぜてそぼふる三日みつか

 牡丹ぼたんうゑ君まつ家と金字きんじして門かどに書きたる昼の夢かな

 冬の日の疾風はやちするにも似て赤きさみだれ晴の海の夕雲

 春の水船に十たりのさくらびと鼓うつなり月のぼる時

 水引の赤あけ三尺の花ひきてやらじと云ひし朝つゆのみち

 春の雨高野かうやの山におん児ちごの得度とくどの日かや鐘おほくなる

 しら樺かばの折木おれきを秋の雨うてば山どよみしてかささぎの鳴く

 御胸みむねにと心はおきぬ運命の何すと更におそれぬきはに

 舞ごろも五いつたり紅あけの草履ざうりして河原に出でぬ千鳥のなかに

 君とわれ葵あふひに似たる水くさの花のうへなる橋に涼みぬ

 いとかすけく()くは()が子の()(すそ)杜鵑(とけん)待つなる薄暗がりに

 春のかぜ加茂川こえてうたたねの簾すだれのなかに山吹き入れよ

 いそ松の幹のあひだに大うみのいさり船見ゆ下総しもふさの浦

 十余人縁にならびぬ春の月八坂やさかの塔のひさしはなると

 さくら貝遠つ島べの花ひとつ得つと夕ゆふべの磯ゆくわれは

 かきつばた扇つかへる手のしろき人に夕の歌書かせまし

 富士の山浜名の湖うみの葦原あしはらの夜明の水はむらさきにして

 傘ふかうさして君ゆくをちかたはうすむらさきにつつじ花さく

 いつの世かまたは相見ん知らねどもただごと云ひて別るる君よ

 橋のもと尺をあまさぬひたひたの出水でみずをわたり上かみつ毛に入る

 石まろぶ音にまじりて深山鳥みやまどり大雨たいうのなかを啼くがわびしき

 みづうみに濁流おつる夜の音をおそれて寐ねぬ山の雨かな

 秋雨あきさめは別れに倚りしそのかみの柱のごとくなつかしきかな

 画師ゑしの君わが歌よみし京洛の山は黄金こがねの泥でいして描けな

 やはらかき少女をとめが胸の春草に飼はるるわかき駒こまとこそ思へ

 わが哀慕あいぼ雨とふる日にいとど死ぬ蝉死ぬとしも暦をつくれ

 天人てんにんの飛行ひぎやう自在にしたまふとひとしきほどのものたのむなり

 頬にさむき涙つたふに言葉のみ華はなやぐ人を忘れたまふな

 半身にうすくれなゐの羅うすもののころもまとひて月見るといへ


『夢之華』

 おそろしき恋ざめごころ何を見るわれをとらへん牢舎ひとやは無きや

 今日も猶なほうらわか草の牧を恋ひ駒は野ごころ忘れかねつも

 水の隈くまうすくれなゐは河郎かはらうの夜床よどこにすらんなでしこの花

 山をちこち遊行(ゆぎゃう)の僧の御袈裟(みけさ)とも見えてはだらに雪ときにけり

 君めでたしこれは破船はせんのかたはれの終りを待ちぬただよひながら

 物おもへばなかにみじかき額髪しばしば濡れてくせづきしかな

 三月は柳いとよし舞姫の玉のすがたをかくすといへど

 まろうどは野田の稲生いなふをまろびこし風あまたゐる室におはしませ

 雲のぼる西の方かな雨あまあがり赤城平あかぎだひらは百合ゆりしろうして

 春の磯こひしき人の網もれし小鯛こだひかくれて潮けぶりしぬ

 いくよろづ天あめの御厩みまやのおん馬は白毛のみなり春の夜の星

 たちばなの香かぐの木蔭こかげを行かねども皐月さつきは恋し遠居とほゐる人よ

 柱云ひぬ誰れ待ちたまふ春の夜を君はなよらに身じろぎがちに

 地はひとつ大白蓮だいびやくれんの花と見ぬ雪のなかより日ののぼる時

 三吉野みよしののさくら咲きけり帝王の上かみなきに似る春の花かな

 あるゆふべ燭しよくとり童わらは雨雲のかなたにかくれ皐月となりぬ

 恋人は現身げんしん後生ごしやうよしあしも分わかたず知らず君をこそたのめ

 夕にはゆきあふ子なき山なかに人の気すなりむらさきの藤

 遠き目に比叡ひえとも見たるいただきや大文字だいもんじあるおぼろ夜の山

 わが鏡たわつくらせし手枕たまくらを夢見るらしき髪うつるかな

 水仙を華鬘けまんにしたるなな少女をとめ氷まもりぬ山のみづうみ

 わが肩に春の世界のもの一つくづれ来しやと御手みてをおもひし

 ほととぎす赤城の山のすそにして野高き草の夕月夜かな

 君乗せし黄の大馬おほうまとわが驢馬ろばとならべて春の水見る夕

 黒けぶり青きけぶりとまろび出ぬ大船たいせんくると島の蔭かげより

 八月の湯槽ゆぶねに聞きしうぐひすの山をおもひぬ朝霧のまち

 思はるるわれとは無しに故ゆえもなくむつまじかりし日もありしかな

 天地あめつちのいみじき大事一人いちにんのわたくしごととかけて思はず

 あらし山名所の橋のはつ雪に七人ななたりわたる舞ごろもかな

 遠き火事見るとしもなきのろのろの人声すなり亥の刻の街まち

 ほととぎす東明しののめどきの乱声らんじやうに湖水は白き波立つらしも

 かたはらに自みづから知らぬひろき野のありて隠るるまぼろしの人

 何鳥か羽音はおとしてきぬあかつきの茜あかねのなかを使つかひのやうに

 まじものも夢も寄りこぬ白日はくじつに涙ながれぬ血のぼせければ

 誰れ留めて春の名残なごりの歌かかんこきくれなゐの七人の帯

 ませばこそ生きたるものは幸ひと心めでたく今日もありけれ

 われに似て玉の夜床よどこにぬるものと鶯をこそ思ひやりけれ

 女をなごをかし近衛このゑづかさは纓えい巻きて供奉ぐぶにぞまゐる伊勢物語

 羽はねじろの桜の童子ねぶりたり春の御国みくにのあけぼののさま

 こき梅をよしと思はぬ人の子をとらへてまゐれ紅衣こういの童わらは

 かへり見て母にならひし()(やまひ)すなとも云はず木太刀(きだち)()()

 戸をくれば厨くりやの水にありあけのうす月さしぬ山ざくら花

 夏の花原の黄菅きすげはあけぼのの山頂よりもやや明くして

 名なし草蚕子かふこの繭まゆに似る花を春雨ぬらし暮れにけるかな


『常夏』

 つややかに春の灯ならぶ円山へ法のりの灯ともる音羽おとはの山へ

 河がらす水食む赤き大牛をうつくしむごと飛びかふ夕

 わが心さびしき色に染むと見き火のごとしてふことのはじめに

 ものほしききたな心の附きそめし瞳ひとみと早も知りたまひけん

 ふと思ふ十とせの昔海見れば足のよろめく少女をとめなりし日

 むらさきの蝶夜てふよの夢に飛びかひぬふるさとにちる藤の見えけん

 薄すすきの穂矢にひく神か川くまのされ木を濡らす秋の日の雨

 十五じふご来ぬをしの雄鳥をとりの羽のごとき髪にむすばれわれは袖ふる

 来かぬを小雨ふる日はうぐひすも玉手さしかへ寐るやと思ふ

 これ天馬うち見るところ鈍のろの馬埴馬はにまのごときをかしさなれど

 一瞬に天あめに帰らん気色けそくすと云へども波は消えゆくものを

 少女子をとめごは御胸みむねに入りて一天下治むるごときこと執り申す

 上卿じやうけいはけうらのをとこひげ黒に藤傘するは山しろづかひ

 生れける新しき日にあらずして忘れて得たる新しき時

 朝の雲いざよふ下もとにしきしまの天子の花の山ざくら咲く

 臘月らふげつの来ると野寺のうしろ藪やぶ穂すすきばかり雪かづくかな

 君来ずてさびし三四の灯をうつす柱のもとの円まろかがみかな

 いつしかとえせ幸ひになづさひてあらん心とわれ思はねど

 花ぐさの原のいづくに金の家銀の家すや月夜こほろぎ

 風吹けば馬に乗れるも乗らざるもまばらに走わしる秋の日の原

 梅雨つゆさりぬ先づはなだ草初夏の瞳を上げてよろこびを云ふ

 天竺てんぢくの流沙りうしやに行くや春のみづ浪華なにはの街まちを西すみなみす

 ふるさとを恋ふるそれよりややあつき涙ながれきその初めの日

 二三騎は木の下したかげにはたはたと扇つかへり下賀茂の宮

 あぢきなく古き戸口に倚り臥しぬ香かをる衣ころもはかづくと云へど

 しらしらと涙のつたふ頬をうつし鏡はありぬ春の夕に

 粉黛ふんたいの仮かりといのちのある人と二あるがごとき生涯に入る

 思ふ人ある身はかなし雲わきて尽くる色なき大ぞらのもと

 いづくにか酸き酒もとめ食らへるにあらずや怪しきわが心ども

 高き屋にのぼる月夜のはださむみ髪の上より羅をさらに著ぬ

 朝がほの紅あけむらさきを一ひといろに染めぬわりなき秋の雨かな

 若き日の火中ほなかに立ちて相問ひしその極熱ごくねつのさかひにあらず

 起きよと云ふいづれの王ぞこたふらく鶯飼へる御内みうちの少女をとめ

 白き菊ややおとろへぬ夕には明眸めいぼううるむ人のごとくに

 仁和寺にんなじのついぢのもとの青よもぎ生ふやと君の問ひたまふかな

 紫の藤ばな散りぬ青の羽よきつばくらの出づさ入るさに

 火の中のきはめて熱き火の一つ枕にするがごとく頬もえぬ

 加茂川の石みな濡るるむつかしと人を呼ぶなり夏の日の雨

 いのち死なぬ神のむすめは知らねどもこの世に永く契りこしかな

 わが産屋うぶや野馬やばのあそびに来ぬやうに柵さくつくらせぬしら菊の花

 ももいろの靄もやのなかより春二日竜王の女ぢよの涙ふるかな

 あかつきの天あめの藤原ほの見えてわか紫のたな雲立つも

 押しへされ野ばらの花はありきとよあづけし人にたまふことづて

 蘆あしの湖うみいく杉むらの紺青こんじやうの下にはつかにわが見てし時

 みづうみの底より生おふる杉むらにひぐらし鳴きぬ箱根路くれば


『佐保姫』

 撥ばちに似るもの胸に来てかきたたきかきみだすこそくるしかりけれ

 男にて鉢はちたたきにもならましを憂しともかこちうらめしと云ふ

 ものがたり二なき上手じやうずの話よりもののあはれを思ひ知りにき

 見るかぎり絵などに書きておきたまへ一ひといろならぬ心の人を

 あさましく雨のやうにも花おちぬわがつまづきし一もと椿つばき

 わが前に紅あかき旗もつ禁衛きんゑいの一人と君をゆるしそめにし

 朝顔の蔓つるきて髪に花咲かば寐てありなまし秋暮るるまで

 三尺さんじやくのたななし小舟をぶね大洋おほわだにおのれ浮沈す人あづからず

 恋をしていたづらになる命より髪の落つるは惜しくこそあれ

 やごとなき君王くんわうの妻にひとしきは我がごと一人思はるること

 夕風や煤すすのやうなる生きもののかはほり飛べる東大寺かな

 むらさきの水したたりぬ手を重ね我がある岩の前の岩より

 かなしさに枕も呼ばずわが寐れば畳の濡れつ初秋の昼

 あざやかに漣さざなみうごくしののめの水のやうなるうすものを著ぬ

 白蘭びやくらんの園に麒麟きりんを放つ日ももののはかなき歎なげきをぞする

 秋の雨わたり二間にけんのわたどのの洞ほらの中より灯を執りてきぬ

 冬の夜を半夜はんやいねざる暁あかつきのこころは君にしたしくなりぬ

 人捨つるわれと思はずこの人に今重き罪申しおこなふ

 美しき大阪人おほさかびととただ二人ふたり乗りたる汽車の二駅ふたえきのほど

 見えぬもの来てわれ教ふ朝夕に閻浮えんぶ檀金だごんの戸のすきまより

 ゆきかへり八幡筋はちまんすぢのかがみやの鏡に帯をうつす子なりし

 秋立つや鶏頭けいとうのはな二三本まじる草生くさふに蛇打つおきな

 ちかひごとわが守る日は神に似ぬすこし忘れてあれば魔に似る

 さきに恋ひさきにおとろへ先に死ぬ女をみなの道にたがはじとする

 大寺の石の御廊みらうにひざまづく瞽女ごぜのやうにも指組む夕ゆふべ

 水無月みなづきのあつき日中ひなかの大寺の屋根より落ちぬ土のかたまり

 月見草つきみぐさ花のしをれし原行けば日のなきがらを踏むここちする

 水へだて鼠ねずみつばなの花投ぐることばかりして飽かざりしかな

 元朝ぐわんてうや馬に乗りたるここちしてわれは都みやこの日本橋ゆく

 いただきの松の雪ふるあらし山春の初めに君を見るかな

 焼鉛やきなまり背にそそがれしいにしへの刑にもまさるこらしめを受く

 左にて小刀つかひ木の実など彫りける兄とはやく別れき

 いつやらんわがため悪しき人生みし天地あめつちおもひ涙ながるる

 牡蠣(かき)くだく人の十人(とたり)も並べるは夢想(むさう)兵衛(ひゃうゑ)のものがたりめく

 むつかしき謎をもてこし憎さより君と遊ばずなりにけるかな

 うまごやしこれらの低き草も吹く秋風なれば身に沁みにけり

 さうび散る君恋ふる人やまひしてひそかに知りぬ死の趣を

 静かなる相模さがみの海の底にさへ鱶ふかむと云ふなほよりがたし

 子らの衣きぬ皆あたらしく美しき皐月さつき一日ついたち花あやめ咲く

 おどけたる一寸法師舞ひいでよ秋の夕ゆふべのてのひらの上

 わがひぢに血ぬるは小ちさき蚊の族ぞうもすると仇かたきをさそひけるかな

 花かをる園に覚めたる少女子をとめごは君が心におくれてむくゆ

 輦てぐるまの宣旨せんじこれらの世の人のうらやむものをわれもうらやむ

 白麻しらあさに千鳥染めたる夜のものをあさましからず被かづける少女をとめ

 ある時のありのすさびもあはれなるもの思ひとはなりにけるかな

 雨がへる手まりの花のかたまりの下に啼くなるすずしき夕

 男きて狎れがほに寄る日を思ひ恋することはものうくなりぬ

 うき指にうす墨ずみちりぬ思ふこと恨むことなど書きやめて寐ん

 たをやめは面おもがはりせず死ぬ毒と云ふ薬見て心まよひぬ

 わが心ひと時あまり青めりと聞かんばかりにそむきしや彼れ

 長椅子に膝ひざをならべて何するや恋しき人と物おもひする

 君に文ふみ書かんと借りしみよし野の竹林院ちくりんゐんの大硯おほすずりかな

 夏の日もありのすさびと云ふことを知らぬ輩は毛ごろもを著る

 一しずく髪に落つれば全身の濡れとほるらん水にたへたり

 踏むところ沙阪すなさかにして松はみな黒きかげおく有明ありあけ月夜づくよ

 はかなごと七つばかりも重なればはなれがたかり朝の小床をどこ

 朝顔の枯葉を引けば山茶花さざんくわのつぼみぞ見ゆる秋のくれがた

 いもうとと七夕たなばたの笹二つ三つながるる川の橋を行くかな

 島の家いへひとも木草きくさもくろからんかく思ひけり黒き島見て

 神ありて結ぶと云ふは二人居て心のかよふことを云ふらん

 ことばもてそしりありきぬ反そむくとはすこしはげしく思ふことかな

 いとあつき火の伽具かぐつちのことばとも知らずほのかに心染めてき

 人の世にまた無しと云ふそこばくの時の中なる君とおのれと

 たとへなばさしひきも無きみち潮の上にのどかに君はある船

 いにしへの和泉式部いづみしきぶにもの云ひし加茂の祝はふりはわれを見知らず

 頂いただきにありあけ月の残りたるいとほのかなるあらし山かな

 手にちかくたやすきは皆人とりぬ千ひろの底の玉は誰がこと

 うす紅べにの楕円の貝を七つ八つてのひらに載せものを思へる

 君きぬと五いつつの指にたくはへしとんぼはなちぬ秋の夕ぐれ

 ほのかにもかねて心にありし絵のもの云ひにこし夜とおもひぬ

 わが髪の裾すそにさやさや風かよふ八畳の間の秋の夕ぐれ

 文のから君の心をいと多くたくはへつると涙こぼれぬ


『春泥集』

 一人いちにんはなほよしものを思へるが二人ふたりあるより悲しきは無し

 楽しみはつねに変ると云ふ如く桃いろの衣きぬうはじろみつつ

 遠方をちかたのものの声よりおぼつかなみどりの中のひるがほの花

 さてもなほ余所よそにならじと頼むこと古きならひとなりにけるかな

 秋くれば腹立つことも苦しきも少ししづまるうつし世ながら

 あかつきの竹の色こそめでたけれ水の中なる髪に似たれば

 雨雲のややとぎれたる日に見出づ草の中なる白菊の花

 男をも灰の中より拾ひつる釘くぎのたぐひに思ひなすこと

 朝顔の小さき花はうらがなし恋しき人の三十路みそぢするより

 赤蜻蛉あかあきつ風に吹かれて十とをあまりまがきの中に渦巻を描く

 ひんがしに月の出づれば一人いちにんの秋の男は帆ばしらを攀

 たでの花簾すだれにさすと寐ておもふ日のくれ方の夏の虹にじかな

 よそごとに涙こぼれぬある時のありのすさびにひき合せつつ

 戸あくればニコライの壁わが閨ねやにしろく入りくる朝ぼらけかな

 起き臥しに悩むはかなき心より萩などのいとつよげなるかな

 山の上氷こほれる池をかこみたる常磐木ときはぎを吹く初春のかぜ

 はかなかるうつし世びとの一人をば何にも我れは換へじと思へる

 大鏡ひとつある間に初秋のあかつきの風しのびきたりぬ

 残りなく皆ことごとく忘れんと苦しきことを思ひ立ちにき

 獅子王に君はほまれをひとしくすよろこぶ時も悲しむ時も

 わがよはひ盛りになれどいまだかの源氏の君の問ひまさぬかな

 夏の夜は馬車して君に逢ひにきぬ無官の人のむすめなれども

 十月は思ふ男の定まれるあとの如くにのどかなるかな

 たえず来て石の槌つちもて胸を打つ強きこころの君におもはる

 むらさきと白と菖蒲あやめは池に居ぬこころ解けたるまじらひもせで

 なほ人に逢はんと待つやわが心夕ゆふべとなれば黄なる灯ともる

 ほととぎす白き袷あはせの裾ならべ五人いつたりいます法華寺ほっけじの衆

 朝顔は一つなれども多く咲く明星みやうじやういろの金盞花きんせんくわかな

 蜂蜜はちみつの青める玻璃はりのうつはより初秋きたりきりぎりす鳴く

 わが机袖そでにはらへどほろろ散る女郎花をみなへしこそうらさびしけれ

 相よりてものの哀れを語りつとほのかに覚ゆそのかみのこと

 あなさびし灯ともし頃ごろのくりいろの廊わたどのを吹くなり初秋のかぜ

 あらかじめ思はぬことに共に泣くかるはずみこそうれしかりけれ

 わが頼む男の心うごくより寂しきはなし目には見えねど

 山中のはりがね橋も露に濡れはつ夏の夜の明けにけるかな

 夏の花みな水晶にならんとすかはたれ時の夕立のなか

 火のありと障子を川に投げ入るる人のはしこき秋の夕ぐれ

 うすぐらき鉄格子てつがうしより熊の子が桃いろの足いだす雪の日

 いつしかと紫の藤ちるごとくおとろふること今にいたりぬ

 水仙は白妙しろたへごろもきよそへど恋人持たず香かうのみを焚

 春の日となりて暮れまし緑金りよくこんの孔雀くじやくの羽となりて散らまし


『青海波せいがいは

 菊の助きくの模様のふり袖の肩脱がぬまに幕となれかし

 うとましや紛まぎるることの日に多く恋も妬ねたみも姿さだめず

 この年の春より夏へかはる時病やまひののちのおち髪ぞする

 梢こずゑより音して落つる朴ほほの花白く夜明くるここちこそすれ

 水いろの麻のしとねにあけがたのいたづら臥ぶしの手も指も冷

 やはらかに心の濡るる三月の雪解ゆきげの日よりむらさきを著る

 椿つばき踏む思へるところある如く大き音たて落つる憎さに

 初秋は王の画廊に立つごとし木にも花にも金粉きんぷんを塗る

 水色に塗りたる如きおほぞらと白き野菊のつづく路みちかな

 ことごとく因縁いんえん和合わがふなしつると思へる家もときに寂しき

 見て足らず取れども足らず我が恋は失ひて後のち思ひ知るらん

 七八ななやとせ京大阪を見ずなりぬ遠き島にも住まなくにわれ

 花引きて一たび嗅げばおとろへぬ少女心をとめごころの月見草かな

 東京に雪雲くれば遠をちかたをふたがるるごと急ぎ文かく

 木の下もとに落ちて青める白椿われの湯浴ゆあみに耳をかたぶく

 三尺のやなぎを折れば大馬に春は女おなごものらまほしけれ

 やうやくに思ひあたれる事ありや斯くものをとふ秋の夕風

 雲流るおほくの人に覗のぞかれてはや書がきをする文の如くに

 あながちに忍びて書きしあと見ればわが文ながら涙こぼるる

 寛弘くわんこうの女房達に値あたひすとしばしば聞けばそれもうとまし

 めでたきもいみじきことも知りながら君とあらむと思ふ欲勝つ

 あけくれの鶯うぐひすの声きさらぎの春の面おもてにうきぼりをする

 何ごとに思ひ入りたる白露しらつゆぞ高き枝よりわななきてちる

 吉原の火事のあかりを人あまた見る夜のまちの青柳あをやぎの枝

 蝶てふひとつ土ぼこりより現れて前に舞ふ時君をおもひぬ

 水草に風の吹く時緋目高ひめだかは焼けたる釘のここちして散る

 枝などを髪の如くにうち乱し流るる木あり大河のあめ

 人並ひとなみに父母を持つ身のやうにわがふるさとをとひ給ふかな

 幾とせも仰あふがでありし心地しぬ翡翠ひすいの色の初秋のそら

 錫すずとなり銀しろがねとなりうす赤きあかぎの原を水の流るる

 秋の夜の灯かげに一人もの縫へば小き虫のここちこそすれ

 大世界あをき空より来るごとつぼみをつけぬ春の木蓮もくれん

 天王寺田舎の人の一つ撞く鐘の下より涼すずかぜの吹く

 渚なぎさなる廃すたれし船に水みちてしろくうつれる初秋のそら

 煤すすびたる太き柱に吊りわたす蚊帳かやに入りくる水の音かな

 見つつなほもの哀れなる日もありぬ逢はで気あがる日もありぬ我

 芝居よりかへれば君が文つきぬわが世もたのしかくの如くば

 藤の花わが手にひけばこぼれたりたよりなき身の二人ある如ごと

 うき草の中より魚うをのいづるごと夏木立なつこだちをば上のぼりくる月

 せはしげに金きんのとんぼのとびかへる空ひややかに日のくれて行く

 しろき月木立にありぬうらわかき男の顔のぬれし心地ここち

 飽くをもて恋の終と思ひしに此このさびしさも恋のつづきぞ

 相あひあるを天変さとし人騒ぎ君は泣く泣く海わたりけん

 いと重き病するなりわが心君ありし日に思ひくらべて

 ねがはくば君かへるまで石としてわれ眠らしめメヅサの神よ

 おのれこそ旅ごこちすれ一人ゐる昼のはかなさ夜のあぢきなさ

 おなじ世のこととは何のはしにさへ思はれがたき日をも見るかな

  與謝野晶子(一八七八―一九四二)大阪府堺市生まれ。
 作歌は『乱れ髪』以降五万首をこえる。
 この『与謝野晶子歌集』は昭和九年までの全歌集から
 自撰した約三千首からなり、昭和一三年に刊行された。


 乱れ髪14首 小扇10首 毒草5首 恋ごろも25首 舞姫81首 夢之華44首 常夏45首 佐保姫72首 春泥集41首 青海波47首 戻る