一握の砂 石川啄木 目録

手套を脱ぐ時

 手套を脱ぐ手 ふと休む 何やらむ こころかすめし思ひ出のあり

 いつしかに 情をいつはること知りぬ 髭を立てしもその頃なりけむ

 朝の湯の 湯槽のふちにうなじ載せ ゆるく息する物思ひかな

 夏来れば うがひ薬の 病ある歯に沁む朝のうれしかりけり

 つくづくと手をながめつつ おもひ出でぬ キスが上手の女なりしが

 さびしきは 色にしたしまぬ目のゆゑと 赤き花など買はせけるかな

 新しき本を買ひ来て読む夜半の そのたのしさも 長くわすれぬ

 旅七日 かへり来ぬれば わが窓の赤きインクの染みもなつかし

 古文書のなかに見いでし よごれたる 吸取紙をなつかしむかな

 手にためし雪の融くるが ここちよく わが寐飽きたる心には沁む

 薄れゆく障子の日影 そを見つつ こころいつしか暗くなりゆく

 ひやひやと 夜は薬の香のにほふ 医者が住みたるあとの家かな

 窓硝子 塵と雨とに曇りたる窓硝子にも かなしみはあり

 六年ほど日毎日毎にかぶりたる 古き帽子も 棄てられぬかな

 こころよく 春のねむりをむさぼれる 目にやはらかき庭の草かな

 赤煉瓦遠くつづける高塀の むらさきに見えて 春の日ながし

 春の雪 銀座の裏の三階の煉瓦造に やはらかに降る

 よごれたる煉瓦の壁に 降りて融け降りては融くる 春の雪かな

 目を病める 若き女の倚りかかる 窓にしめやかに春の雨降る

 あたらしき木のかをりなど ただよへる 新開町の春の静けさ

 春の街 見よげに書ける女名の 門札などを読みありくかな

 そことなく 蜜柑の皮の焼くるごときにほひ残りて 夕となりぬ

 にぎはしき若き女の集会の こゑ聴き倦みて さびしくなりたり

 何処やらに 若き女の死ぬごとき悩ましさあり 春の霙降る

 コニャックの酔ひのあとなる やはらかき このかなしみのすずろなるかな

 白き皿 拭きては棚に重ねゐる 酒場の隅のかなしき女

 乾きたる冬の大路の 何処やらむ 石炭酸のにほひひそめり

 赤赤と入日うつれる 河ばたの酒場の窓の 白き顔かな

 新しきサラドの皿の 酢のかをり こころに沁 みてかなしき夕

 空色の罎より 山羊の乳をつぐ 手のふるひなどいとしかりけり

 すがた見の 息のくもりに消されたる 酔ひうるみの眸のかなしさ

 ひとしきり静かになれる ゆふぐれの 厨にのこるハムのにほひかな

 ひややかに罎のならべる棚の前 歯せせる女を かなしとも見き

 やや長きキスを交して別れ来《き》し 深夜の街の 遠き火事かな

 病院の窓のゆふべの ほの白き顔にありたる 淡き見覚え

 何時なりしか かの大川の遊船に 舞ひし女をおもひ出にけり

 用もなき文など長く書きさして ふと人こひし 街に出てゆく

 しめらへる煙草を吸へば おほよその わが思ふことも軽くしめれり

 するどくも 夏の来るを感じつつ 雨後の小庭の土の香を嗅ぐ

 すずしげに飾り立てたる 硝子屋の前にながめし 夏の夜の月

 君来るといふに夙く起き 白シャツの 袖のよごれを気にする日かな

 おちつかぬ我が弟の このごろの 眼のうるみなどかなしかりけり

 どこやらに杭打つ音し 大桶をころがす音し 雪ふりいでぬ

 人気なき夜の事務室に けたたましく 電話の鈴の鳴りて止みたり

 目さまして ややありて耳に入り来る 真夜中すぎの話声かな

 見てをれば時計とまれり 吸はるるごと 心はまたもさびしさに行く

 朝朝の うがひの料の水薬の 罎がつめたき秋となりにけり

 夷かに麦の青める 丘の根の 小径に赤き小櫛ひろへり

 裏山の杉生のなかに 斑なる日影這ひ入る 秋のひるすぎ

 港町 とろろと鳴きて輪を描く 鳶を圧せる 潮ぐもりかな

 小春日の曇硝子にうつりたる 鳥影を見て すずろに思ふ

 ひとならび泳げるごとき 家家の高低の軒に 冬の日の舞ふ

 京橋の滝山町の 新聞社 灯ともる頃のいそがしさかな

 よく怒る人にてありしわが父の 日ごろ怒らず 怒れと思ふ

 あさ風が電車のなかに吹き入れし 柳のひと葉 手にとりて見る

 ゆゑもなく海が見たくて 海に来ぬ こころ傷みてたへがたき日に

 たひらなる海につかれて そむけたる 目をかきみだす赤き帯かな

 今日逢ひし町の女の どれもどれも 恋いにやぶれて帰るごとき日

 汽車の旅 とある野中の停車場の 夏草の香のなつかしかりき

 朝まだき やっと間に合ひし初秋の旅出の汽車の 堅き麺麭かな

 かの旅の夜汽車の窓に おもひたる 我がゆくすゑのかなしかりしかな

 ふと見れば とある林の停車場の時計とまれリ 雨の夜の汽車

 わかれ来て 燈火小暗き夜の汽車の窓に弄ぶ 青き林檎よ

 いつも来る この酒肆のかなしさよ ゆふ日赤赤と酒に射し入る

 白き蓮沼に咲くごとく かなしみが 酔ひのあひだにはっきりと浮く

 壁ごしに 若き女の泣くをきく 旅の宿屋の秋の蚊帳かな

 取りいでし去年の袷の なつかしきにほひ身に沁む 初秋の朝

 気にしたる左の膝の痛みなど いつか癒りて 秋の風吹く

 売り売りて 手垢きたなきドイツ語の辞書のみ残る 夏の末かな

 ゆゑもなく憎みし友と いつしかに親しくなりて 秋の暮れゆく

 赤紙の表紙手擦れし 国禁の 書を行李の底にさがす日

 売ることを差し止められし 本の著者に 路にて会へる秋の朝かな

 今日よりは 我も酒など 呷らむと思へる日より 秋の風吹く

 大海の その片隅につらなれる島島の上に 秋の風吹く

 うるみたる目と 目の下の黒子のみ いつも目につく友の妻かな

 いつ見ても 毛糸の玉をころがして 韈を編む女なりしが

 葡萄色の 長椅子の上に眠りたる猫ほの白き 秋のゆふぐれ

 ほそぼそと 其処ら此処らに虫の鳴く 昼の野に来て読む手紙かな

 夜おそく戸を繰りをれば 白きもの庭を走れり 犬にやあらむ

 夜の二時の窓の硝子を うす紅く 染めて音なき火事の色かな

 あはれなる恋かなと ひとり呟きて 夜半の火桶に炭添へにけり

 真白なるラムプの笠に 手をあてて 寒き夜にする物思ひかな

 水のごと 身体をひたすかなしみに 葱の香などのまじれる夕

 時ありて 猫のまねなどして笑ふ 三十路の友のひとり住みかな

 気弱なる斥候のごとく おそれつつ 深夜の街を一人散歩す

 皮膚がみな耳にてありき しんとして眠れる街の 重き靴音

 夜おそく停車場に入り 立ち坐り やがて出でゆきぬ帽なき男

 気がつけば しっとりと夜霧下りて居り ながくも街をさまよへるかな

 若しあらば煙草恵めと 寄りて来る あとなし人と深夜に語る

 曠野より帰るごとくに 帰り来ぬ 東京の夜をひとりあゆみて

 銀行の窓の下なる 舗石の霜にこぼれし 青インクかな

 ちょんちょんと とある小藪に頬白の遊ぶを眺む 雪の野の路

 十月の朝の空気に あたらしく 息吸ひそめし赤坊のあり

 十月の産病院の しめりたる 長き廊下のゆきかへりかな

 むらさきの袖垂れて 空を見上げゐる支那人ありき 公園の午後

 孩児の手ざはりのごとき 思ひあり 公園に来てひとり歩めば

 ひさしぶりに公園に来て 友に会ひ 堅く手握り口疾に語る

 公園の木の間に 小鳥あそべるを ながめてしばし憩ひけるかな

 暗れし日の公園に来て あゆみつつ わがこのごろの衰へを知る

 思出のかのキスかとも おどろきぬ プラタヌの葉の散りて触れしを

 公園の隅のベンチに 二度ばかり見かけし男 このごろ見えず

 公園のかなしみよ 君の嫁ぎてより すでに七月来しこともなし

 公園のとある木蔭の捨椅子に  思ひあまりて 身をば寄せたる

 忘られぬ顔なりしかな 今日街に 捕吏にひかれて笑める男は

 マチ擦れば 二反ばかりの明るさの 中をよぎれる白き蛾のあり

 目をとぢて 口笛かすかに吹きてみぬ 寐られぬ夜の窓にもたれて

 わが友は 今日も母なき子を負ひて かの城址にさまよへるかな

 夜おそく つとめ先よりかへり来 て 今死にしてふ児を抱けるかな

 二三こゑ いまはのきはに微かにも泣きしといふに なみだ誘はる

 真白なる大根の根の肥ゆる頃 うまれて やがて死にし児のあり

 おそ秋の空気を 三尺四方ばかり 吸ひてわが児の死にゆきしかな

 死にし児の 胸に注射の針を刺す 医者の手もとにあつまる心

 底知れぬ謎に対ひてあるごとし 死児のひたひに またも手をやる

 かなしみのつよくいたらぬ さびしさよ わが児のからだ冷えてゆけども

 かなしくも 夜明くるまでは残りゐぬ 息きれし児の肌のぬくもり