一握の砂 石川啄木 目録

秋風のこころよさに

 ふるさとの空遠みかも 高き屋にひとりのぼりて 愁ひて下る

 皎として玉をあざむく小人も 秋来といふに 物を思へり

 かなしきは 秋風ぞかし 稀にのみ湧きし涙の繁に流るる

 青に透く かなしみの玉に枕して 松のひびきを夜もすがら聴く

 神寂びし七山の杉 火のごとく染めて日入りぬ 静かなるかな 

 そを読めば 愁ひ知るといふ書焚ける いにしへ人の心よろしも

 ものなべてうらはかなげに 暮れゆきぬ とりあつめたる悲しみの日は

 水潦 暮れゆく空とくれなゐの紐を浮べぬ 秋雨の後

 秋立つは水にかも似る 洗はれて 思ひことごと新しくなる

 愁ひ来て 丘にのぼれば 名も知らぬ鳥啄めり赤き茨の実

 秋の辻 四すぢの路の三すぢへと吹きゆく風の あと見えずかも

 秋の声まづいち早く耳に入る かかる性持つ かなしむべかり

 目になれし山にはあれど 秋来れば 神や住まむとかしこみて見る

 わが為さむこと世に尽きて 長き日を かくしもあはれ物を思ふか

 さららさらと雨落ち来り 庭の面の濡れゆくを見て 涙わすれぬ

 ふるさとの寺の御廊に 踏みにける 小櫛の蝶を夢にみしかな

 こころみに いとけなき日の我となり 物言ひてみむ人あれと思ふ

 はたはたと黍の葉鳴れる ふるさとの軒端なつかし 秋風吹けば

 摩れあへる肩のひまより はつかにも見きといふさへ 日記に残れり

 風流男は今も昔も 淡雪の 玉手さし捲く夜にし老ゆらし

 かりそめに忘れても見まし 石だたみ 春生ふる草に埋るるがごと

 その昔揺藍に寝て あまたたび夢にみし人か 切になつかし

 神無月 岩手の山の 初雪の眉にせまりし朝を思ひぬ

 ひでり雨さらさら落ちて 前栽の 萩のすこしく乱れたるかな

 秋の空廓寥として影もなし あまりにさびし 烏など飛べ

 雨後の月 ほどよく濡れし屋根瓦の そのところどころ光るかなしさ

 われ饑ゑてある日に 細き尾を掉りて 饑ゑて我を見る犬の面よし

 いつしかに 泣くといふこと忘れたる 我泣かしむる人のあらじか

 汪然として ああ酒のかなしみぞ我に来れる 立ちて舞ひなむ

 いとど鳴く そのかたはらの石に踞し 泣き笑ひしてひとり物言ふ

 力なく病みし頃より 口すこし開きて眠るが 癖となりにき

 人ひとり得るに過ぎざる事をもて 大願とせし 若きあやまち

 物怨ずる そのやはらかき上目をば 愛づとことさらつれなくせむや

 かくばかり熱き涙は 初恋の日にもありきと 泣く日またなし

 長く長く忘れし友に 会ふごとき よろこびをもて水の音聴く

 秋の夜の 鋼鉄の色の大空に 火を噴く山もあれなど思ふ

 岩手山 秋はふもとの三方の 野に満つる虫を何と聴くらむ

 父のごと秋はいかめし 母のごと秋はなつかし 家持たぬ児に

 秋来れば 恋ふる心のいとまなさよ 夜もい寝がてに雁多く聴く

 長月も半ばになりぬ いつまでか かくも幼く打出でずあらむ

 思ふてふこと言はぬ人の おくり来し 忘れな草もいちじろかりし

 秋の雨に逆反りやすき弓のごと このごろ 君のしたしまぬかな

 松の風夜昼ひびきぬ 人訪はぬ山の祠の 石馬の耳に

 ほのかなる朽木の香り そがなかの蕈の香りに 秋やや深し

 時雨降るごとき音して 木伝ひぬ 人によく似し森の猿ども

 森の奥 遠きひびきす 木のうろに臼ひく侏儒の国にかも来し

 世のはじめ まづ森ありて 半神の人そが中に火や守りけむ

 はてもなく砂うちつづく 戈壁の野に住みたまふ神は 秋の神かも

 あめつちに わが悲しみと月光と あまねき秋の夜となれりけり

 うらがなしき 夜の物の音洩れ来るを 拾ふがごとくさまよひ行きぬ

 旅の子の ふるさとに来て眠るがに げに静かにも冬の来しかな