愛 鷹  若山牧水 目録

愛鷹山の根に湧く雲をあした見つ ゆふべ見つ夏のをはりとおもふ

明がたの山の根に湧く眞白雲 わびしきかなやとびとびに涌く

畑なかの小みちを行くとゆくりなく 見つつかなしき天の川かも

うるほふとおもへる衣の裾かけて ほこりはあがる月夜の路に

天の川さやけく澄みぬ小夜更けて さし昇る月の影は見えつつ

走り穗の見ゆる山田の畔ごとに 若木の木槿咲きならびたり

畑の隈風よけ垣の木槿の花 むらさき深く咲き出でにけり

駿河なる沼津より見れば富士が嶺の 前に垣なせる愛鷹の山

大君の御料の森は愛鷹の 百重なす襞にかけてしげれり

大君の持たせるからに神代なす 繁れる森を愛鷹は持つ

この山のなだれに居りて見はるかす 幾重の尾根は濃き森をなせり

蜘蛛手なす老木の枝はくろがねの いぶれるなして落葉せるかも

時すぎて今はすくなき奧山の 木の間の紅葉かがやけるかな

高山に登り仰ぎ見たか山の 高き知るとふ言のよろしさ

天地の霞みをどめる春の日に 聳えかがやくひとつ富士が嶺

くもり日は頭重かるわが癖の けふも出で來て歩む松原

わがこころ澄みゆく時に詠む歌か 詠みゆくほどに澄めるこころか