梅の花 櫻の花  若山牧水  目録

きさらぎは梅咲くころは年ごとに われのこころのさびしかる月

年ごとにする驚きよさびしさよ 梅の初花を今日見出でたり

梅咲けばわがきその日もけふの日も なべてさびしく見えわたるかな

梅の花はつはつ咲けるきさらぎは ものぞおちゐぬわれのこころに

(あかり)暮れおそきけふの春の日の 空のしめりに櫻咲きたり

雨過ぎししめりのなかにわが庭の 櫻しばらく散らであるかな

ひややけき風をよろしみ窓あけて 見てをれば櫻しじに散りまふ

春の日のひかりのなかにつぎつぎに 散りまふ櫻かがやけるかな

うす紅に葉はいちはやく萌え出でて 咲かむとすなり山ざくら花

花も葉も光りしめらひわれのうへに 笑み傾ける山ざくら花

かき坐る道ばたの芝は枯れたれや すわりてあふぐ山ざくら花

うらうらと照れるひかりにけぶりあひて
             咲きしづもれる山ざくら花

刈りならす枯萱山の山はらに 咲きかがよへる山ざくら花