暮鐘 土井晩翠 索引
森のねぐらに夕鳥を
麓の里に旅人を
静けき墓になきがらを
夢路の暗にあめつちを
送りて響け暮の鐘。

春千山の花ふゞき
秋落葉の雨の音
誘ふて世々の夕まぐれ
却風ともに鳴りやまず。

天の反響地の叫び
恨の声か慰めか
過ぐるを傷む悲みか
来るを招く喜びか
無常をさとすいましめか
望を告ぐる法音か。

友高楼のおばしまに
別れの袂重きとき
露荒涼の城あとに
懐古の思しげきとき
聖者静けき窓の戸に
無象の(そら)を思ふとき
大空高く声あげて
今はと叫ぶ暮の鐘。

人住むところ行くところ
嘆と死とのあるところ
歌と楽とのあるところ
涙悲憂きなやみ
笑喜びたのしみと
互に移りゆくところ、
都大路の花のかげ
白雲深き鄙の里
白波寄する荒磯辺、
無心の稚子の耳にしも
無声の塚の床にしも
等しく響く暮の鐘。

雲飄揚の身はひとり
五城楼下の春遠く
都の空にさすらひつ
思しのぶが岡の上
われも夕の鐘を聞く。

鐘の響きに夕がらす
入日名残の影薄き
あなたの森にゐるがごと
むらがりたちて淀みなく
そゝろに起るわが思ひ。

静まり返る大ぞらの
波をふたゝびゆるがして

雲より雲にどよみゆく
余韻かすかに程遠く
浮世の耳に絶ゆるとも
しるや無象の天の外
下界の夢のうはごとを
名残の鐘にきゝとらん
高き尊き霊ありと。

天使の群をかきわけて
昇りも行くか「無限」の座
鐘よ、光の門の戸に
何とかなれの叫ぶらむ、
下界の暗は厚うして
聖者の憂絶えずとか
浮世の花は脆うして
詩人の涙涸れずとか。

長く、かすけく、また遠く
今はたつゞく一ひゞき
呼ぶか閻浮の魂の声
かの永劫の深みより、
「われも浮世のあらし吹く
波間にうきし一葉舟
入江の春は遠くして
舟路半ばに沈みぬ」と。

恨みなはてぞ世の運命、
無限の未来後にひき
無限の過去を前に見て
我いまこゝに惑あり
はたいまこゝに望あり、
笑、たのしみ、うきなやみ
暗と光と織りなして
歌ふ浮世の一ふしも
いざ響かせむ暮の鐘、
先だつ魂に来ん魂に
かくて思をかはしつゝ
流一筋大川の
泉と海とつなぐごと。

吹くや東の夕あらし
寄するや西の雲の波
かの(なか)(ぞら)に集りて
しばしは共に言もなし
ふたつ再び別るとき
「秘密」と彼も叫ぶらむ。

人生、理想、はた秘密
詩人の夢よ迷よと
我笑ひしも幾たびか、
まひるの光りかゞやきて
望の星の消ゆるごと
浮世の塵にまみれては
罪か(けがら)かわれ知らず。

其塵深き人の世の
夕暮ごとに声あげて
無限、永劫神の世を
警しめ告ぐる鐘の音、
源流すでに遠くして
(だく)()を揚ぐる末の世に
無言の教宣りつゝも
有情の涙誘へるか。

祇園精舎の(のき)朽ちて
葷酒の香のみ高くとも
セント、ソヒヤの塔荒れて
福音俗に媚ぶるとも
聞けや夕の鐘のうち
霊鷲橄欖いにしへの
高き尊き法の声。

天地有情の夕まぐれ
わが(さん)(らん)の夢さめて
風楼いつか跡もなく
花もにほひも夕月も
うつゝは(もろ)き春の世や
()(のえ)の霞たちきりて
縫へる仙女の綾ごろも
袖にあらはしつらくとも
「自然」の胸をゆるがして
響く微妙の楽の声
その一音はこゝにあり。

天の荘厳地の美麗
花かんばしく星てりて
「自然」のたくみ替らねど
わづらひ世々に絶えずして
理想の夢の消ゆるまは
たえずも響けとこしへに
地籟天籟身に兼ぬる
ゆふ入相の鐘の声。

「天地有情」(明治三二)所収

 解 説