星落秋風五丈原 土井晩翠 索引
   一

祁山悲秋の風更けて
陣雲暗し五丈原
零露の文は繁くして
草枯れ馬は肥ゆれども
蜀軍の旗光無く
鼓角の音も今しづか

丞相病あつかりき

清渭の流れ水やせて
むせぶ非情の秋の聲
夜は關山の風泣いて
暗に迷ふかかりがねは
令風霜の威もすごく
守る諸營の垣の外

丞相病あつかりき

帳中眠かすかにて
短檠光薄ければ
こゝにも見ゆる秋の色
銀甲堅くよろえども
見よや待衞の面かげに
無限の愁溢るゝを

丞相病あつかりき

風塵遠し三尺の
剣は光曇らねど
秋に傷めば松柏の
色もおのづとうつろふを
漢騎十萬今さらに
見るや故郷の夢いかに

丞相病あつかりき

夢寐に忘れぬ君王の
いまわの御こと畏みて
心を焦がし身をつくす
暴露のつとめ幾とせか
今落葉の雨の音
大樹ひとたび倒れなば
漢室の運はたいかに

丞相病あつかりき

四海の波瀾收まらで
民は苦み天は泣き
いつかは見なん太平の
心のどけき春の夢
群雄立ちてことごとく
中原鹿を爭ふも
たれか王者の師を學ぶ

丞相病あつかりき

末は黄河の水濁る
三代の源遠くして
伊周の跡は今いづこ
道は衰へ文弊れ
管仲去りて九百年
樂毅滅びて四百年

丞相病あつかりき

末は黄河の水濁る
三代の源遠くして
伊周の跡は今いづこ
道は衰へ文弊れ
管仲去りて九百年
樂毅滅びて四百年

丞相病あつかりき

末は黄河の水濁る
三代の源遠くして
伊周の跡は今いづこ
道は衰へ文弊れ
管仲去りて九百年
樂毅滅びて四百年
誰か王者の治を思ふ

丞相病あつかりき

   二

嗚呼南陽の舊草廬
二十餘年のいにしえの
夢はたいかに安かりし
光を包み香をかくし
隴畝に民と交われば
王佐の才に富める身も
たゞ一曲の梁父吟

閑雲野鶴雲(ひろ)
風に嘯く身はひとり
月を湖上に碎きては
ゆくへ波間の舟ひと葉
ゆふべ暮鐘に誘はれて
訪ふは山寺の松の影

江山さむるあけぼのゝ
雪に驢を驅る道の上
寒梅痩せて春早み
幽林風を穿つとき
伴は野鳥の暮の歌
紫雲たなびく洞の中
誰そや棊局の友の身は

其隆中の別天地
空のあなたを眺むれば

大盜()ほひはびこりて
あらびて榮華さながらに
風の枯葉掃ふごと
治亂興亡おもほへば

世は一局の棊なりけり

其世を治め世を救ふ
經綸胸に溢るれど
榮利を俗に求めねば
岡も臥龍の名を負ひつ
亂れし世にも花は咲き
花また散りて春秋の
遷りはこゝに二十七

高眠遂に永からず
信義四海に溢れたる
君が三たびの訪づれを
背きはてめや知己の恩
羽扇綸巾風輕き
姿は替へで立ちいづる
草廬あしたのぬしやたれ

古琴の友よさらばいざ
曉さむる西窓の
殘月の影よさらばいざ
白鶴歸れ嶺の松
蒼猿眠れ谷の橋

岡も替へよや臥龍の名
草廬あしたはぬしもなし

成算胸に藏りて
乾坤こゝに一局棊
たゞ掌上に指すがごと
三分の計はや成れば
見よ九天の雲は垂れ
四海の水は皆立ちて
蛟龍飛びて淵の外

   三

英才雲と群がれる
世も千仭の鳳高く
翔くる雲井の伴やたそ
東新野の夏の草
南瀘水の秋の波
戎馬關山いくとせか
風塵暗きただなかに
たてしいさをの數いかに

江陵去りて行先は
武昌夏口の秋の陣
一葉輕く棹さして
三寸の舌呉に説けば
見よ大江の風狂ひ
焔亂れて姦雄の

雄圖碎けぬ波あらく

劔閣天にそび入りて
あらしは叫び雲は散り
金鼓震ひて十萬の
雄師は圍む成都城
漢中(つい)で陷りて
三分の基はや固し

定軍山の霧は晴れ
汚陽の渡り月は澄み
赤符再び世に出でゝ
興るべりかりし漢の運
天か股肱の命盡きて
襄陽遂に守りなく
玉泉山の夕まぐれ
恨みは長し雲の色

中原北に眺むれば
冕旒塵に汚されて
炎精あはれ色も無し
さらば漢家の一宗派
わが君王をいただきて
踏ませまつらむ九五の位
天の暦數こゝにつぐ
時建安の二十六
景星照りて錦江の
流に泛ぶ花の影

花とこしへの春ならじ
夏の火峯の雲落ちて
御林の陣を焚く掃ふ
四十餘營のあといづこ
雲雨荒臺夢ならず
巫山のかたへ秋寒く
名も白帝の城のうち
龍駕駐るいつまでか

その三峽の道遠き
永安宮の夜の雨
泣いて聞きけむ龍榻に
君がいまわのみことのり
忍べば遠きいにしえの
三顧の知遇またこゝに
重ねて篤き君の恩、
諸王に父と拜されし
思よいかに其宵の

邊塞遠く雲分けて
瘴烟蠻雨ものすごき
不毛の郷に攻め入れば
暗し瀘水の夜半の月

妙算世にも比なき
智仁を兼ぬるほこさきに
南蠻いくたび驚きて
君を崇めし「神なり」と

   四

南方すでに定まりて
兵は(くわ)しく糧は足る
君王の志うけつぎて
姦を攘はん時は今
江漢常武いにしへの
ためしを今にこゝに見る
建興五年あけの空
日は暖かに大旗の
龍蛇も動く春の雲
馬は嘶き人勇む
三軍の師隨へて
中原北にうち上る

六たび祁山の嶺の上
風雲動き旗かへり
天地もどよむ漢の軍
偏師節度を誤れる
街亭の敗何かある
鯨鯢吼えて波怒り
あらし狂うて草伏せば
王師十萬秋高く
武都陰平を平げて
立てり渭南の岸の上

拒ぐはたそや敵の軍
かれ中原の一奇才

韜略深く密ながら
君に向はんすべぞなき
納めも受けむ贈られし
素衣巾幗のあなどりも
陣を堅うし手を束ね
魏軍守りて打ち出でず

鴻業果し收むべき
その時天は貸さずして
出師なかばに君病みぬ
三顧の遠いむかしより
夢寐に忘れぬ君の恩
答て盡すまごゝろを
示すか吐ける紅血は
建興の十三秋なかば
丞相病篤かりき

   五

魏軍の營も音絶て
夜は靜かなり五丈原
たゝずと思ふ今のまも
丹心國を忘られず
病を扶け身を起し
臥帳掲げて立ちいづる
夜半の大空雲もなし

刁斗聲無く露落ちて
旌旗は寒し風清し
三軍ひとしく聲呑みて
つゝしみ迎ふ大軍師
羽扇綸巾膚寒み
おもわやつれし病める身を
知るや情の小夜あらし

諸壘あまねく經廻りて
輪車靜かにきしり行く
星斗は開く天の陣
山河はつらぬ地の營所
つるぎは光り影冴えて
結ぶに似たり夜半の霜

嗚呼陣頭にあらわれて
敵とまた見ん時やいつ
祁山の嶺に長驅して
心は勇む風の前
王師たゞちに北をさし
馬に河洛に飲まさむと
願ひしそれもあだなりや
胸裏百萬兵はあり
帳下三千將足るも
彼れはた時をいかにせん

   六

成敗遂に天の命
事あらかじめ圖られず

舊都再び駕を迎へ
麟臺永く名を傳ふ
春玉樓の花の色
いさをし成りて南陽に
琴書をまたも友とせむ
望みは遂に空しきか

君恩酬ふ身の一死
今更我を惜しまねど
行末いかに漢の運
過ぎしを忍び後計る
無限の思い無限の情
南成都の空いづこ

玉壘今は秋更けて
錦江の水痩せぬべく
鐵馬あらしに嘶きて
劔關の雲睡るべく

明主の知遇身に受けて
三顧の恩にゆくりなく
立ちも出でけむ舊草廬
嗚呼鳳遂に衰へて
今に楚狂の歌もあれ

人生意氣に感じては
成否をたれかあげつらふ

成否をたれかあげつらふ
一死盡くしゝ身の誠
仰げば銀河影冴えて
無數の星斗光濃し
照すやいなや英雄の
苦心孤忠の胸ひとつ
其壯烈に感じては
鬼神も哭かむ秋の風

   七

鬼神も哭かむ秋の風
行て渭水の岸の上
夫の殘柳の恨訪へ
劫初このかた絶えまなき
無限のあらし吹過ぎて
野は一叢の露深く
世は北邱の墓高く

蘭は碎けぬ露のもと
桂は折れぬ霜の前
霞に包む花の色

蜂蝶睡る草の蔭
色もにほひも消去りて

有情も同じ世々の秋

群雄次第に凋落し
雄圖は鴻の去るに似て
山河幾とせ秋の色

榮華盛衰ことごとく
むなしき空に消行けば
世は一場の春の夢

撃たるゝものも撃つものも
今更こゝに見かえれば
共に夕の嶺の雲
風に亂れて散るがごと
蠻觸二邦角の上
蝸牛の(たとえ)おもほへば
世ゝの姿はこれなりき

金棺灰を葬りて
魚水の契り君王も
今泉臺の夜の客
中原北を眺むれば
銅雀臺の春の月
今は雲間のよその影
大江の南建業の
花の盛もいつまでか

五虎の將軍今いづこ
神機きほひし江南の

かれも英才いまいづこ
北の渭水の岸守る
仲達かれもいつまでか
聞けば魏軍の夜半の陣
一曲遠し悲茄の聲

更に碧の空の上
靜かにてらす星の色
かすけき光眺むれば
神祕は深し無象の世、
あはれ無限の大うみに
溶くる泡沫其はては
いかなる岸に泛ぶらむ
千仭暗しわだつみの
底の白玉誰か得む、
幽渺境窮みなし
鬼神のあとを誰か見む

嗚呼五丈原秋の夜半
あらしは叫び露は泣き
銀漢清く星高く
神祕の色につゝまれて
天地微かに光るとき
無量の思齎らして
「無限の淵」に立てる見よ
功名いづれ夢のあと
消えざるものはたゞ誠
心を盡し身を致し

成否を天に委ねては
魂遠く離れゆく

高き尊きたぐいなき
「悲運」を君よ天に謝せ
青史の照らし見るところ
管仲樂毅たそや彼
伊呂の伯仲眺むれば
「萬古の(そら)の一羽毛」
千仭翔る鳳の影
草廬にありて龍と臥し
四海に出でゝ龍と飛ぶ
千載の末今も尚
名はかんばしき諸葛亮

 注釈