目次
   雨月物語 卷之五 青頭巾あをづきん

 むかし快庵禪師くはいあんぜんじといふ大徳だいとこの聖ひじりおはしましけり。
 総角わかきより教外けうぐわいの旨むねをあきらめ給ひて、常に身を雲水にまかせたまふ。
 美濃の國の龍泰寺りやうたいじに一夏いちげを滿みたしめ。
 此秋は奧羽のかたに住むとて、旅立ち給ふ。
 ゆきゆきて下野の國に入給ふ。

 冨田といふ里にて日入りはてぬれば、大きなる家の賑にぎははしげなるに立ちよりて一宿ひとよをもとめ給ふに、田畑たばたよりかへる男等、黄昏たそがれにこの僧の立てるを見て、大きに怕おそれたるさまして、
「山の鬼こそ來りたれ。人みな出よ」と呼ののしる。
 家の内にも騒ぎたち、女童は泣さけび展轉こいまろびて隈々くまぐまに竄かくる。
 あるじ山枴やまあふこをとりて走り出で、外の方を見るに、年紀としのころ五旬いそぢにちかき老僧の、頭かしらに紺染あをぞめの巾をかづき、身に墨衣の破やれたるを穿て、裹つつみたる物を背におひたるが、杖をもてさしまねき、
「檀越だんゑつなに事にてかばかり備へ給ふや。遍參の僧、今夜ばかりの宿をかり奉らんとてここに人を待しに、おもひきやかく異あやしめられんとは。痩法師の強盗などなすべきにもあらぬを、なあやしみ給ひそ」といふ。
 莊主あるじ枴を捨てて手を拍うつて笑ひ、
「渠等かれらが愚おろかなる眼より客僧を驚おどしまゐらせぬ。一宿を供養して罪を贖あがなひたてまつらん」と禮ゐやまひて奧の方に迎へ、こゝろよく食をもすゝめて饗もてなしけり。

 莊主かたりていふ。
 さきに下等しづらが御僧を見て鬼來りしとおそれしもさるいはれの侍るなり。
 こゝに希有の物がたりの侍る。
 妖言およづれごとながら人にもつたへ給へかし。
 此の里の上の山に一宇の蘭若てらの侍る。
 故もとは小山氏の菩提院にて、代々よよ大徳の住み給ふなり。
 今の阿闍梨あじやりは何某なにがし殿の猶子ゆうじにて、ことに篤学修行の聞えめでたく、此の國の人は香燭かうしよくをはこびて歸依したてまつる。
 我莊いへにもしばしば詣で給うて、いともうらなく仕へしが、去年こぞの春にてありける。
 越の國へ水丁くはんぢやうの戒師にむかへられ給ひて、百日あまり逗とどまり給ふが、他かの國より十二三歳なる童兒わらはを倶してかへり給ひ、起臥おきふしの扶たすけとせらる。
 かの童兒が容かたちの秀麗みやびやかなるをふかく愛めでさせたまうて、年來としごろの事どももいつとなく怠りがちに見え給ふ。

 さるに茲年ことし四月うづきの比ころ、かの童兒かりそめの病に臥ふしけるが、日を経ておもくなやみけるを痛みかなしませ給うて、國府こうふの典藥のおもだたしきまで迎へ給へども、其のしるしもなく終つひにむなしくなりぬ。
 ふところの璧たまをうばはれ、挿頭かざしの花を嵐にさそはれしおもひ、泣に涙なく、叫ぶに聲なく、あまりに歎かせたまふままに、火に燒やき、土に葬る事をもせで、臉かほに臉をもたせ、手に手をとりくみて日を經給ふが、終に心神こゝろみだれ、生いきてありし日に違たがはず戲たはふれつつも、其肉の腐り爛ただるるを吝をしみて、肉を吸すひ骨を嘗なめて、はた喫くらひつくしぬ。

 寺中の人々、
『院主こそ鬼になり給ひつれ』と連忙迯あはただしくにげさりぬるのちは、夜々よなよな里に下りて人を驚殺おどし、或は墓をあばきて腥々なまなましき屍かばねを喫ふありさま、實まことに鬼といふものは昔物がたりには聞きもしつれど、現うつゝにかくなり給ふを見て侍れ。
 されどいかがしてこれを征し得ん。
 只戸いへごとに暮をかぎりて堅く關とざしてあれば、近曾このごろは國中くになかへも聞えて、人の徃來いききさへなくなり侍るなり。
 さるゆゑのありてこそ客僧をも過あやまりつるなりとかたる。

 快庵この物がたりを聞かせ給ふて、
「世には不可思議の事もあるものかな。凡およそ人とうまれて、佛菩薩の教をしへの廣大なるをもしらず、愚なるまま、慳かだましきままに世を終るものは、其愛慾邪念の業障に攬ひかれて、或は故もとの形をあらはして恚いかりを報ひ、或は鬼となり蟒みづちとなりて祟りをなすためし、往古いにしへより今にいたるまで算かぞふるに尽しがたし。又人活いきながらにして鬼に化するもあり。楚王の宮人は蛇をろちとなり。王含わうがんが母は夜叉やしやとなり、呉生が妻は蛾となる。又いにしへある僧卑あやしき家に旅寢せしに、其夜雨風はげしく、燈ともしさへなきわびしさにいも寢られぬを、夜ふけて羊の鳴なくこゑの聞えけるが、頃刻しばらくして僧のねふりをうかがひてしきりにかぐものあり、僧異あやしと見て、枕におきたる禪杖をもてつよく撃うちければ、大きに叫んでそこにたふる。この音に主あるじの嫗うばなるもの燈を照し來るに見れば、若き女の打たふれてぞありける。嫗泣くなく命を乞ふ。いかがせん。捨てて其家を出しが、其ののち又たよりにつきて其の里を過しに、田中に人多く集つどひてものを見る。僧も立ちよりて
『何なるぞ』と尋ねしに、里人いふ。
『鬼に化したる女を捉へて、今土にうづむなりとかたりしとなり。』
 されどこれらは皆女子をんなごにて男たるもののかかるためしを聞かず。凡そ女の性さがの慳かだましきには、さる淺ましき鬼ものにも化するなり。又男子にも隨の煬帝の臣家に麻叔謀といふもの、小兒の肉を嗜好このみて、潛ひそかに民の小兒を偸ぬすみ、これを蒸て喫ひしもあなれど、是は淺ましき夷ゑびす心にて、主のかたり給ふとは異なり。さるにてもかの僧の鬼になりつるこそ、過去の因縁にてぞあらめ。そも平生つねの行徳のかしこかりしは、佛につかふる事に志誠まごころを尽せしなれば、其童兒わらはをやしなはざらましかば、あはれよき法師なるべきものを。一たび愛慾の迷路に入りて、無明の業火の熾さかんなるより鬼と化したるも、ひとへに直なほくたくましき性さがのなす所なるぞかし。心放ゆるせば妖魔となり、収むる則ときは仏果を得るとは、此法師がためしなりける。老衲らうなふもしこの鬼を教化けうげして本源もとの心にかへらしめなば、こよひの饗あるじの報ひともなりなんかし」と、たふときこころざしを發おこし給ふ。
 莊主頭かふべを疊に摺すりて、
「御僧この事をなし給はば、此國の人は淨土にうまれ出たるがごとし」と、涙を流してよろこびけり。
 山里のやどり貝鐘も聞えず、廿日あまりの月も出でて、古戸の間すきに洩もりたるに、夜の深きをもしりて、いざ休ませ給へとておのれも臥戸に入りぬ。

 山院人とゞまらねば。
 樓門は荊棘うばらおひかかり、經閣きやうかくもむなしく苔蒸ぬ。
 蜘網をむすびて諸佛を繋ぎ、燕子つばくらの糞護摩の牀ゆかをうづみ、方丈廊房すべて物すざましく荒はてぬ。
 日の影申さるにかたふく比ころ、快庵禪師寺に入て錫を鳴し給ひ、「遍參の僧今夜こよひばかりの宿をかし給へ」と。
 あまたたび叫よべどもさらに應こたへなし。
 眠藏めんざうより痩槁やせがれたる僧の漸々よはよはとあゆみ出で、咳からびたる聲して、
「御僧は何地いづちへ通るとてここに來るや。此の寺はさる由縁ゆゑありてかく荒はて、人も住まぬ野らとなりしかば、一粒いちりやうの齋糧ときりやうもなく、一宿ひとよをかすべきはかりごともなし。はやく里に出よ」といふ。

 禪師いふ。
「これは美濃の國を出て、みちの奧へいぬる旅なるが、この麓の里を過るに、山の靈かたち水の流のおもしろさにおもはずもここにまうづ。日も斜ななめなれば里にくだらんもはるけし。ひたすら一宿ひとよをかし給へ」。
 あるじの僧云ふ。
「かく野らなる所はよからぬ事もあなり。強しひてとどめがたし。強てゆけとにもあらず。僧のこころにまかせよ」とて復ふたたび物をもいはず。
 こなたよりも一言ことを問はで、あるじのかたはらに座をしむる。
 看々みるみる日は入果て、宵闇の夜のいとくらきに、燈を點あげざればまのあたりさへわかぬに、只澗水たにみづの音ぞちかく聞ゆ。
 あるじの僧も又眠藏に入りて音なし。

 夜更て月の夜にあらたまりぬ。
 影玲瓏れいろうとしていたらぬ隈もなし。
 子ひとつともおもふ比、あるじの僧眠藏を出でて、あはたゞしく物を討たづぬ。
 たづね得ずして大いに叫び、
「禿驢右注:とくろ 左注:くそばうずいづくに隱れけん。こゝもとにこそありつれ」と禪師が前を幾たび走り過ぐれども、更に禪師を見る事なし。
 堂の方に駈かけりゆくかと見れば、庭をめぐりて躍りくるひ、遂に疲れふして起き來らず。
 夜明けて朝日のさし出ぬれば、酒の醒さめたるごとくにして、禪師がもとの所に在いますを見て、只あきれたる形にものさへいはで、柱にもたれ長嘘ためいきをつぎて默もだしゐたりける。

 禪師ちかくすすみよりて、院主ゐんじゆ何をか歎き給ふ。
「もし飢うへ給ふとならば野僧が肉に腹をみたしめ給へ」。
 あるじの僧いふ。
「師は夜もすがらそこに居させたまふや」。
 禪師いふ。
「ここにありてねふる事なし」。
 あるじの僧いふ。
「我あさましくも人の肉を好めども、いまだ佛身の肉味をしらず。師はまことに佛なり。鬼畜のくらき眼まなこをもて、活佛くはつぶつの來迎らいがうを見んとするとも、見ゆべからぬ理ことわりなるかな。あなたふと」と頭を低たれて默もだしける。
 禪師いふ。
「里人のかたるを聞けば、汝一旦ひとたびの愛慾に心神こゝろみだれしより、忽ち鬼畜に墮罪したるは、あさましとも哀しとも、ためしさへ希なる惡因なり。夜々よひよひ里に出て人を害わざわひするゆゑに、ちかき里人は安き心なし。我これを聞て捨つるに忍びず。恃わざわざ來りて教化し本源もとの心にかへらしめんとなるを、汝我をしへを聞くや否や」。
 あるじの僧いふ。
「師はまことに佛なり。かく淺ましき惡業を頓とみにわするべきことわりを教をしへ給へ」。
 禪師いふ。
「汝聞とならばここに來れ」とて、簀子すのこの前のたひらなる石の上に座せしめて、みづからかづき給ふ紺染あをぞめの巾を脱ぬぎて僧が頭かうべにかづかしめ。
 證道しやうだうの哥うたの二句を授さづけ給ふ
  江月照松風吹かうげつてらしせうふうふく
  永夜清宵何所爲えいやせいせうなんのしよゐぞ
「汝ここを去ずして徐しづかに此句の意こころをもとむべし。意觧とけぬる則ときはおのづから本來の佛心に會ふなるは」と。
 念頃ねんごろに教へて山を下り給ふ。
 此のちは里人おもきわざはひをのがれしといへども。
 猶なほ僧が生死をしらざれば、疑ひ恐れて人々山にのぼる事をいましめけり。

 一とせ速くたちて、むかふ年の冬十月かみなづきの初旬はじめ快庵大徳、奧路あうろのかへるさに又ここを過ぎ給ふが、かの一宿ひとよのあるじが莊いへに立よりて、僧が消息を尋ね給ふ。
 莊主あるじよろこび迎へて、
「御僧の大徳によりて鬼ふたたび山をくだらねば。人皆淨土にうまれ出でたるごとし。されど山にゆく事はおそろしがりて、一人としてのぼるものなし。さるから消息をしり侍らねど、など今まで活いきては侍らじ。今夜こよひの御泊とまりにかの菩提ぼだいをとふらひ給へ。誰も隨縁ずいえんしたてまつらん」といふ。
 禪師いふ。
「他かれ善果に基もとづきて遷化せんげせしとならば道に先達せんだちの師ともいふべし。又活てあるときは我ために一個ひとりの徒弟なり。いづれ消息を見ずばあらじ」とて、復び山にのぼり給ふに、いかさまにも人のいきき絶たえたると見えて、去年こぞふみわけし道ぞとも思はれず。

 寺に入て見れば、荻をぎ尾花のたけ人よりもたかく生茂おひしげり、露は時雨めきて降りこぼれたるに。
 三みつの徑みちさへわからざる中に、堂閣の戸右左に頽たふれ、方丈庫裡くりに縁めぐりたる廊らうも、朽目くちめに雨をふくみて苔むしぬ。
 さてかの僧を座らしめたる簀子すのこのほとりをもとむるに、影のやうなる人、僧俗ともわからぬまでに髭髮ひげかみもみだれしに、葎むぐらむすぼほれ、尾花おしなみたるなかに、蚊の鳴なくばかりのほそき音こゑして、物とも聞えぬやうにまれまれ唱となふるを聞けば、
「江月照松風吹 永夜清宵何所爲」
 禪師見給ひて、やがて禪杖を拿とりなほし、
「作麼生何所爲そもさんなんのしよゐぞ」と、一喝して他かれが頭を撃うち給へば、忽ち氷の朝日にあふがごとくきえうせて、かの青頭巾と骨のみぞ草葉にとどまりける。
 現にも久しき念のここに消じつきたるにやあらん。
 たふときことわりあるにこそ。

 されば禪師の大徳、雲裏うら海の外にも聞えて、
「初祖の肉いまだ乾かず」とぞ稱歎しけるとなり。
 かくて里人あつまりて、寺内を清め、修理しゆりをもよほし、禪師を推おしたふとみてここに住しめけるより。
 故もとの密宗をあらためて、曹洞さうだうの靈場をひらき給ふ。
 今なほ御寺はたふとく榮えてありけるとなり。