金槐和歌集 源実朝

  正月一日よめる
 けさ見れは山もかすみてひさかたの あまのはらよりはるはきにけり

  立春の心をよめる
 こゝのへのくもゐにはるそたちぬらし 大内山にかすみたなひく

  故郷立春
 あさかすみたてるを見れはみつのえの よしのゝ宮に春はきにけり

  はるのはしめにゆきのふるをよめる
 かきくらし猶ふる雪のさむけれは はるともしらぬたにのうくひす

 春たゝはわかなつまむとしめをきし のへとも見えすゆきのふれゝは

  はるのはしめのうた
 うちなひきはるさりくれはひさきおふる かた山かけにうくひすそなく

 山さとにいへゐはすへしうくひすの なくはつこゑのきかまほしさに

  屏風のゑにかすかの山にゆきふれる所をよめる
 松の葉のしろきを見れはかすか山 このめもはるのゆきそふるける

  わかなつむところ
 かすかのゝとふひのゝもりけふとてや むかしかたみにわかなつむらむ

  雪中わかなといふことを
 わかなつむころもてぬれてかたをかの あしたのはらにあはゆきそふる

  むめのはなをよめる
 むめかえにこほれるしもやとけぬらむ ほしあへぬつゆのはなにこほるゝ

  屏風にむめの木にゆきふりかゝれる
 むめの花いろはそれともわかぬまて かせにみたれてゆきはふりつゝ

  むめのはなさける所をよめる
 わかやとのむめのはつ花さきにけり まつうくひすはなとかきなかぬ

  花あひたのうくひすといふことを
 はるくれはまつさくやとのむめのはな かをなつかしみうくひすそなく

  むめの花かせにゝほふといふことを人によませ侍しついてに
 むめかゝをゆめのまくらにさそひきて さむるまちけるはるのやまかせ

 このねぬるあさけのかせにかほるなり のきはのむめのはるのはつ花

  梅香薫衣
 むめかゝはわかころもてにゝほひきぬ 花よりすくるはるのはつかせ

  むめのはなをよめる
 はるかせはふけとふかねとむめのはな さけるあたりはしるくそありける

  はるのうた
 さわらひのもえいつるはるになりぬれは のへのかすみもたなひきにけり

  かすみをよめる
 みふゆつきはるしきぬれはあをやきの かつらきやまにかすみたなひく

 おほかたにはるのきぬれは春かすみ よもの山へにたちみちにけり

 をしなへて春はきにけりつくはねの このもとことにかすみたなひく

  やなきをよめる
 はるくれはなをいろまさる山しろの ときはのもりのあをやきのいと

  あめの中やなきといふことを
 あさみとりそめてかけたるあをやきの いとにたまぬく春さめそふる

 水たまるいけのつゝみのさしやなき このはるさめにもえいてにけり

  やなき
 あをやきのいともてぬけるしらつゆの たまこきちらすはるのやまかせ

 あめそほふれるあした勝長寿院のむめ所/\さきたるをみて花にむすひつけしうた
 ふるてらのくち木のむめもはるさめに そほちて花そほころひにける

  雨後うくひすといふことを
 はるさめのつゆもまたひぬむめかえに うはけしほれてうくひすそなく

  梅花厭雨
 わかやとのむめのはなさけりはるさめは いたくなふりそちらまくもをし

  故郷梅花
 たれにかもむかしもとはむふるさとの のきはのむめは春をこそしれ

 としふれはやとはあれにけりむめの花 花はむかしのかにゝほへとも

 ふるさとにたれしのへとかむめのはな むかしわすれぬかにゝほふらむ

  ふるさとの春の月といふことをよめる
 ふるさとはみしこともあらすあれにけり かけそむかしの春のよの月

 たれすみてたれなかむらむふるさとの よしのゝみやの春のよの月

  春月
 なかむれはころもてかすむひさかたの 月のみやこのはるのよのそら

  梅花をよめる
 わかやとのやへのこうはいさきにけり しるもしらぬもなへてとはなむ

 うくひすはいたくなわひそむめのはな ことしのみちるならひならねは

 さりともとおもひしほとにむめのはな ちりすくるまてきみかきまさぬ

 わかそてにかをたにのこせむめのはな あかてちりぬるわすれかたみに

 むめのはなさけるさかりをめのまへに すくせるやとははるそすくなき

  よふことり
 あをによしならの山なるよふことり いたくなゝきそ君もこなくに

  すみれ
 あさちはらゆくゑもしらぬのへにいてゝ ふるさと人はすみれつみけり

  きゝす
 たかまとのおのへのきゝすあさな/\ つまにこひつゝなくねかなしも

 をのかつまこひわひにけりはるのゝに あさるきゝすのあさな/\なく

  名所桜
 をとにきくよしのゝさくらさきにけり 山のふもとにかゝるしらくも

  とをき山のさくら
 かつらきやたかまのさくらなかむれは ゆふゐるくもに春さめそふる

  雨中桜
 あめふるとたちかくるれは山さくら はなのしつくにそほちぬるかな

 けふも又花にくらしつはるさめの つゆのやとりをわれにかさなん

  山路夕花
 みちとをみけふこえくれぬやまさくら はなのやとりをわれにかさなむ

  春山月
 かせさはくをちのとやまにそらはれて さくらにくもる春のよの月

  屏風ゑにたひ人あまた花のしたにふせる所
 このもとの花のしたふしよころへて わかころもてに月そなれぬる

 このもとにやとりはすへしさくらはな ちらまくおしみたひならなくに

 このもとにやとりをすれはかたしきの わかころもてにはなはちりつゝ

 いましはと思しほとにさくらはな ちるこのもとにひかすへぬへし

  山家見花ところ
 時のまと思てこしをやまさとに はな見る/\となかゐしぬへし

  花ちれる所にかりのとふを
 かりかねのかへるつはさにかほるなり はなをうらむる春のやまかせ

 きさらきの廿日あまりのほとにやあり けむきたむきのえんにたちいてゝゆふ

  くれのそらをなかめて一人おるにかりのなくをきゝてよめる
 なかめつゝおもふもかなしかへるかり ゆくらむかたのゆふくれのそら

  ゆみあそひをせしによしの山のかたをつくりて山人のはなみたる所をよめる
 みよしのゝやまの山もりはなをよみ なか/\し日をあかすもあるかな

 みよしのゝ山にいりけむやま人と なりみてしかなはなにあくやと

  屏風によしのやまかきたる所
 みよしのゝやまにこもりし山人や 花をはやとのものと見るらん

  古郷花
 さとはあれぬしかの花その/\かみの むかしのはるやこひしかるらむ

 たつねてもたれにかとはむふるさとの はなもむかしのあるしならねは

  花をよめる
 さくらはなちらまくをしみうちひさす みやちの人そまとゐせりける

 さくら花ちらはおしけむたまほこの みちゆきふりにをりてかさゝむ

 みちすからちりかふはなを雪とみて やすらふほとにこの日くらしつ

 さけはかつうつろふ山のさくらはな 花のあたりにかせなふきそも

  人のもとによみてつかはし侍し
 はるはくれと人もすさめぬ山さくら かせのたよりにわれのみそとふ

  山家見花といふことを人/\あまたつかうまつりしついてに
 さくら花さきちるみれはやまさとに われそおほくのはるはへにける

  屏風に山中にさくらさきたる所
 山さくらちらはちらなむおしけなみ よしや人みす花のなたてに

  はなをたつぬといふことを
 はなを見むとしもおもはてこしわれそ ふかきやまちに日かすへにける

  屏風のゑに
 山かせのさくらふきまくをとすなり よしのゝたきのいはもとゝろに

 たきのうへのみふねの山のやまさくら かせにうきてそはなもちりける

  ちる花
 はるくれはいとかのやまの山さくら かせにみたれて花そちりける

  花かせをいとふ
 さきにけりなからの山のさくらはな かせにしられて春もすきなん

  花をよめる
 みよしのゝやましたかけのさくらはな さきてたてりとかせにしらすな

  名所ちる花
 さくらはなうつろふ時はみよしのゝ やましたかせにゆきそふりける

  花雪にゝたりいといふことを
 かせふけは花はゆきとそちりまかふ よしのゝ山は春やなからむ

 山ふかみたつねてきつるこのもとに ゆきと見るまてはなそちりける

 春のきて雪はきえにしこのもとに しろくもはなのちりつもるかな

  雨中夕花
 山さくらいまはのころのはなのえに ゆふへのあめのつゆそこほるゝ

 やまさくらあたにちりにし花のえに ゆふへのあめのつゆのゝこれる

  落花をよめる
 はるふかみあらしのやまのさくらはな さくと見しまにちりにけるかな

 三月のすゑつかた勝長寿院にまうてたりしにあるそう山かけにかくれをるを見てはなはとゝひしかはちりぬとなむこたへ侍しをきゝてよめる
 ゆきて見むと思しほとにちりにけり あやなのはなやかせたゝぬまに

 さくら花さくと見しまにちりにけり ゆめかうつゝか春のやまかせ

  水辺落花といふ事を
 さくらはなちりかひかすむはるのよの おほろ月よのかものかはかせ

 ゆく水にかせふきいるゝさくらはな なかれてきえぬあはかともみゆ

 山さくらきゝのこすゑにみしものを いはまのみつのあはとはなりぬる

  湖辺落花
 やまかせのかすみふきまきちる花の みたれてみゆるしかのうらなみ

  故郷惜花心を
 さゝなみやしかのみやこのはなさかり かせよりさきにとはましものを

 ちりぬれはとふ人もなしふるさとは 花そむかしのあるしなりける

 ことしさへとはれてくれぬさくらはな はるもむなしきなにこそありけれ

  花恨風
 心うきかせにもあるかなさくらはな さくほともなくちりぬへらなる

  春風をよめる
 さくらはなさきてむなしくちりにけり よしのゝやまはたゝ春のかせ

  さくらをよめる
 さくらはなさけるやまちやとをからん すきかてにのみはるのくれぬる

 はるふかみ花ちりかゝる山の井の ふるきしみつにかはつなくなり

  河辺款冬
 山ふきのはなのしつくにそてぬれて むかしおほゆるたまかはのさと

 やまふきのはなのさかりになりぬれは 井てのわたりにゆかぬ日そなき

  款冬を見てよめる
 わかやとのやへの山ふきつゆをゝもみ うちはらふそてのそほちぬるかな

  あめのふれる日山ふきをよめる
 はるさめのつゆのやとりをふくかせに こほれてにほふ山ふきのはな

  山ふきをゝりてよめる
 いまいくか春しなけれははるさめに ぬるともおらむ山ふきのはな

  山ふきに風のふくを見て
 わか心いかにせよとかやまふきの うつろふはなにあらしたつらん

 たちかへりみれともあかすやまふきの はなちるきしのはるのかはなみ

  やまふきのはなをゝりて人のもとにつかはすとてよめる
 をのつからあはれとも見よはるふかみ ちりゐるきしのやまふきのはな

 ちりのこるきしの山ふきはるふかみ このひとえたをあはれといはなん

  山ふきのちるを見て
 たまもかる井てのかはかせふきにけり みなはにうかふ山ふきのは

 たまもかる井てのしからみ春かけて さくやかはせの山ふきの花

  まとゆみのふりうに大井かはをつくりてまつにふちかゝる所
 たちかへりみてをわたらむ大井かは かはへのまつにかゝるふちなみ

  屏風ゑにたこのうらにたひ人のふちのはなをゝりたる所
 たこのうらのきしのふちなみたちかへり おらてはゆかしそてはぬるとも

  いけのへんのふちのはな
 ふるさとのいけのふちなみたれうへて むかしわすれぬかたみなるらん

 いとはやもくれぬる春かわかやとの いけのふちなみうつろはぬまに

  正月二ありしとし三月にほとゝきすなくをきゝてよめる
 きかさりきやよひの山のほとゝきす はるくはゝれるとしはありしかと

  春のくれをよめる
 春ふかみあらしもいたくふくやとは ちりのこるへきはなもなきかな

 なかめこしはなもむなしくちりはてゝ はかなくはるのくれにけるかな

 いつかたにゆきかくるらむはるかすみ たちいてゝ山のはにも見えなて

 ゆく春のかたみとおもふをあまつそら ありあけの月はかけもたえにき

  三月尽
 おしむともこよひあけなはあすよりは はなのたもとをぬきやかへてむ


  更衣をよめる
 おしみこし花のたもともぬきかへつ 人の心そなつにはありける

  夏のはしめのうた
 なつころもたつたの山のほとゝきす いつしかなかむこゑをきかはや

 春すきていくかもあらねとわかやとの いけのふちなみうつろひにけり

  ほとゝきすをまつといふことをよめる
 夏ころもたちし時よりあしひきの 山ほとゝきすまたぬ日そなき

 ほとゝきすきくとはなしにたけくまの まつにそ夏のひかすへぬへき

 はつこゑをきくとはなしにけふも又 やまほとゝきすまたすしもあらす

 ほとゝきすかならすまつとなけれとも よな/\めをもさましつるかな

  山家時鳥
 やまちかくいゑゐしせれはほとゝきす なくはつこゑはわれのみそきく

  ほとゝきす哥
 あしひきのやまほとゝきすこかくれて めにこそ見えねおとのさやけさ

 かつらきやたかまの山のほとゝきす くもゐのよそになきわたるなり

 あしひきのやまほとゝきすみやまいてゝ よふかき月のかけになくなり

 ありあけの月はいりぬるこのまより やまほとゝきすなきていつなり

 みな人のなをしもよふかほとゝきす なくなるこゑのさとをとよむか

  夕時鳥
 ゆふやみのたつ/\しきにほとゝきす こゑうらかなしみちやまとへる

  夏哥
 さつきまつをたのますらおいと(と+ま)なみ せきいるゝみつにかはつなくなり

 さみたれに水まさるらしあやめくさ うれはかくれてかる人のなき

  五月あめふれるにあやめくさをみてよめる
 そてぬれてけふゝくやとのあやめくさ いつれのぬまにたれかひきけむ

 五月雨は心あらなむくもまより いてくる月をまてはくるしも

 さみたれに夜のふけゆけはほとゝきす ひとりやまへをなきてすくなり

 さみたれのつゆもまたひぬおくやまの まきのはかくれなくほとゝきす

 五月雨のくものかゝれるまきもくの ひはらかみねになくほとゝきす

 さ月山こたかきみねのほとゝきす たそかれ時のそらになくなり

  故郷廬橘
 いにしへをしのふとなしにふるさとの ゆふへのあめにゝほふたちはな

  廬橘薫衣
 うたゝねのよるころもにかほるなり ものおもふやとのゝきのたちはな

  ほとゝきすをよめる
 ほとゝきすきけともあかすたちはなの 花ちるさとのさみたれのころ

  社頭時鳥
 さみたれをぬさにたむけてみくまのゝ 山ほとゝきすなきとよむなり

  雨いたくふれるよひとりほとゝきすをきゝてよめる
 ほとゝきすなくこゑあやなさ月やみ きく人なしみあめはふりつゝ

  深夜郭公
 さ月やみおほつかなきにほとゝきす ふかきみねよりなきていつなり

 さつきやみかみなひやまのほとゝきす つまこひすらしなくねかなしも

  蓮露似玉
 さよふけてはすのうきはのつゆのうへに たまと見るまてやとる月かけ

  河風似秋
 いはくゝるみつにや秋のたつたかは かはかせすゝし夏のゆふくれ

  蛍火乱飛秋已近といふ事を
 かきつはたおふるさはへにとふほたる かすこそまされ秋やちかけむ

 夏やまになくなるせみのこかくれて 秋ちかしとやこゑもおしまぬ

  みな月の廿日あまりのころ夕風すたれをうこかすをよめる
 秋ちかくなるしるしにやたまたれの こすのもとをしかせのすゝしき

  夜風冷衣といふことを
 なつふかみ思もかけぬうたゝねの よるのころもにあきかせそふく

  夏のくれによめる
 昨日まて花のちるをそおしみこし ゆめかうつゝか夏もくれにけり

 みそきするかはせにくれぬ夏の日の いりあひのかねのそのこゑにより

 夏はたゝこよひはかりと思ねの ゆめちにすゝし秋のはつ風 


    

 七月一日のあしたによめる
 きのふこそ夏はくれしかあさといての ころもてさむし秋のはつかせ

  海辺秋きたるといふ心を
 きりたちてあきこそゝらにきにけらし ふきあけのはまのうらのしほかせ

 うちはへて秋はきにけりきのくにや ゆらのみさきのあまのうけなは

  寒蝉鳴
 ふくかせのすゝしくもあるかをのつから 山のせみなきて秋はきにけり

  秋のはしめのうた
 すむ人もなきやとなれとおきのはの つゆをたつねてあきはきにけり

 のとなりてあとはたえにしふかすさの つゆのやとりに秋はきにけり

  白露
 秋はゝやきにける物をおほかたの のにも山にもつゆそをくなる

  秋風
 ゆふされはころもてすゝしたかまとの おのへのみやの秋のはつ風

 なかむれはころもてさむしゆふつくよ さほのかはらの秋のはつかせ

  秋のはしめによめる
 あまのかはみなはさかまきゆく水の はやくもあきのたちにけるかな

 ひさかたのあまのかはらをうちなかめ いつかとまちし秋もきにけり

 ひこほしのゆきあひをまつひさかたの あまのかはらに秋風そふく

 ゆふされは秋かせすゝしたなはたの あまのはころもたちやかふらん

  七夕
 あまのかはきりたちわたるひこほしの つまむかへふねはやもこかなん

 こひ/\てまれにあふよのあまのかは かはせのたつはなかすもあらなむ

 たなはたのわかれをゝしみあまのかは やすのわたりにたつもなかなん

 いまはしもわかれもすらしたなはたは あまのかはらにたつそなくなる

  秋のはしめ月のあかゝりしよ
 あまのはらくもなきよゐにひさかたの 月さえわたるかさゝきのはし

 秋かせによのふけゆけはひさかたの あまのかはらに月かたふきぬ

  七月十四日夜勝長寿院のらうに侍りて月のさしいりたりしをよめる
 なかめやるのきのしのふのつゆのまに いたくなふけそ秋のよの月

  あけほのににはのおきをみて
 あさほらけおきのうへふく秋風に したはをしなみつゆそこほるゝ

 秋のゝにおくしらつゆはたまなれやといふことを人/\におほせてつかうまつらせし時よめる
 さゝかにのたまぬくいとのをゝよはみ かせにみたれてつゆそこほるゝ

  秋哥
 花にをくつゆをしつけみしらすけの まのゝはきはらしほれあひにけり

  路頭萩
 みちのへのおのゝゆふきりたちかへり 見てこそゆかめ秋はきのはな

  草花をよめる
 のへにいてゝそひちにけりなからころも きつゝわけゆく花のしつくに

 ふちはかまきてぬきかけしぬしやたれ とへとこたへすのへの秋風

  とかりしにとかみかはらといふ所にいて侍し時
  あれたるいほりのまへにらんさけるをみてよめる
 秋かせになにゝほふらむふちはかま ぬしはふりにしやとゝしらすや

  故郷萩
 ふるさとのもとあらのこはきいたつらに 見る人なしみさきかちりなん

  にはのはきをよめる
 秋風はいたくなふきそわかやとの もとあらのこはきちらまくもおし

  夕秋風といふことを
 秋ならてたゝおほかたのかせのをとも ゆふへはことにかなしきものを

  ゆふへの心をよめる
 おほかたにもの思としもなかりけり たゝわかための秋のゆふくれ

 たそかれにもの思をれはわかやとの おきのはそよき秋かせそふく

 われのみやわひしとはおもふはなすゝき ほにいつるやとの秋のゆふくれ

 にはのはきわつかにのこれるを月さしいてゝのち見るにちりにたるにや花のみえさりしかは
 はきのはなくれ/\まてもありつるか 月いてゝ見るになきかはかなさ

  秋をよめる
 秋はきのしたはもいまたうつろはぬに けさふくかせはたもとさむしも

  あさかほ
 かせをまつくさのはにをくつゆよりも あたなる物はあさかほの花

  のへのかるかやをよめる
 ゆふされはのちのかるかやうちなひき みたれてのみそつゆもをきける

  秋哥
 あさな/\つゆにおれふす秋はきの はなふみしたきしかそなくなる

 はきか花うつろひゆけはたかさこの おのへのしかのなかぬひそなき

 さをしかのをのかすむのゝをみなへし はなにあかすとねをやなくらむ

 よそに見ておらてはすきしをみなへし なをむつましみつゆにぬるとも

 秋かせはあやなゝふきそしらつゆの あたなるのへのくすのはのうへに

 しらつゆのあたにもをくかくすのはに たまれはきえぬかせたゝぬまに

 きり/\すなくゆふくれの秋かせに われさへあやなものそかなしき

  山家晩望といふことを
 くれかゝるゆふへのそらをなかむれは こたかき山に秋かせそふく

 秋をへてしのひもかねにものそ思 をのゝやまへのゆふくれのそら

 こゑたかみはやしにさけふさるよりも われそものおもふ秋のゆふへは

  秋のうた
 たまたれのこすのひまもる秋かせの いもこひしらに身にそしみける

 あきかせはやゝはたさむくなりにけり ひとりやねなむなかきこのよを

 かりなきて秋風さむくなりにけり ひとりやねなんよるのころもうすし

 をさゝはら夜はにつゆふく秋風を やゝさむしとやむしのわふらむ

 秋ふかみつゆさむき夜のきり/\す たゝいたつらにねをのみそなく

 にはくさにつゆのかすそふむらさめに よふかきむしのこゑそかなしき

 あさちはらつゆしけきにはのきり/\す 秋ふかきよの月になくなり

 あきのよの月のみやこのきり/\す なくはむかしのかけやこひしき

 あまのはらふりさけ見れは月きよみ 秋のよいたくふけにけるかな

  月をよめる
 われなからおほえすをくかそてのつゆ 月にもの思よころへぬれは

  八月十五夜
 ひさかたの月のひかりしきよけれは 秋のなかはをそらにしるかな

  海辺月
 たまさかに見るものにもかいせのうみの きよき月よの秋のよの月

 いせのうみやなみにかけたる秋のよの ありあけの月にまつかせそふく

 すまのあまのそてふきかへす秋かせに うらみてふくる秋のよの月

 しほかまのうらふくかせにあきたけて まかきのしまに月かたふきぬ

  月前雁
 あまのはらふりさけ見れはますかゝみ きよき月よにかりなきわたる

 むはたまの夜はふけぬらしかりかねの きこゆるそらに月かたふきぬ

 なきわたるかりのはかせにくもきえて よふかきそらにすめる月かけ

 こゝのへのくもゐをわけてひさかたの 月のみやこにかりそなくなる

 あまのとをあけかたのそらになくかりの つはさのつゆにやとる月かけ

  海のほとりをすくとてよめる
 わたのはらやへのしほちにとふかりの つはさのなみにあきかせそふく

 なかめやる心もたえぬわたのはら やへのしほちの秋のゆふくれ

  雁を
 秋風に山(山+と)ひこめるはつかりの つはさにわくるみねのしらくも

 あしひきのやまとひこゆる秋のかり いくへのきりをしのきゝぬらむ

 かりかねはともまとはせりしからきや まきのそま山きりたゝるらし

  夕雁
 ゆふされはいなはのなひくあきかせに そらとふかりのこゑもかなしや

  田家夕雁
 かりのゐるかとたのいなはうちそよき たそかれ時に秋かせそふく

  野辺露
 ひさかたのあまとふかりのなみたかも おほあらきのゝさゝかうへのつゆ

  田家露
 秋たもるいほにかたしくわかそてに きえあへぬつゆのいくへをきけむ

  田家夕
 かくて猶たえてしあらはいかゝせん 山たもるいほの秋のゆふくれ

  田家秋といふ事を
 からころもいなはのつゆにそてぬれて ものもへともなれるわか身か

 山たもるいほにしをれはあさな/\ たえすきゝつるさをしかのこゑ

  夕鹿
 なくしかのこゑよりそてにをくかつゆ もの思ころの秋のゆふくれ

  しかをよめる
 つまこふるしかそなくなるをくらやま やまのゆふきりたちにけむかも

 ゆふされはきりたちくらしをくら山 山のとかけにしかそなくなる

 くものゐるこすゑはるかにきりこめて たかしのやまにしかそなくなる

 さよふくるまゝにとやまのこのまより さそふか月をひとりなくしか

 月をのみあはれと思をさよふけて みやまかくれにしかそなくなる

  閑居望月
 こけのいほにひとりなかめてとしもへぬ ともなき山の秋のよの月

  名所秋月
 月みれはころもてさむしさらしなや をはすてやまのみねの秋かせ

 山さむみ衣てうすしさらしなや をはすての月に秋ふけしかは

 さゝなみやひらのやまかせさよふけて 月かけさむしゝかのからさき

  秋哥
 月きよみ秋のよいたくふけにけり さほのかはらにちとりしはなく

  月前擣衣
 あきたけてよふかき月のかけ見れは あれたるやとにころもうつなる

 さよふけてなかはたけゆく月かけに あかてや人のころもうつらむ

 よをなかみねさめてきけはなか月の ありあけの月に衣うつなり

  擣衣をよめる
 ひとりぬるねさめにきくそあはれなる ふしみのさとにころもうつこゑ

 みよしのゝやましたかせのさむきよを たれふるさとにころもうつらむ

  秋哥
 むかし思あきねのさめのとこのうへを ほのかにかよふみねのまつかせ

 見る人もなくてちりにきしくれのみ ふりにしさとの秋はきのはな

 秋はきのむかしのつゆにそてぬれて ふるきまかきにしかそなくなる

 あさまたきをのゝつゆしもさむけれは 秋をつらしとしかそなくなる

 あきはきのしたはのもみちうつろひぬ なか月のよのかせのさむさに

  あめのふれるよにはのきくをみてよめる
 つゆをゝもみまかきのきくのほしもあへす はるれはくもるよゐのむらさめ

  月夜きくの花をゝるとてよめる
 ぬれておるそての月かけふけにけり まかきのきくのはなのうへのつゆ

  あるそうにころもをたまふとて
 のへ見れはつゆしもさむききり/\す よるのころものうすくやあるらん

  なか月のよきり/\すのなくをきゝてよめる
 きり/\すよはのころものうすきうへに いたくはしものをかすもあらなむ

  九月霜降秋早寒といふ心を
 むしのねもほのかになりぬはなすゝき あきのすゑはにしもやをくらむ

  秋のすゑによめる
 かりなきてふくかせさむみたかまとの のへのあさちはいろつきにけり

 かりなきてさむきあさけのつゆしもに やのゝかみ山いろつきにけり

  名所紅葉
 はつかりのはかせのさむくなるまゝに さほのやまへはいろつきにけり

 かりなきてさむきあらしのふくなへに たつたのやまはいろつきにけり

  かりのなくをきゝてよめる
 けさきなくかりかねさむ(む+み)から衣 たつたのやまはもみちしぬらん

 神な月またてしくれやふりにけむ みやまにふかきもみちしにけり

 さほやまのはゝそのもみちしくれに ぬるといふことを人/\によませし

  ついてによめる
 さほやまのはゝそのもみちちゝのいろに うつろふ秋はしくれふりけり

  秋哥
 このはちる秋のやまへはうかりけり たへてやしかのひとりなくらん

 もみち葉ゝみちもなきまてちりしきぬ わかやとをとふ人しなけれは

  水上落葉
 なかれゆくこのはのよとむえ(え+に)しあれは くれてのゝちも秋のひさしき

 くれてゆく秋のみなとにうかふこのは あまのつりするふねかともみゆ

  秋のすゑによめる
 はかなくてくれぬと思をゝのつから ありあけの月にあきそのこれる

  秋をゝしむといふことを
 なか月のありあけの月のつきすのみ くるあきことにおしきけふかな

 としことの秋のわかれはあまたあれと けふのくるゝそわひしかりける

  九月しんの心を人/\におほせてつかうまつらせしついてによめる
 は(は+つ)せ山けふをかきりとなかめつる いりあひのかねに秋そくれぬる


    

  十月一日よめる
 秋はいぬかせにこのはゝちりはてゝ 山さひしかるふゆはきにけり

  まつかせしくれにゝたり
 ふらぬよもふるよもまかふしくれかな このはのゝちのみねのまつかせ

 神な月このはふりにし山さとは しくれにまかふまつのかせかな

  冬のうた
 このはちり秋もくれにしかたをかの さひしきもりに冬はきにけり

 はつしくれふりにし日より神なひの もりのこすゑそいろまさりゆく

 神な月しくれふるらしをく山は とやまのもみちいまさかりなり

  冬のはしめの哥
 神な月しくれふれはかならやまの ならのはかしはかてにうつろふ

 したもみちかつはうつろふはゝそはら 神な月してしくれふれりてへ

 みむろ山もみちゝるらし神な月 たつたのかはににしきをりかく

 よしのかはもみちはなかるたきのうへの みふねのやまにあらしふくらし

 ちりつもるこのはくちにしたにみつも こほりにとつる冬はきにけり

 ゆふつくよさはへにたてるあしたつの なくねかなしき冬はきにけり

  野霜(霜&霜)といふことを
 はなすゝきかれたるのへにをくしもの むすほゝれつゝふゆはきにけり

  しもをよめる
 あつまちのみちのふゆくさかれにけり よな/\しもやをきまさるらむ

 おほさはのいけのみつくさかれにけり なかきよすからしもやをくらむ

  月かけしもにゝたりといふことをよめる
 月かけのしろきを見れはかさゝきの わたせるはしにしもそをきにける

  冬哥
 ゆふつくよさほのかはかせ身にしみて そてよりすくるちとりなくなり

  河辺冬月
 ちとりなくさほのかはらの月きよみ ころもてさむしよやふけにけむ

  月前松風
 あまのはらそらをさむけみむはたまの よわたる月にまつかせそふく

  うみのへんのちとりといふことを人/\あまたつかうまつりしついてに
 よをさむみうらのまつかせふきむせひ むしあけのなみにちとりなくなり

 ゆふつくよみつしほあひのかたをなみ なみたしほれてなくちとりかな

 月きよみさよふけゆけはいせしまや いちしのうらにちとりなくなり

  名所ちとり
 衣にてうらのまつかせさえわひて ふきあけの月にちとりなくなり

  寒夜千鳥
 かせさむみよのふけゆけはいもかしま かたみのうらにちとりなくなり

  ふかきよのしも
 むはたまのいもかくろかみうちなひき ふゆふかきよにしもそをきにける

  冬哥
 かたしきのそてこそしもにむすひけれ まつよふけぬるうちのはしひめ

 かたしきのそてもこほりぬふゆのよの あめふりすさむあか月のそら

 夜をさむみかはせにうかふみつのあはの きえあへぬほとにこほりしにけり

  氷をよめる
 をとはやま山おろしふきてあふさかの せきのをかはゝこほりわたれり

  月前嵐
 ふけにけりとやまのあらしさえ/\て とをちのさとにすめる月かけ

  湖上冬月といふ事を
 ひらのやま山かせさむみからさきや にほのみつうみに月そこほれる

  池上冬月
 はらのいけのあしまのつらゝしけゝれと たえ/\月のかけはすみけり

  冬哥
 あしのはゝさはへもさやにをくしもの さむきよな/\こほりしにけり

 なにはかたあしのはしろくをくしもの さえたるよはにたつそなくなる

  よふけて月をみてよめる
 さよふけてくもまの月のかけ見れは そてにしられぬしもそをきける

  社頭霜
 さよふけていなりのみやのすきのはに しろくもしものをきにけるかな

  屏風にみわのやまに雪のふれる所
 ふゆこもりそれとも見えすみわの山 すきのはしろくゆきのふれゝは

  社頭雪
 みくまのゝなきのはしたりふるゆきは 神のかけたるしてにそあるらし

  鶴岡別当僧都許に雪のふれりしあしたよみてつかはすうた
 つるのをかあふきて見れはみねのまつ こすゑはるかに雪そつもれる

 やはた山こたかきまつにゐるたつの はねしろたへにみゆきふるらし

  海辺鶴
 なにはかたしほひにたてるあしたつの はねしろたへにゆきはふりつゝ

  冬哥
 ふりつもるゆきふむいそのはまちとり なみにしほれてよはになくなり

 みさこゐるいそへにたてるむろの木の えたもとおゝにゆきそつもれる

 ゆふされはしほかせさむしなみまより 見ゆるこしまに雪はふりつゝ

 たちのほるけふりはなをそつれもなき ゆきのあしたのしほかまのうら

  雪をよめる
 なかむれはさひしくもあるかけふりたつ むろのやしまのゆきのしたもえ

  冬哥
 ゆふされはうらかせさむしあまを舟 とませの山にみゆきふるらし

 まきもくのひはらのあらしさえ/\て ゆつきかたけにゆきふりにけり

 みやまにはしら雪ふれりしからきの まきのそま人みちたとるらし

 はらへたゝゆきわけころもぬきをうすみ つもれはさむし山おろしのかせ

 まきのとをあさあけのくもの衣てに ゆきをふきまく山おろしのかせ

 やまさとは冬こそことにわひしけれ ゆきふみわけてとふ人もなし

 わかいほはよしのゝおくのふゆこもり 雪ふりつみてとふ人もなし

 おく山のいはねにおふるすかのねの ねもころ/\にふれるしらゆき

 をのつからさひしくもあるかやまふかみ こけのいほりのゆきのゆふくれ

  寺辺夕雪
 うちつけに物そかなしきはつせ山 おのへのかねの

 ふるさとはうらさひしともなきものを よしのゝおくの

  冬哥
 ゆふされはすゝふくあらし身にしみて よしのゝたけにみゆきふるらし

 やまたかみあけはなれゆくよこくもの たえまに見ゆるみねのしらゆき

 見わたせはくもゐはるかに雪しろし ふしのたかねのあけほのゝそら

 さゝのはゝみやまもそよにあられふり さむきしもよをひとりかもねむ

  山辺霰
 くもふかきみやまのあらしさえ/\て いこまのたけにあられふるらし

  雪をよめる
 はしたかもけふやしらふにかはるらん とかへる山にゆきのふれゝは

  冬哥
 ゆきふりてけふともしらぬおく山に すみやくおきなあはれはかなみ

 すみかまのけふりもさひしおほはらや ふりにしさとのゆきのゆふくれ

 わかゝとのいた井のしみつふゆふかみ かけこそみえねこほりすらしも

 ふゆふかみこほりやいたくとちつらし かけこそ見えね山の井のみつ

 冬ふかみこほりにとつるやまかはの くむ人なしみとしやくれなむ

 ものゝふのやそうちかはをゆく水の なかれてはやきとしのくれかな

 しらゆきのふるのやまなるすきむらの すくるほとなきとしのくれかな

 かつらきや山をこたかみゆきしろし あはれとそ思としのくれぬる

  仏名心をよめる
 身につもるつみやいかなるつみならん けふゝるゆきとゝもにけなゝむ

  歳暮
 おいらくのかしらのゆきをとゝめをきて はかなのとしやくれてゆくらむ

 とりもあへすはかなくゝれてゆくとしを しはしとゝめむせきもりもかな

 ちふさすふまたいとけなきみとりこと ともになきぬるとしのくれかな

 ちりをたにすゑしとやおもふゆくとしの あとなきにはをはらふまつかせ

 うはたまのこのよなあけそしは/\も またふるとしのうちそとおもはん

 はかなくてこよひあけなはゆくとしの おもひいてもなき春にやあはなむ

  賀
 ちゝのはるよろつの秋になからへて 花と月とをきみそ見るへき

 おとこ山神にそぬさをたむけつる やをよろつよもきみかまに/\

  まつによするといふことをよめる
 やはた山こたかきまつのたねしあらは ちとせのゝちもたえしとそ思

 くらゐやまこたかくならむまつにのみ やをよろつよと春風そふく

 ゆくすゑもかきりはしらすゝみよしの まつにいくよのとしかへぬらむ

 すみよしのおふてふまつのえたしけみ はことにちよのかすそこもれる

 きみかよは猶しもつきしすみよしの まつはもゝたひおひかはるとも

  祝の心を
 たつのゐるなからのはまのはまかせに よろつよかけてなみそよすなる

 ひめしまのこまつかうれにゐるたつの ちとせふれともとしおひすけり

  大甞会の年の哥
 くろもきて君かつくれるやとなれは よろつよふともふりすもありなむ

  むめの花をかめにさせるを見てよめる
 たまたれのこかめにさせるむめの花 よろつよふへきかさしなりけり

  花のさけるを見て
 やとにあるさくらのはなはさきにけり ちとせのはるもつねかくし見む

  こけによするいはひといふことを
 いはにむすこけのみとりのふかきいろを いくちよまて(て+に)とたれかそめけむ

  二所詣し侍し時
 ちはやふるいつのを山のたまつはき やをよろつよもいろはかはらし

  月によするいはひ
 よろつよに見るともあかしなか月の ありあけの月のあらむかきりは

  河辺月
 ちはやふるみたらしかはのそこきよみ のとかに月のかけはすみけり

  いはひのうた
 きみかよもわか世もつきしいしかはや せみのをかはのたえしとおもへは

 朝にありてわかよはつきしあまのとや いつる月日のてらむかきりは

    

  初恋の心をよめる
 はるかすみたつたの山のさくらはな おほつかなきをしる人のなさ

  寄鹿恋
 秋のゝのあさきりかくれなくしかの ほのかにのみやきゝわたりなん

  恋哥
 あしひきのやまのをかへにかるかやの つかのまもなしみたれてそ思

 わここひははつ山あゐのすりころも 人こそしらねみたれてそ思

 こかくれてものをおもへはうつせみの はにをくつゆのきえやかへらむ

 かさゝきのはにをくつゆのまろ木はし ふみゝぬさきにきえやわたらむ

 月かけのそれかあらぬかゝけろふの ほのかに見えてくもかくれにき

 くもかくれなきてゆくなるはつかりの はつかに見てそ人はこひしき

  くさによせてしのふるこひ
 秋かせになひくすゝきのほにはいてす 心みたれてものを思かな

  風によするこひ
 あたしのゝくすのうらふく秋かせの めにし見えねはしる人もなし

 秋はきの花のゝすゝきつゆをゝもみ をのれしほれてほにやいてなむ

  ある人のもとにつかはし侍し
 なにはかたみきはのあしのいつまてか ほにいてすしも秋をしのはむ

 かりのゐるはかせにさはく秋のたの おもひみたれてほにそいてぬる

  こひの心をよめる
 さよふけてかりのつはさにをくつゆの きえてもゝのはおもふかきりを

  しのふるこひ
 しくれふるおほあらきのゝをさゝはら ぬれはひつともいろにいてめや

  神な月のころ人のもとに
 しくれのみふるの神すきふりぬれと いかにせよとかいろのつれなき

  こひの哥
 よをさむみかものはかひにをくしもの たとひけぬともいろにいてめやま

 あしかものさはくいりえのうきくさの うきてやものを思わたらん

  うみのへんのこひ
 うきなみのをしまのあまのぬれ衣 ぬるとないひそくちはゝつとも

 いせしまやいちしのあまのすてころも あふことなみにくちやはてなむ

 あはちしまかよふちとりのしは/\も はねかくまなくこひやわたらむ

  こひのうた
 とよくにのきくのなかはまゆめにたに またみぬ人にこひやわたらむ

 すまのうらにあまのともせるいさり火の ほのかに人を見るよしもかな

 あしのやのなたのしほやきわれなれや よるはすからにくゆりわふらむ

  ぬまによせてしのふるこひ
 かくれぬのしたはふあしのみこもりに われそもの思ゆくゑしらねは

  水へんのこひ
 まこもおふるよとのさは水みくさゐて かけし見えねはとふ人もなし

 みしまえやたまえのまこもみかくれて めにしみえねはかる人もなし

  あめによするこひ
 ほとゝきすなくやさ月のさみたれの はれす物思ころにもあるかな

 ほとゝきすまつよなからのさみたれに しけきあやめのねにそなきぬる

 ほとゝきすきなくさ月のうの花の うきことのはのしけきころかな

  なつのこひといふことを
 さ月やまこのしたやみのくらけれは をのれまとひてなくほとゝきす

  こひのうた
 おくやまのたつきもしらぬきみにより わか心からまとふへらなる

 をく山のこけふみならすさをしかも ふかき心のほとはしらなむ

 あまのはらかせにうきたるうきくもの ゆくゑさためぬこひもするかな

  くもによするこひ
 しらくものきえはきえなてなにしかも たつたのやまのなみのたつらむ

  ころもによするこひ
 わすらるゝ身はうらふれぬから衣 さてもたちにしなこそおしけれ

  こひの心をよめる
 きみにこひうらふれをれは秋風に なひくあさちのつゆそけぬへき

 ものおもはぬのへのくさ木のはにたにも 秋のゆふへはつゆそをきける

 あきのゝの花のちくさにものそ思 つゆよりしけきいろは見えねと

  つゆによするこひ
 わかそてのなみたにもあらぬつゆにたに はきのしたはゝいろにいてにけり

  こひのうた
 山しろのいはたのもりのいはすとも 秋のこすゑはしるくやあるらむ

  山家のちのあした
 きえなましけさたつねすは山しろの 人こぬやとのみちしはのつゆ

  くさによせてしのふるこひ
 なてしこの花におきゐるあさつゆの たまさかにたに心へたつな

  なてしこによするこひ
 わかこひは夏のゝすゝきしけゝれと ほにしあらねはとふ人もなし

  あひてあはぬ(△△△△&あひてあはぬ)こひ
 いまさらになにをかしのふはなすゝき ほにいてし秋もたれならなくに

  すゝきによするこひ
 まつ人はこぬものゆへに花すゝき ほにいてゝねたきこひもするかな

  たのめたる人のもとに
 をさゝはらをくつゆさむみ秋されは まつむしのねになかぬよそなき

 まつよゐのふけゆくたにもあるものを 月さへあやなかたふきにけり

 まてとしもたのめぬ山も月はいてぬ いひしはかりのゆふくれのそら

  月によするこひ
 かすならぬ身はうきくものよそなから あはれとそ思秋のよの月

 月かけもさやには見えすかきくらす 心のやみのはれしやらねは

  月のまへこひ
 わかそてにおほえす月そやとりける とふ人あらはいかゝこたへむ

  秋ころいひなれにし人のもの(ゝ&の)へまかれりしにたよりにつけて
  ふみなとつかはすとて
 うはのそらに見しおもかけをおもひいてゝ 月になれにし秋そこひしき

 あふことをくもゐのよそにゆくかりの とをさかれはやこゑもきこえぬ

  とをきくにへまかれりし人八月はかりにかへりまいるへきよしを申て
  九月まて見えさりしかはかの人のもとにつかはし侍しうた
 こむとしもたのめぬうはのそらにたに 秋かせふけはかりはきにけり

 いまこむとたのめし人は見えなくに あきかせさむみかりはきにけり

  かりによするこひ
 しのひあまりこひしき時はあまのはら そらとふかりのねになきぬへし

  こひのうた
 あまころもたみのゝしまになくたつの こゑきゝしよりわすれかねつも

 なにはかたうらよりをちになくたつの よそにきゝつゝこひやわたらむ

 人しれすおもへはくるしたけくまの まつとはまたしまてはすへなし

 わかこひはみやまのまつにはふつたの しけきを人のとはすそありける

 山しけみこのしたかくれゆくみつの をときゝしよりわれやわするゝ

 神山のやましたみつのわきかへり いはてもの思われそかなしき

 こけふかきいしまをつたふ山水の をとこそたてねとしはへにけり

 あつまちのみちのおくなるしらかはの せきあへぬそてをもるなみたかな

 しのふ山したゆくみつのとしをへて わきこそかへれあふよしをなみ

 もらしわひぬしのふのおくのやまふかみ こかくれてゆくたにかはの水

 心をしゝのふのさとにをきたらは あふくまかはゝみまくちかけん

 としふともをとにはたてしをとはかは したゆくみつのしたのおもひを

 いその神ふるのたかはしふりぬとも もとつ人にはこひやわたらむ

 ひろせかはそてつくはかりあさけれと われはふかめて思そめてき

 あふさかのせきやもいつらやましなの をとはのたきのをとにきゝつゝ

 いしはしる山したゝきつ山かはの 心くたけてこひやわたらむ

 やまかはのせゝのいはなみわきかへり をのれひとりや身をくたくらむ

 うきしつみはてはあはとそなりぬへき せゝのいはなみ身をくたきつゝ

  こひ
 しら山にふりてつもれる雪なれは したこそきゆれうへはつれなし

 くものゐるよしのゝたけにふるゆきの つもり/\てはるにあひにけり

 春ふかみゝねのあらしにちる花の さためなきよにこひつゝそふる

  月によせてしのふるこひ
 はるやあらぬ月はみしよのそらなから なれしむかしのかけそこひしき

 思きやありしむかしの月かけを いまはくもゐのよそに見むとは

  まつこひの心をよめる
 さむしろにひとりむなしくとしもへぬ よるのころものすそあはすして

 さむしろにいくよの秋をしのひきぬ いまはたおなしうちのはしひめ

 こぬ人をかならすまつとなけれとも あか月かたになりやしぬらむ

  あか月のこひ
 さむしろにつゆのはかなくおきていなは あか月ことにきえやわたらむ

  あか月のこひといふことを
 あか月のつゆやいかなるつゆならん おきてしゆけはわひしかりけり

 あか月のしきのはねかきしけゝれと なとあふことのまとをなるらん

  人をまつ心をよめる
 みちのくのまのゝかやはらかりにたに こぬ人をのみまつかくるしさ

 まてとしもたのめぬ人のくすのはも あたなるかせをうらみやはせぬ

  こひの心をよめる
 秋ふかみすそのゝまくすかれ/\に うらむるかせのおとのみそする

 あきのゝにをくしらつゆのあさな/\ はなかくてのみきえやかへらむ

 かせをまついまはたおなしみやきのゝ もとあらのはきのはなのうへのつゆ

  きくによするこひ
 きえかへりあるかなきかにものそ思 うつろふ秋のはなのうへのしも

 花により人の心ははつしもの をきあへすいろのかはるなりけり

  ひさしきこひの心を
 わかこひはあはてふるのゝをさゝはら いくよまてとかしものをくらむ

  古郷こひ
 くさふかみさしもあれたるやとなるを つゆをかたみにたつねこしかな

 さとはあれてやとはくちにしあとなれや あさちかつゆにまつむしのなく

 あれにけりたのめしやとはくさのはら つゆのゝきはにまつむしのなく

 しのふくさしのひ/\にをくつゆを 人と(と$)こそとはねやとはふりにき

 やとはあれてふるきみやまのまつにのみ とふへきものとかせのふくらむ

  としをへてまつこひといふことを人/\におほせてつかうまつらせしついてに
 ふるさとのあさちかつゆにむすほゝれ ひとりなくむしの人をうらむる

  ものかたりによするこひ
 わかれにしむかしはつゆかあさちはら あとなきのへに秋かせそふく

  冬のこひ
 あさちはらあとなきのへにをくしもの むすほゝれつゝきえやわたらむ

 あさちはらあたなるしものむすほゝれ 日かけをまつにきえやわたらん

 にはのおもにしけりにけらしやへむくら とはていくよの秋かへぬ(ぬ#)らむ

  古郷こひ
 ふるさとのすきのいたやのひまをあらみ ゆきあはてのみとしのへぬらん

  すたれによするこひ
 つのくにのこやのまろやのあしすたれ まとをになりぬゆきあはすして

  こひの哥
 すみよしのまつとせしまにとしもへぬ ちきのかたそきゆきあはすして

 すみのえのまつことひさになりにけり こむとたのめてとしのへぬれは

 おもひたえわひにしものをいまさらに のなかのみつのわれをたのむる

 をしかふすなつのゝくさのつゆよりも しらしなしけき思ありとは

 きかてたゝあらまし物をゆふつくよ 人たのめなるおきのうはかせ

  たなはたによするこひ
 たなはたにあらぬわか身のなそもかく としにまれなる人をまつらむ

  こひのうた
 わかこひはあまのはらとふあしたつの くもゐにのみやなきわたりなむ

 ひさかたのあまのかはらにすむたつも 心にもあらぬねをやなくらむ

 ひさかたのあまとふくものかせをいたみ われはしか思いもにしあはねは

 わかこひはかこのわたりのつなてなは たゆたふ心やむ時もなし

  こかねによするこひ
 こかねほるみちのくやまにたつたみの いのちもしらぬこひもするかも

 あふことのなきなをたつのいちにうる かねてもの思わか身なりけり

  雪中まつ人といふことを
 けふも又ひとりなかめてくれにけり たのめぬやとのにはのしらゆき

  こひのうた
 おくやまのいはかきぬにこのはおちて しつめる心人しるらめや

 おく山のすゑのたつきもいさしらす いもにあはすてとしのへゆけは

 ふしのねのけふりもそらにたつものを なとかおもひのしたにもゆらむ

 おもひのみふかきみやまのほとゝきす 人こそしらねゝをのみそなく

 名にしおはゝその神山のあふひくさ かけてむかしを思いてなむ

 なつふかきもりのうつせみをのれのみ むなしきこひに身をくたくらむ

 おほあらきのうきたのもりにひくしめの うちはへてのみこひやわたらむ

 それをたにおもふことゝてちはやふる 神のやしろにねかぬ日はなし

 ちはやふるかものかはなみいくそたひ たちかへるらむかきりしらすも

 なみたこそゆくゑもしらねみわのさき さのゝわたりのあめのゆふくれ

 しらまゆみいそへの山のまつのはの 時はにものを思ころかな

 しらなみのいそらかちなるのとせかは のちもあひ見む身をしたへすは

 わたつうみになかれいてたるしかまかは しかもたへすやこひわたりなむ

 きみによりわれとはなしにすまのうらに もしをたれつゝとしのへぬらむ

 おきつなみうちいてのはまのはまひさき しほれてのみやとしのへぬらん

 かくてのみありそのうみのありつゝも あふよもあらはなにかうら見む

 みくまのゝうらのはまゆふいはすとも おもふ心のかすをしらなむ

 わかこひはもゝしまめくるはまちとり ゆくゑもしらぬかたになくなり

 おきつしまうのすむいしによるなみの まなくもの思われそかなしき

 たこのうらのあらいそのたまもなみのうへに うきてたゆたふこひもするかな

 かもめゐるあらいそのすさきしほみちて かくろひゆけはまさるわかこひ

 むこのうらのいりえのすとりあさな つねに見まくのほしきゝみかも


    

 たまほこのみちはとをくもあらなくに たひとしおもへはわひしかりけり

 くさまくらたひにしあれはかりこもの 思みたれていこそねられね

 たひころもたもとかたしきこよひもや くさのまくらにわかひとりねむ

  羇中夕露
 つゆしけみならはぬのへのかりころも ころしもかなし秋のゆふくれ

 のへわけぬそてたにつゆはをくものを たゝこのころの秋のゆふくれ

 たひ衣うらかなしかるゆふくれの すそのゝつゆに秋かせそふく

  羇中鹿
 たひころもすそのゝつゆにうらふれて ひもゆふかせにしかそなくなる

 秋もはやすゑのはらのになくしかの こゑきく時そたひはかなしき

 ひとりふすくさのまくらのよるのつゆは ともなきしかのなみたなりけり

  旅宿月
 ひとりふすくさのまくらのつゆのうへに しらぬのはらの月をみるかな

 いはかねのこけのまくらにつゆをきて いくよみやまの月にねぬらむ

  旅宿霜
 そてまくらしもをくとこのこけのうへに あかすはかりのさよの中山

 しなかとりゐなのゝはらのさゝまくら まくらのしもやゝとる月かけ

  旅哥
 たひねするいせのはまをきつゆなから むすふまくらにやとる月かけ

  旅宿時雨
 たひのそらなれぬはにふのよるのとに わひしきまてにもるしくれかな

  屏風のゑに山家にまつかける所にたひ人あまたあるをよめる
 まれにきてきくたにかなし山かつの こけのいほりのにはのまつかせ

 まれにきてまれにやとかる人もあらし あはれとおもへにはのまつかせ

  ゆきふれる山の中にたひ人したる所
 かたしきのころもていたくさえわひぬ ゆきふかきよのみねのまつかせ

 あか月のゆめのまくらにゆきつもり わかねさめとふみねのまつかせ

  羇中雪
 たひころもよはのかたしきさえ/\て のなかのいほに雪ふりにけり

 あふさかのせきのやまみちこえわひぬ きのふもけふもゆきしつもれは

 雪ふりてあとはゝかなくたえぬとも こしのやまみちやますかよはむ

  二所へまうてたりし下向にはるさめいたくふれりしかはよめる
 はるさめはいたくなふりそたひ人の みちゆき衣ぬれもこそすれ

 春さめにうちそほちつゝあしひきの 山ちゆくらむやま人やたれ


   

  海辺立春といふ事をよめる
 しほかまのうらのまつかせかすむなり やそしまかけてはるやたつらむ

  子日
 いかにしてのなかのまつのふりぬらん むかしの人はひかすやありけむ

  残雪
 はるきては花とか見らむをのつから くちきのそまにふ(ふ+れ)るしらゆき

  鴬
 ふかくさのたにのうくひす春ことに あはれむかしとねをのみそなく

 くさふかきかすみのたにゝはくゝもる うくひすのみやむかしこふらし

  海辺春月
 すみよしのまつのこかくれゆく月の おほろにかすむはるのよのそら

  屏風にかもへまうてたる所
 たちよれはころもてすゝしみたらしや かけみるきしのはるのかはなみ

  海辺春望
 なにはかたこきいつるふねのめもはるに かすみにきえてかへるかりかね

  関路花
 名にしおはゝいさたつねみんあふさかの せきちにゝほふ花はありやと

 たつね見るかひはまとにあふさかの 山ちにゝほふはなにそありける

 あふさかのあらしのかせにちるはなを しはしとゝむるせきもりそなき

 あふさかのせきのせきやのいたひさし まはらなれはやはなのもるらん

  桜
 いにしへのくちきのさくら春ことに あはれむかしと思かひなし

 うつせみのよはゆめなれやさくらはな さきてはちりぬあはれいつまて

  屏風に春のゑかきたる所を夏見てよめる
 みてのみそおとろかれぬるぬはたまの ゆめかと思し春のゝこれる

  なてしこ
 ゆかしくはゆきても見ませゆきしまの いはほにおふるなてしこのはな

 わかやとのませのはたてにはふうりの なりもならすもふたりねまほし

  祓哥
 わかくにの山としまねの神たちを けふのみそきにたむけつるかな

 あた人のあたにある身のあたことを けふみな月のはらへすてつといふ

  山家思秋
 ことしけき世をのかれにし山さとに いかにたつねて秋のきつらん

 ひとりゆくそてよりをくかおくやまの こけのとほそのみちのゆふつゆ

  故郷虫
 たのめこし人たにとはぬふるさとに たれまつむしのよはになくらむ

  故郷の心を
 うつらなくふりにしさとのあさちふに いくよの秋のつゆかをきけむ

  ちきりむなしくなれる心をよめる
 ちきりけむこれやむかしのやとならん あさちかはらにうつらなくなり

  あれたるやとの月といふ心を
 あさちはらぬしなきやとのにはのおもに あはれいくよの月かすみけむ

  月をよめる
 思いてゝむかしをしのふそてのうへに ありしにもあらぬ月そやとれる

  故郷月
 ゆきめくり又もきて見むふるさとの やともる月はわれをわするな

 おほはらやおほろのし水さとゝをみ 人こそくまね月はすみけり

  水辺月
 わくらはにゆきても見しかさめかゐの ふるきしみつにやとる月かけ

  まないたといふものゝうへにかりをあらぬさま(ま+に)しておきたるを見てよめる
 あはれなりくもゐのよそにゆくかりも かゝるすかたになりぬとおもへは

  こゑうちそふるおきつしらなみといふことを人/\あまたつかうまつりしついてに
 すみのえのきしのまつふく秋かせを たのめてなみのよるをまちける

  月前千鳥
 たまつしまわかのまつはらゆめにたに また見ぬ月にちとりなくなり

  冬初によめる
 はるといひ夏とすくして秋かせの ふきあけのはまにふゆはきにけり

  はまへいてたりしにあまのもしほ火をみて
 いつもかくさひしきものかあしのやに たきすさひたるあまのもしほ火

 みつとりのかものうきねのうきなから たまものとこにいくよへぬらん

  松問雪
 たかさこのおのへのまつにふるゆきの ふりていくよのとしかつもれる

 ゆきつもるわかのまつはらふりにけり いくよへぬらむたまつしまもり

  海辺冬月
 月のすむいそのまつかせさえ/\て しろくそ見ゆる雪のしらはま

  屏風になちのみやまかきたる所
 冬こもりなちのあらしのさむけれは こけのころものうすくやあるらむ

  深山にすみやくを見てよめる
 すみをやく人の心もあはれなり さてもこのよをすくるならひは

  あしにわつらふことありていりこもれりし人のもとにゆきふりし日よみてつかはす哥
 ふるゆきをいかにあはれとなかむらん 心はおもふともあしたゝすして

  老人寒をいとふといふ事を
 としふれはさむきしもよそさえけらし かうへは山の雪ならなくに

  雪
 我のみそかなしとは思なみのよる やまのひたいにゆきのふれゝは

 としつもるこしのしら山しらすとも かしらのゆきをあはれとは見よ

  老人隣歳暮
 おいぬれはとしのくれゆくたひことに わか身ひとつとおもほゆるかな

 しらかといひおひぬるけにやことしあれは としのはやくもおもほゆるかな

 うちわすれはかなくてのみすくしきぬ あはれともおもへ身につもるとし

 あしひきのやまよりおくにやともかな としのくましきかくれかにせむ

  としのはてのうた
 ゆくとしのゆくへをとへはよのなかの ひとこそひとつまうくへらなれ

  雑
 春秋はか(か+は)りゆけともわたつうみの なかなるしまのまつそひさしき

  みさきといふ所へまかれりしみちにいそへのまつとしふりにけるを見てよめる
 いそのまついくひさゝにかなりぬらん いたくこたかきかせのをとかな

  ものまうてし侍し時いそのほとりにまつ一本ありしを見てよめる
 あつさゆみいそへにたてるひとつまつ あなつれ/\けともなしにして

  屏風哥
 としふれはおひそたうれてくちぬへき 身はすみのえのまつならなくに

 すみのえのきしのひめまつふりにけり いつれのよにかたねはまきけむ

 とよくにのきくのそまゝつおいにけり しらすいくよのとしかへにけむ

  屏風ゑにのゝ中にまつ三本おひたる所をきぬかふれる女一人とほりたる
 をのつから我をたつぬる人もあらは のなかのまつよ見きとかたるな

  かち人のはしわたりたる所
 かち人のわたれはゆるくかつしかの まゝのつきはしくちやしぬらん

  故郷の心を
 いにしへをしのふとなしにいその神 ふりにしさとにわれはきにけり

 いその神ふるきみやこは神さひて たゝるにしあれや人もかよはぬ

 相州の土屋といふ所にとし九十にあまれるくちほうしありをのつからきたるむかしかたりなとせしついてに身のたちゐにたへすなんなりぬることをなく/\申ていてぬ時にといふことを人/\におほせてつかうまつらせしついてによみ侍哥
 我いくそみしよのことを思いてつ あくるほとなきよるのねさめに

 思いてゝよるはすからにねをそなく ありしむかしのよゝのふること

 中/\においはほれてもわすれなて なと(と+か)むかしをいとしのふらむ

 みちとをしこしはふたへにかゝまれり つゑにすかりてそこゝまてもくる

 さりともとおもふものから日をへては したい/\によはるかなしさ

  雑哥
 いつくにてよをはつくさむすかはらや ふしみのさともあれぬといふものを

 なけきわひよをそむくへきかたしらす よしのゝおくもすみうしといへり

 よにふれはうきことのはのかすことに たえすなみたのつゆそをきける

  あし
 なにはかたうきふしゝけきあしのはに おきたるつゆのあはれよの中

  舟
 世中はつねにもかもなゝきさこく あまのをふねのつなてかなしも

  ちとり
 あさほらけあとなきなみになくちとり あなこと/\しあはれいつまて

  つる
 さはへよりくもゐにかよふあしたつも うきことあれやねのみなくらむ

  慈悲の心を
 ものいはぬよものけたものすらたにも あはれなるかなやおやのこを思

 みちのほとりにおさなきわらはのはゝをたつねていたくなくをそのあたりの人にたつねしかはちゝはゝなむ身まかりにしとこたへ侍しをきゝてよめる
 いとおしや見るになみたもとゝまらす おやもなきこのはゝをたつぬる

  無常を
 かくてのみありてはかなき世中を うしとやいはむあはれとやいはん

 うつゝともゆめともしらぬ世にしあれは ありとてありとたのむへき身か

  わひ人のよにたちめくるを見てよめる
 とにかくにあれはありけるよにしあれは なしとてもなきよをもふるかも

  ひころやまうすともきかさりし人あか月はかなくなりにけるときゝてよめる
 きゝてしもおとろくへきにあらねとも はかなきゆめのよにこそありけれ

  世中つねならすといふことを人もとによみてつかはし侍し
 よの中にかしこきこともはかなきも 思しとけはやめにそありける

  大乗作中道観哥
 世中はかゝみにうつるかけにあれや あるにもあらすなきにもあらす

  思罪業哥
 ほのをのみ虚空に見てるあひちこく ゆくゑもなしといふもはかなし

  懺悔哥
 たうをくみたうをつくるも人のなけき 懺悔にまさる功徳やはある

  得功徳哥
 大日種子よりいてゝさまや形(形&形) さまやきやう又尊形となる

  心の心をよめる
 神といひ仏といふもよの中の 人の心のほかのものかは

  建暦元年七月洪水漫天土民愁歎せむことを思て一人奉向本尊聊致祈念云
 時によりすくれはたみのなけきなり 八大龍王雨やめたまへ

  人心不常といふ事をよめる
 とにかくにあなさためなの世中や よろこふものあれはわふるものあり

  黒
 うはたまやゝみのくらきにあまくもの やへくもかくれかりそなくなる

  白
 かもめゐるおきのしらすにふるゆきの はれゆくそらの月のさやけさ

  ある人みやこのかたへのほり侍しにたよりにつけてよみてつかはすうた
 夜をさむみひとりねさめのとこさえて わかころもてにしもそおきける

 かゝるおりもありけるものをたまくらの ひまもるかせをなにいとひけむ

 いはねふみいくへのみねをこえぬとも おもひもいては心へたつな

 みやこよりふきこんかせのきみならは わするなとたにいはましものを

 うちたえておもふはかりはいはねとも たよりにつけてたつぬはかりそ

 宮こへにゆめにもゆかむたよりあらは うつの山かせふきもつたへよ

 五月のころ睦奥へまかれりし人のもとにあふきなとあまたつかはし侍し中にほとゝきすかきたるあふきにかきつけ侍しうた
 たちわかれいなはの山のほとゝきす まつとつけこせかへるくるかに

  ちかうめしつかう女はうとをきくにゝまからんといとま申侍しかは
 山とをみくもゐにかりのこえていなは われのみひとりねにやなきなむ

  とをきくにへまかれりし人のもとより見せはやそてのなと申をこせたりしかへりことに
 われゆへにぬるゝにはあらしから衣 やまちのこけのつゆにそありけむ

  しのひていひわたる人ありきはるかなるかたへゆかむといひ侍りしかは
 ゆひそめてなれしたふさのこむらさき おもはすいまもあさかりきとは

  やまのはに日のいるを見てよめる
 くれなゐのちしほのまふりやまのはに 日のいる時のそらにそありける

 二所詣下向にはまへの宿のまへにまへかはといふかはありあめふりてみつまさりにしかはひくれてわたり侍し時よめる
 はまへなるまへのかはせをゆくみつの はやくもけふのくれにけるかな

  相模河といふかはあり月さしいてゝのちふねにのりてわたるとてよめる
 ゆふつくよさすやかはせのみなれさを なれてもうときなみのおとかな

  二所詣下向後朝にさふらひとも見えさりしかは
 たひをゆきしあとのやともりをの/\に わたくしあれやけさはいまたこぬ

  たみのかまとよりけふりのたつをみてよめる
 みちのくにこゝにやいつくしほかまの うらとはなしにけふりたつみゆ

  又のとし二所へまいりたりし時はこねのみうみを見てよみ侍哥
 たまくしけはこねのみうみけゝれあれや ふたくにかけてなかにたゆたふ

 はこねのやまをうちいてゝみれはなみのよるこしまありともの物こ(こ+の)うみのなはしるやとたつねしかはいつのうみとなむ申とこたへ侍しをきゝて
 はこねちをわれこえくれはいつのうみや おきのこしまになみのよるみゆ

  あさほらけやへのしほちかすみわたりてそらもひとつに見え侍しかはよめる
 そらやうみうみやそらともえそわかぬ かすみもなみもたちみちにつゝ

  あらいそになみのよるを見てよめる
 おほうみのいそもとゝろによするなみ われてくたけてさけてちるかも

  走湯山に参詣之時哥
 わたつうみの中にむかひていつるゆの いつのをやまとむへもいひけり

 いつのくにやまのみなみにいつるゆの はやきは神のしるしなりけり

 はしるゆの神とはむへそいひけらし はやきしるしのあれはなりけり

  神祇哥
 みつかきのひさしきよゝりゆふたすき かけし心は神そしるらん

 さとみこかみゆたてさゝのそよ/\に なひきおきふしよしやよの中

 かみつけのせたのあかきのからやしろ 山とにいかてあとをたれけむ

  法眼定忍にあひて侍し時大峯の物かたりなとせしをきゝてのちによめる
 いくかへりゆきゝのみねのそみかくた すゝかけころもきつゝなれけん

 すゝかけの(の+こけ)おりきぬのふるころも おてもこのもにきつゝなれけむ

 をく山のこけのころもにをくつゆは なみたのあめのしつくなりけり

  那智滝のありさまかたりしを
 みくまのゝなちのを山にひくしめの うちはへてのみおつるたきかな

  みわのやしろを
 いまつくるみわのはうりかすきやしろ すきにしことはとはすともよし

  賀茂祭哥
 あふひくさかつらにかけてちはやふる かものまつりをねるやたかこそ

  社頭松風
 ふりにけるあけのたまかき神さひて やれたるみすにまつかせそふく

  社頭月
 月のすむきたのゝ宮のこまつはら いくよをへてか神さひにけむ

  神
 月さゆるみもすそかはのそこきよみ いつれのよにかすみはしめけむ

 いにしへの神世のかけそのこりける あまのいはせのあけかたの月

 やをよろつよもの神たちあつまれり たかまのはらにきゝたかくして

  伊勢御遷宮のとしのうた
 神かせやあさ日の宮のみやうつし かけのとかなるよにこそありけれ

  述懐哥
 きみかよになをなからへて月きよみ 秋のみそらのかけをまたなむ

  太上天皇御書下預時哥
 おほきみの勅をかしこみちゝわくに 心はわくとも人にいはめやも

 ひんかしのくにゝわかおれはあさ日さす はこやの山のかけとなりにき

 山はさけうみはあせなむ世なりとも 君にふた心わかあらめやも 

建暦三年十二月十八日
かまくらの右大臣家集

金槐和歌集        目録