ろくろ首 ROKURO-KUBI 小泉八雲 田部隆次訳 目録
 五百年ほど前に、九州菊池の侍臣に磯貝平太左衞門武連たけつらと云う人がいた。この人は代々武勇にすぐれた祖先からの遺伝で、生れながら弓馬の道に精しく非凡の力量をもっていた。
 未だ子供の時から劒道、弓術、槍術では先生よりもすぐれて、大胆で熟練な勇士の腕前を充分にあらわしていた。
 その後、永享年間(西暦一四二九―一四四一)の乱に武功をあらわして、ほまれを授かった事たびたびであった。
 しかし菊池家が滅亡に陥った時、磯貝は主家を失った。
 外の大名に使われる事も容易にできたのであったが、自分一身のために立身出世を求めようとは思わず、また以前の主人に心が残っていたので、彼は浮世を捨てる事にした。そして剃髪して僧となり――囘龍と名のって――諸国行脚に出かけた。
 しかし僧衣の下には、いつでも囘龍の武士の魂が生きていた。昔、危険をものともしなかったと同じく、今はまた難苦を顧みなかった。
 それで天気や季節に頓着なく、外の僧侶達のあえて行こうとしない処へ、聖い仏の道を説くために出かけた。
 その時代は暴戻乱雑の時代であった。
 それでたとえ僧侶の身でも、一人旅は安全ではなかった。

 始めての長い旅のうちに、囘龍は折があって、甲斐の国を訪れた。
 ある夕方の事、その国の山間を旅しているうちに、村から数理を離れた、はなはだ淋しい処で暗くなってしまった。
 そこで星の下で夜をあかす覚悟をして、路傍の適当な草地を見つけて、そこに臥して眠りにつこうとした。彼はいつも喜んで不自由を忍んだ。
 それで何も得られない時には、裸の岩は彼にとってはよい寝床になり、松の根はこの上もない枕となった。彼の肉体は鉄であった。
 露、雨、霜、雪になやんだ事は決してなかった。横になるや否や、斧と大きな薪の束を脊負うて道をたどって来る人があった。
 この木こりは横になっている囘龍を見て立ち止まって、しばらく眺めていたあとで、驚きの調子で云った。
「こんなところで独りでねておられる方はそもそもどんな方でしょうか。
 ……このあたりには変化へんげのものが出ます――たくさんに出ます。
 あなたは魔物を恐れませんか」
 囘龍は快活に答えた、
「わが友、わしはただの雲水じゃ。それゆえ少しも魔物を恐れない、――たとえ化け狐であれ、化け狸であれ、その外何の化けであれ。
 淋しい処は、かえって好む処、そん処は黙想をするのによい。
 わしは大空のうちに眠る事に慣れておる、それから、わしのいのちについて心配しないように修業を積んで来た」
「こんな処に、お休みになる貴僧は、全く大胆な方に相違ない。
 ここは評判のよくない――はなはだよくない処です。
 「君子危うきに近よらず」と申します。
 実際こんな処でお休みになる事ははなはだ危険です。
 私の家はひどいあばらやですが、御願です、一緒に来て下さい。
 喰べるものと云っては、さし上げるようなものはありません。
 が、とにかく屋根がありますから安心してねられます」
 熱心に云うので、囘龍はこの男の親切な調子が気に入って、この謙遜な申出を受けた。
 きこりは往来から分れて、山の森の間の狭い道を案内して上って行った。
 凸凹の危険な道で、――時々断崖の縁を通ったり、――時々足の踏み場処としては、滑りやすい木の根のからんだものだけであったり、――時々尖った大きな岩の上、または間をうねりくねったりして行った。
 しかし、ようやく囘龍はある山の頂きの平らな場所へ来た。
 満月が頭上を照らしていた。見ると自分の前に小さな草ふき屋根の小屋があって、中からは陽気な光がもれていた。きこりは裏口から案内したが、そこへは近処の流れから、竹の筧で水を取ってあった。
 それから二人は足を洗った。
 小屋の向うは野菜畠につづいて、竹藪と杉の森になっていた。
 それからその森の向うに、どこか遥かに高い処から落ちている滝が微かに光って、長い白い着物のように、月光のうちに動いているのが見えた。

 囘龍が案内者と共に小屋に入った時、四人の男女が炉にもやした小さな火で手を暖めているのを見た。
 僧に向って丁寧にお辞儀をして、最も恭しき態度で挨拶を云った。
 囘龍はこんな淋しい処に住んでいるこんな貧しい人々が、上品な挨拶の言葉を知っている事を不思議に思った。
「これはよい人々だ」
 彼は考えた
「誰かよく礼儀を知っている人から習ったに相違ない」
 それから外のものが「あるじ」と云っているその主人に向って云った。
「その親切な言葉や、皆さんから受けたはなはだ丁寧なもてなしから、私はあなたを初めからのきこりとは思われない。
 たぶん以前は身分のある方でしたろう」
 きこりは微笑しながら答えた。
「はい、その通りでございます。
 ただ今は御覧の通りのくらしをしていますが、昔は相当の身分でした。
 私の一代記は、自業自得で零落したものの一代記です。
 私はある大名に仕えて、重もい役を務めていました。
 しかし余りに酒色に耽って、心が狂ったために悪い行をいたしました。
 自分の我儘から家の破滅を招いて、たくさんの生命を亡ぼす原因をつくりました。
 その罸があたって、私は長い間この土地に亡命者となっていました。
 今では何か私の罪ほろぼしができて、祖先の家名を再興する事のできるようにと、祈っています。しかしそう云う事もできそうにありません。
 ただ、真面目な懺悔をして、できるだけ不幸な人々を助けて、私の悪業の償いをしたいと思っております」
 囘龍はこのよい決心の告白をきいて喜んで主人に云った、
「若い時につまらぬ事をした人が、後になって非常に熱心に正しい行をするようになる事を、これまでわしは見ています。悪に強い人は、決心の力で、また、善にも強くなる事は御経にも書いてあります。
 御身は善い心の方である事は疑わない。
 それでどうかよい運を御身の方へ向わせたい。今夜は御身のために読経をして、これまでの悪業に打ち勝つ力を得られる事を祈りましょう」
 こう云ってから囘龍は主人に「お休みなさい」を云った。
 主人は極めて小さな部屋へ案内した。そこには寝床がのべてあった。
 それから一同眠りについたが、囘龍だけは行燈のあかりのわきで読経を始めた。おそくまで読経勤行に余念はなかった。それからこの小さな寝室の窓をあけて、床につく前に、最後に風景を眺めようとした。
 夜は美しかった。空には雲もなく、風もなかった。
 強い月光は樹木のはっきりした黒影を投げて、庭の露の上に輝いていた。
 きりぎりすや鈴虫の鳴き声は、騒がしい音楽となっていた。
 近所の滝の音は夜のふけるに随って深くなった。
 囘龍は水の音を聴いていると、渇きを覚えた。それで家の裏の筧を想い出して、眠っている家人の邪魔をしないで、そこへ出て水を飲もうとした。
 襖をそっとあけた。そうして、行燈のあかりで、五人の横臥したからだを見たが、それにはいずれも頭がなかった。
 直ちに――何か犯罪を想像しながら――彼はびっくりして立った。
 しかし、つぎに彼はそこに血の流れていない事と、頭は斬られたようには見えない事に気がついた。それから彼は考えた。
「これは妖怪に魅ばかされたか、あるいは自分はろくろ首の家におびきよせられたのだ。……「捜神記」に、もし首のない胴だけのろくろ首を見つけて、その胴を別の処にうつしておけば、首は決して再びもとの胴へは帰らないと書いてある。それから更にその書物に、首が帰って来て、胴が移してある事をさとれば、その首は毬のようにはねかえりながら三度地を打って、――非常に恐れて喘ぎながら、やがて死ぬと書いてある。
 ところで、もしこれがろくろ首なら、禍をなすものゆえ、――その書物の教え通りにしても差支はなかろう」……
 彼は主人の足をつかんで、窓まで引いて来て、からだを押し出した。
 それから裏口に来てみると戸が締っていた。
 それで彼は首は開いていた屋根の煙出しから出て行った事を察した。
 静かに戸を開けて庭に出て、向うの森の方へできるだけ用心して進んだ。森の中で話し声が聞えた、それでよい隠れ場所を見つけるまで影から影へと忍びながら――声の方向へ行った。
 そこで、一本の樹の幹のうしろから首が――五つとも――飛び廻って、そして飛び廻りながら談笑しているのを見た。
 首は地の上や樹の間で見つけた虫類を喰べていた。
 やがて主人の首が喰べる事を止めて云った、
「ああ、今夜来たあの旅の僧、――全身よく肥えているじゃないか、あれを皆で喰べたら、さぞ満腹する事であろう。
 ……あんな事を云って、つまらない事をした、――だからおれの魂のために、読経をさせる事になってしまった。
 経をよんでいるうちは近よる事がむつかしい。
 称名を唱えている間は手を下す事はできない。
 しかしもう今は朝に近いから、たぶん眠ったろう。
 ……誰かうちへ行って、あれが何をしているか見届けて来てくれないか」
 一つの首――若い女の首――が直ちに立ち上って蝙蝠のように軽く、家の方へ飛んで行った。
 数分の後、帰って来て、大驚愕の調子で、しゃがれ声で叫んだ、
「あの旅僧はうちにいません、――行ってしまいました。
 それだけではありません。
 もっとひどい事には、主人の体を取って行きました。
 どこへ置いて行ったか分りません」
 この報告を聞いて、主人の首が恐ろしい様子になった事は月の光で判然と分った。眼は大きく開いた、髪は逆立った、歯は軋きしった。それから一つの叫びが唇から破裂した、忿怒の涙を流しながらどなった、
「からだを動かされた以上、再びもと通りになる事はできない。
 死なねばならない。……皆これがあの僧の仕業だ。死ぬ前にあの僧に飛びついてやろう、――引き裂いてやろう、――喰いつくしてやろう。
 ……ああ、あすこに居る――あの樹のうしろ――あの樹のうしろに隠れている。あれ、――あの肥ふとた臆病者」……
 同時に主人の首は他の四つの首を随えて、囘龍に飛びかかった。
 しかし強い僧は手ごろの若木を引きぬいて武器とし、それを打ちふって首をなぐりつけ、恐ろしい力でなぎたててよせつけなかった。
 四つの首は逃げ去った。しかし、主人の首だけは、いかに乱打されても、必死となって僧に飛びついて、最後に衣の左の袖に喰いついた。
 しかし囘龍の方でも素早くまげをつかんでその首を散々になぐった。
 どうしても袖からは離れなかったが、しかし長い呻きをあげて、それからもがくことを止めた。死んだのであった。
 しかしその歯はやはり袖に喰いついていた。そして囘龍のありたけの力をもってしても、その顎を開かせる事はできなかった。
 彼はその袖に首をつけたままで、家へ戻った。そこには、傷だらけ、血だらけの頭が胴に帰って、四人のろくろ首が坐っているのを見た。
 裏の戸口に僧を認めて一同は「僧が来た、僧が」と叫んで反対の戸口から森の方へ逃げ出した。東の方が白んで来て夜は明けかかった。
 囘龍は化物の力も暗い時だけに限られている事を知っていた。
 袖についている首を見た――顔は血と泡と泥とで汚れていた。そこで「化物の首とは――何と云うみやげだろう」と考えて大声に笑った。それからわずかの所持品をまとめて、行脚をつづけるために、徐ろに山を下った。
 直ちに旅をつづけて、やがて信州諏訪へ来た。
 諏訪の大通りを、肘に首をぶら下げたまま、堂々と濶歩していた。
 女は気絶し、子供は叫んで逃げ出した。余りに人だかりがして騒ぎになったので、捕吏とりてが来て、僧を捕えて牢へ連れて行った。
 その首は殺された人の首で、殺される時、相手の袖に喰いついたものと考えたからであった。
 囘龍の方では問われた時に微笑ばかりして何にも云わなかった。それから一夜を牢屋ですごしてから、その土地の役人の前に引き出された。
 それから、どうして僧侶の身分として袖に人の首をつけているか、なぜ衆人の前で厚顔にも自分の罪悪の見せびらかしをあえてするか、説明するように命ぜられた。
 囘龍はこの問に対して長く大声で笑った、それから云った、
「皆様、愚僧が袖に首をつけたのではなく、首の方から来てそこへついたので――愚僧迷惑至極に存じております。
 それから愚僧は何の罪をも犯しません。これは人間の首でなく、化物の首でございます、――それから化物が死んだのは、愚僧が自分の安全を計るために必要な用心をしただけのことからで、血を流して殺したのではございません」
 ……それから彼は更に、全部の冒険談を物語って、五つの首との会戦の話に及んだ時、また一つ大笑いをした。しかし、役人達は笑わなかった。
 これは剛腹頑固な罪人で、この話は人を侮辱したものと考えた。
 それでそれ以上詮索しないで、一同は直ちに死刑の処分をする事にきめたが、一人の老人だけは反対した。この老いた役人は審問の間には何も云わなかったが、同僚の意見を聞いてから、立ち上って云った、
「まず首をよく調べましょう、これが未だすんでいないようだから。
 もしこの僧の云う事が本当なら、首を見れば分る。
 ……首をここへ持って来い」
 囘龍の背中からぬき取った衣にかみついている首は、裁判官達の前に置かれた。老人はそれを幾度も廻して、注意深くそれを調べた。
 そして頸の項うなじにいくつかの妙な赤い記号らしいものを発見した。
 その点へ同僚の注意を促した。それから頸の一端がどこにも武器で斬られたらしい跡のない事を見せた。かえって落葉が軸から自然に離れたように、その頸の断面は滑らかであった。……そこで老人は云った、
「僧の云った事は全く本当としか思われない。これはろくろ首だ。
 「南方異物志」に、本当のろくろ首の項うなじの上には、いつでも一種の赤い文字が見られると書いてある。そこに文字がある。
 それはあとで書いたのではない事が分る。その上甲斐の国の山中にはよほど昔から、こんな怪物が住んでおる事はよく知られておる。
 ……しかし」
 囘龍の方へ向いて、老人は叫んだ――
「あなたは何と強勇なお坊さんでしょう。
 たしかにあなたは坊さんには珍らしい勇気を示しました。
 あなたは坊さんよりは、武士の風がありますな。
 たぶんあなたの前身は武士でしょう」
「いかにもお察しの通り」と囘龍は答えた。
「剃髪の前は、久しく弓矢取る身分であったが、その頃は人間も悪魔も恐れませんでした。当時は九州磯貝平太左衞門武連と名のっていましたが、その名を御記憶の方もあるいはございましょう」
 その名前を名のられて、感嘆のささやきが、その法廷に満ちた。
 その名を覚えている人が多数居合せたからであった。
 それからこれまでの裁判官達は、たちまち友人となって、兄弟のような親切をつくして感嘆を表わそうとした。
 恭しく国守の屋敷まで護衛して行った。そこでさまざまの歓待饗応をうけ、褒賞を賜わった後、ようやく退出を許された。
 面目身に余った囘龍が諏訪を出た時は、このはかない娑婆世界でこの僧ほど、幸福な僧はないと思われた。
 首はやはり携えて行った――みやげにすると戯れながら。

 さて、首はその後どうなったか、その話だけ残っている。
 諏訪を出て一両日のあと、囘龍は淋しい処で一人の盗賊に止められて、衣類を脱ぐ事を命ぜられた。
 囘龍は直ちに衣ころもを脱して盗賊に渡した。
 盗賊はその時、始めて袖にかかっているものに気がついた。
 さすがの追剥ぎも驚いて、衣ころもを取り落して、飛び退いた。
 それから叫んだ、
「やあ、こりゃとんでもない坊さんだ。おれよりもっと悪党だね。
 おれも実際これまで人を殺した事はある、しかし袖に人の首をつけて歩いた事はない。……よし、お坊さん、こりゃおれ達は同じ商売仲間だぜ、どうしてもおれは感心せずには居られない。
 ところで、その首はおれの役に立ちそうだ。
 おれはそれで人をおどかすんだね。売ってくれないか。おれのきものと、この衣ころもと取り替えよう、それから首の方は五両出す」
 囘龍は答えた、
「お前が是非と云うなら、首も衣も上げるが、実はこれは人間の首じゃない。化物の首だ。それで、これを買って、そのために困っても、わしのために欺かれたと思ってはいけない」
「面白い坊さんだね」
 追剥ぎが叫んだ。
「人を殺してそれを冗談にしているのだから、……しかし、おれは全く本気なんだ。さあ、きものはここ、それからお金はここにある。――それから首を下さい。……何もふざけなくってもよかろう」
「さあ、受け取るがよい」
 囘龍は云った。
「わしは少しもふざけていない。何かおかしい事でももしあれば、それはお前がお化けの首を、大金で買うのが馬鹿げていてはおかしいと云う事だけさ」
 それから囘龍は大笑をして去った。

 こんなにして盗賊は首と、衣を手に入れてしばらく、お化の僧となって追剥ぎをして歩るいた。
 しかし諏訪の近傍へ来て、彼は首の本当の話を聞いた。
 それからろくろ首の亡霊の祟りが恐ろしくなって来た。そこでもとの場所へ、その首をかえして、体と一緒に葬ろうと決心した。彼は甲斐の山中の淋しい小屋へ行く道を見つけたが、そこには誰もいなかった。
 体も見つからなかった。そこで首だけを小屋のうしろの森に埋めた。
 それからこのろくろ首の亡霊のために施餓鬼を行った。
 そしてろくろ首の塚として知られている塚は今日もなお見られる。
 (とにかく、日本の作者はそう公言する)