邪宗門
 北原白秋


  邪宗門秘曲

われは思ふ、末世まつせの邪宗じやしゆう、切支丹きりしたんでうすの魔法まはふ
黒船くろふねの加比丹かひたんを、紅毛こうまうの不可思議国ふかしぎこくを、
いろあかきびいどろを、匂にほひきあんじやべいいる、
南蛮なんばんの桟留縞さんとめじまを、はた、阿刺吉あらき、珍酡ちんたの酒を。

目見まみ青きドミニカびとは陀羅尼だらにし夢にも語る、
禁制きんせいの宗門神しゆうもんしんを、あるはまた、血に染む聖磔くるす
芥子粒けしつぶを林檎のごとく見すといふ欺罔けれんの器うつは
波羅葦僧はらいその空そらをも覗のぞく伸び縮ちゞむ奇なる眼鏡めがねを。

いへはまた石もて造り、大理石なめいしの白き血潮ちしほは、
ぎやまんの壺つぼに盛られて夜となれば火点ともるといふ。
かの美しき越歴機えれきの夢は天鵝絨びろうどの薫くゆりにまじり、
めづらなる月の世界の鳥獣とりけもの映像うつすと聞けり。

あるは聞く、化粧けはひの料しろは毒草どくさうの花よりしぼり、
くされたる石の油あぶらに画ゑがくてふ麻利耶まりやの像ざうよ、
はた羅甸らてん、波爾杜瓦爾ほるとがるらの横よこつづり青なる仮名かな
うつくしき、さいへ悲しき歓楽くわんらくの音にかも満つる。

いざさらばわれらに賜たまへ、幻惑げんわくの伴天連ばてれん尊者そんじや
百年もゝとせを刹那せつなに縮ちゞめ、血の磔はりきにし死すとも
しからじ、願ふは極秘ごくひ、かの奇しき紅くれなゐの夢、
善主麿ぜんすまろ、今日けふを祈いのりに身も霊たまも薫くゆりこがるる。

四十一年八月

  室内庭園

晩春おそはるの室むろの内うち
暮れなやみ、暮れなやみ、噴水ふきあげの水はしたたる……
そのもとにあまりりす赤あかくほのめき、
きせざる噴水ふきあげよ………
なる実の熟るる草、奇異きゐの香木かうぼく
その空にはるかなる硝子がらすの青み、
外光ぐわいくわうのそのなごり、鳴ける鶯うぐひす
わかき日の薄暮くれがたのそのしらべ静しづこころなし。

いま、黒くろき天鵝絨びろうど
にほひ、ゆめ、その感触さはり………噴水ふきあげに縺もつれたゆたひ、
うち湿しめる革かはの函はこ、饐ゆる褐色かちいろ
その空に暮れもかかる空気くうきの吐息といき……
わかき日のその夢の香の腐蝕ふしよくしづこころなし。
三層さんかいの隅すみか、さは
くされたる黄金わうごんの縁ふちの中うち、自鳴鐘とけいの刻きざみ……
ものなべて悩なやましさ、盲ひし少女をとめ
あたたかに匂にほひふかき感覚かんかくのゆめ、
わかき日のその靄に音は響ひゞく、静しづこころなし。

晩春おそはるの室むろの内うち
暮れなやみ、暮れなやみ、噴水ふきあげの水はしたたる……
そのもとにあまりりす赤くほのめき、
甘く、またちらぼひぬ、ヘリオトロオブ。
わかき日は暮るれども夢はなほ静しづこころなし。
四十一年十二月

  陰影の瞳

ゆふべとなればかの思おもひ曇硝子くもりがらすをぬけいでて、
すたれし園そののなほ甘あまきときめきの香に顫ふるへつつ、
はや饐え萎ゆる芙蓉花ふようくわの腐くされの紅あかきものかげと、
もつれてやまぬ秦皮とねりこの陰影いんえいにこそひそみしか。

如何いかに呼べども静しづまらぬ瞳ひとみに絶えず涙して、
かへるともせず、密ひそやかに、はた、果はてしなく見入みいりぬる。
そこともわかぬ森かげの鬱憂メランコリアの薄闇うすやみに、
ほのかにのこる噴水ふきあげの青きひとすぢ……
四十一年十月

  赤き僧正

邪宗じやしゆうの僧ぞ彷徨さまよへる……瞳据ゑつつ、
黄昏たそがれの薬草園やくさうゑんの外光ぐわいくわうに浮きいでながら、
赤々あか/\と毒のほめきの恐怖おそれして、顫ふるひ戦をのゝ
陰影いんえいのそこはかとなきおぼろめき
まへに、うしろに……さはあれど、月の光の
の面なる葦あしのわか芽に顫ふるふ時。
あるは、靄ふる遠方をちかたの窓の硝子がらす
ほの青きソロのピアノの咽むせぶ時。
瞳据ゑつつ身動みじろかず、長き僧服そうふく
爛壊らんゑする暗紅色あんこうしよくのにほひしてただ暮れなやむ。

さて在るは、曩さきに吸ひたる
Hachischハシツシユ の毒のめぐりを待てるにか、
あるは劇はげしき歓楽くわんらくの後の魔睡ますゐや忍ぶらむ。
手に持つは黒き梟ふくろう
爛々らん/\と眼は光る……

         ……そのすそに蟋蟀こほろぎの啼く……
四十一年十二月

  WHISKY.

夕暮ゆふぐれのものあかき空そら
その空そらに百舌もずきしきる。
Whiskyウイスキイ の罎びんの列れつ
ひややかに拭く少女をとめ
見よ、あかき夕暮ゆふぐれの空そら
その空そらに百舌もずきしきる。
四十一年十一月

  天鵝絨のにほひ

やはらかに腐れつつゆく暗やみの室むろ
その片隅かたすみの薄うすあかり、背そびらにうけて
天鵝絨びろうどの赤あかきふくらみうちかつぎ、
にほふともなく在るとなく、蹲うづくみ居れば。

暮れてゆく夏の思と、日向葵ひぐるま
しをれの甘き香もぞする。……ああ見まもれど
おもむろに悩なやみまじろふ色の陰影かげ
それともわかね……熱病ねつびやうの闇のをののき……

Hachischハシツシユ か、酢か、茴香酒アブサンか、くるほしく
おぼれしあとの日の疲労つかれ……縺もつれちらぼふ
Wagnerワグネル の恋慕れんぼの楽がくの音のゆらぎ
耳かたぶけてうち透かし、在りは在れども。

それらみな素足すあしのもとのくらがりに
爛壊らんゑの光放はなつとき、そのかなしみの
くされたる曲きよくの緑みどりを如何いかにせむ。
君を思ふとのたまひしゆめの言葉ことばも。

わかき日の赤あかきなやみに織りいでし
にほひ、いろ、ゆめ、おぼろかに嗅ぐとなけれど、
ものやはに暮れもかぬれば、わがこころ
天鵝絨びろうど深くひきかつぎ、今日けふも涙す。
四十一年十二月

  濃霧

濃霧のうむはそそぐ……腐くされたる大理だいりの石の
なまくさく吐息といきするかと蒸し暑く、
はた、冷ひややかに官能くわんのうの疲つかれし光――
月はなほ夜の氛囲気ふんゐきの朧おぼろなる恐怖おそれに懸かゝる。

濃霧のうむはそそぐ……そこここに虫の神経しんけい
く、甘く、圧しつぶさるる嗟嘆なげきして
飛びもあへなく耽溺たんできのくるひにぞ入る。
薄ら闇、盲唖まうあの院ゐんの角硝子かくがらす暗くかがやく。

濃霧のうむはそそぐ……さながらに戦をのゝく窓は
亜刺比亜アラビヤの魔法まはふの館たちの薄笑うすわらひ
麻痺薬しびれぐすりの酸ゆき香に日ねもす噎せて
ろうしたる、はた、盲めしひたる円頂閣まるやねか、壁の中風ちゆうふう

濃霧のうむはそそぐ……甘く、また、重く、くるしく、
いづくにか凋しをれし花の息づまり、
そののあたりの泥濘ぬかるみに落ちし燕や、
月の色半死はんしの生しやうに悩なやむごとただかき曇る。

濃霧のうむはそそぐ……いつしかに虫も盲ひつつ
ろうしたる光のそこにうち痺しびれ、
おうしとぞなる。そのときにひとつの硝子がらす
幽魂いうこんの如ごとくに青くおぼろめき、ピアノ鳴りいづ。

濃霧のうむはそそぐ……数かずの、見よ、人かげうごき、
くる夜の恐怖おそれか、痛いたきわななきに
ただかいさぐる手のさばき――霊たまの弾奏だんそう
盲目めしひ弾き、唖おうしと聾者ろうじやつぶら眼に重かさなり覗のぞく。

濃霧のうむはそそぐ……声もなき声の密語みつごや。
官能くわんのうの疲つかれにまじるすすりなき
たまの震慄おびえの音も甘く聾ろうしゆきつつ、
ちかき野に喉のどめらるる淫たはれ女のゆるき痙攣けいれん

濃霧のうむはそそぐ……香の腐蝕ふしよく、肉にくの衰頽すゐたい、――
呼吸いき深く囉𠹭仿謨コロロホルムや吸ひ入るる
ろうたる暑き夜の魔睡ますゐ……重く、いみじく、
おともなき盲唖まうあの院ゐんの氛囲気ふんゐきに月はしたたる。
四十一年十月

  赤き花の魔睡

は真昼まひる、ものあたたかに光素エエテル
波動はどうは甘あまく、また、緩るく、戸に照りかへす、
その濁にごる硝子がらすのなかに音おともなく、
囉𠹭仿謨謨コロロホルムの香ぞ滴したたる……毒どくの譃言うはごと……

とほくきく、電車でんしやのきしり……
………棄てられし水薬すゐやくのゆめ……

やはらかき猫ねこの柔毛にこげと、蹠あなうら
ふくらのしろみ悩なやましく過ぎゆく時ときよ。
まどの下もと、生せいの痛苦つうくに只たゞあかく戦そよぎえたてぬ草くさの花
亜鉛とたんの管くだ
湿しめりたる筧かけひのすそに……いまし魔睡ますゐす……
四十一年十二月

  麦の香

嬰児あかご泣く……麦の香の湿しめるあなたに、
つゞけ泣く……やはらかに、なやましげにも、
に噎むせび、香に噎むせび、あはれまた、嬰児あかご泣きたつ……
夏の雨さと降り過ぎて
あらたにもかをり蒸す野の畑はたいくつ湿しめるあなたに、
赤き衣きぬひときは若わかく、にほやかにけぶる揺籃ゆりごや、
磨硝子すりがらす、あるは窓枠まどわく、濡れ濡れて夕日ゆふひさしそふ。
四十一年十二月

  曇日

曇日くもりびの空気くうきのなかに、
くるひいづる樟くすの芽の鬱憂メランコリアよ……
そのもとに桐きりは咲く。
Whiskyウイスキイ の香のごときしぶき、かなしみ……

そこここにいぎたなき駱駝らくだの寝息ねいき
見よ、鈍にぶき綿羊めんやうの色のよごれに
えて病む藁わらのくさみ、
その湿しめる泥濘ぬかるみに花はこぼれて
むらさきの薄うすき色鋭するどになげく……
はた、空そらのわか葉の威圧ゐあつ

いづこにか、またもきけかし。
に饑ゑしベリガンのけうとき叫さけび
山猫やまねこのものさやぎ、なげく鶯うぐひす
くされゆく沼ぬまの水蒸すがごとくに。

そのなかに桐は散る…… Whiskyウイスキイ の強きかなしみ……

もの甘あまき風のまた生なまあたたかさ、
みだらなる獣けものらの囲内かこひのあゆみ、
のろのろと枝に下さがるなまけもの、あるは、貧まづしく
を据ゑて毛虫けむしむ嗟歎なげかひのほろほろ鳥てうよ。

そのもとに花はちる……桐のむらさき……

かくしてや日は暮れむ、ああひと日。
病院びやうゐんを逃のがれ来し患者くわんじやの恐怖おそれ
赤子あかごらの眼のなやみ、笑わらふ黒奴くろんぼ
ひ痴れし遊蕩児たはれをの縦覧みまはりのとりとめもなく。

その空そらに桐きりはちる……新あたらしきしぶき、かなしみ……

はたや、また、園そのの外そとゆく
軍楽ぐんがくの黒くろき不安ふあんの壊なだれ落ち、夜に入る時ときよ、
やるせなく騒さやぎいでぬる鳥獣とりけもの
また、その中なかに、
くるひいづる北極熊ほつきよくぐまの氷なす戦慄をののきの声こゑ

その闇やみに花はちる…… Whiskyウイスキイ の香の頻吹しぶき……桐の紫むらさき……
四十一年十二月

  秋の瞳

晩秋おそあきの濡れにたる鉄柵てすりのうへに、
なる葉の河やなぎほつれてなげく
やはらかに葬送はうむりのうれひかなでて、
過ぎゆきし Tromboneトロムボオン いづちいにけむ。

はやも見よ、暮れはてし吊橋つりばしのすそ、
瓦斯がすともる……いぎたなき馬の吐息といきや、
さわぎやみし曲馬師チヤリネしの楽屋がくやなる幕の青みを
ほのかにも掲かゝげつつ、水の面見る女をんなの瞳ひとみ
四十一年十二月

  空に真赤な

そらに真赤まつかな雲くものいろ。
玻璃はりに真赤まつかな酒さけの色いろ
なんでこの身が悲かなしかろ。
そらに真赤まつかな雲くものいろ。
四十一年五月

  秋のをはり

くされたる林檎りんごのいろに
なほ青あをきにほひちらぼひ、
水薬すゐやくの汚みし卓つくゑ
瓦斯がす焜炉こんろほのかに燃ゆる。

病人やまうどは肌はだををさめて
うれはしくさしぐむごとし。
ぞ湿しめる、医局いきよくのゆふべ、
よ、ほめく劇薬げきやくもあり。

いろえぬ室むろにはあれど、
こゑたててほのかに燃ゆる
瓦斯がす焜炉こんろ………空そらと、こころと、
硝子戸がらすどに鈍ばむさびしさ。

しかはあれど、寒さむきほのほに
の入日いりひさしそふみぎり、
ちはてし秋あきのヸオロン
ほそぼそとうめきたてぬる。
四十一年十二月

  十月の顔

顔なほ赤あかし……うち曇り黄ばめる夕ゆふべ
『十月じふぐわつ』は熱ねつを病みしか、疲つかれしか、
にごれる河岸かしの磨硝子すりがらすに凭りかかり、
霧の中うち、入日いりひのあとの河かはの面をただうち眺ながむ。

そことなき櫂かいのうれひの音の刻きざみ……
涙のしづく……頬にもまたゆるきなげきや……

ややありて麪包パンの破片かけらを手にも取り、
さは冷ひややかに噛みしめて、来きたるべき日の
あぢもなき悲しきゆめをおもふとき……

なほもまた廉やすき石油せきゆの香に噎むせび、
くされちらぼふ骸炭コオクスに足も汚ごれて、
小蒸汽こじやうきの灰はひばみ過ぎし船腹ふなばら
ひときは赤あかく輝かがやきしかの窻枠まどわくを忍ぶとき……

月光つきかげははやもさめざめ……涙さめざめ……
十月じふぐわつの暮れし片頬かたほ
ほのかにもうつしいだしぬ。
四十一年十二月

  接吻の時

薄暮くれがたか、
日のあさあけか、
昼か、はた、
ゆめの夜半よはにか。

そはえもわかね、燃えわたる若き命いのちの眩暈めくるめき
赤き震慄おびえの接吻くちつけにひたと身ふるふ一刹那いつせつな

あな、見よ、青き大月たいげつは西よりのぼり、
あなや、また瘧ぎやくむ終はての顫ふるひして
東へ落つる日の光、
おほぞらに星はなげかひ、
青く盲めしひし水面みのもにほ薬香くすりがにほふ。
あはれ、また、わが立つ野辺のべの草は皆色も干乾ひからび、
折り伏せる人の骸かばねの夜のうめき、
人霊色ひとだまいろ
の列れつは、あなや、わが挽歌ひきうたうたふ。

かくて、はや落穂おちぼひろひの農人のうにんが寒き瞳よ。
歓楽よろこびの穂のひとつだに残のこさじと、
はた、刈り入るる鎌の刃の痛いたき光よ。
野のすゑに獣けものらわらひ、
血に饐えて汽車きしや鳴き過ぐる。

あなあはれ、あなあはれ、
二人ふたりがほかの霊たましひのありとあらゆるその呪咀のろひ

朝明あさあけか、
の薄暮くれがたか、
昼か、なほ生れもせぬ日か、
はた、いづれともあらばあれ。

われら知る赤き唇くちびる
四十一年六月

  濁江の空

くされたる林檎りんごの如き日のにほひ
まろらに、さあれ、光なく甘あまげに沈む
晩春おそはるの濁にごりおもたき靄の内うち
ふと、カキ色いろの軽気球けいききうくだるけはひす。

遠方をちかたの曇くもれる都市としの屋根やねの色
たゆげに仰あふぐ人はいま鈍にぶくもきかむ、
濁江にごりえのねぶたき、あるは、やや赤あか
にほひの空のいづこにか洩るる鉄てつの音

なやましき、さは江の泥どろの沈澱おどみより
あかるともなき灰紅くわいこうの帆のふくらみに
つたへくる潜水夫もぐりのひとが作業さげふにか、
えたる吐息といきそこはかと水面みのもに黄ばむ。

河岸かしになほ物見ものみる子らはうづくまり、
はや倦ましげに人形にんぎやうをそが手に泣かす。
日暮ひくれどき、入日いりひに濁る靄もやの内うち
また、ふくらかに軽気球けいききうくだるけはひす。
四十一年八月

  魔国のたそがれ

うち曇くもる暗紅色あんこうしよくの大おほき日の
魔法まはふの国に病ましげの笑ゑみして入れば、
もの甘あまき驢馬ろばの鳴く音にもよほされ、
このもかのもに悩なやましき吐息といきぞおこる。

そのかみの激はげしき夢や忍しのぶらむ。
鬱黄うこんの百合ゆりは血ににじむ眸ひとみをつぶり、
人間にんげんの声こゑして挑いどみ、飛びかはし
鸚鵡あうむの鳥はかなしげに翅つばさふるはす。

草も木もかの誘惑いざなひに化されつる
旅のわかうど、暮れ行けば心ひまなく
えもわかぬ毒どくの怨言かごとになやまされ、
われと悲しき歓楽くわんらくに怕おそれて顫ふるふ。

日は沈み、たそがれどきの空そらの色
青き魔薬まやくの薫かをりして古りつつゆけば、
ほのかにも誘さそはれ来きたる隊商カラバン
すず鳴る……あはれ、今日けふもまた恐怖おそれの予報しらせ

はとばかり黙つぐみ戦をののくものの息いき
色天鵝絨いろびろうどを擦るごとき裳裾もすそのほかは
声もなく甘く重おもたき靄もやの闇やみ
はやも王女わうぢよの領らすべき夜とこそなりぬ。
四十一年八月

  蜜の室

薄暮くれがたの潤うるみにごれる室むろの内うち
甘くも腐くさる百合ゆりの蜜みつ、はた、靄もやぼかし
色赤きいんくの罎びんのかたちして
ひそかに点ともる豆らんぷ息いきづみ曇る。

『豊国とよくに』のぼやけし似顔にがほなまぬるく、
曇硝子くもりがらすの窻のそと外光ぐわいくわうなやむ。
ものの本ほん、あるはちらぼふ日のなげき、
暮れもなやめる霊たましひの金字きんじのにほひ。

接吻くちつけの長ながき甘さに倦きぬらむ。
そと手をほどき靄の内うちさぐる心地こゝちに、
色盲しきまうの瞳ひとみの女をんなうらまどひ、
めるペリガンいま遠き湿地しめぢになげく。

かかるとき、おぼめき摩なする Violonヸオロン
なやみの絃いとの手触てさはりのにほひの重おもさ。
にぶき毛の絨氈じゆうたんに甘き蜜みつの闇やみ
おどみ饐えつつ……血のごともらんぷは消ゆる。
四十一年八月

  酒と煙草に

さけと煙草たばこにうつとりと、
めるこころを見まもれば、
それとしもなき霊たまのいろ
くもりながらに泣きいづる。

なにか嘆なげかむ、うきうきと、
三味しやみに燥はしやぐわがこころ。
なにか嘆なげかむ、さいへ、また
たまはしくしく泣きいづる。
四十一年五月

  鈴の音

日は赤し、窓まどの上に恐怖おそれの烏からす
ひた黙つぐみ暮れかかる砂漠さばくを熟視みつむ。

今日けふもまたもの鈍にぶき駱駝らくだをつらね、
一群ひとむれのわがやから消えさりゆきぬ。
もの甘き鈴の音おと、ああそを聴けよ。
  からら、からら、ら、ら、ら……

れのこるピラミドの暗紅色あんこうしよくよ。
そが空のうち濁にごる重き空気くうきよ。
いづこにか月の色ほのめくごとし。
  からら、からら、ら、ら、ら……

かの群むれよ、靄もやふかく、いまかひろぐる
色鈍にぶき、幽鬱いううつの毛織けおりの天幕てんと
駱駝らくだらのためいきもそこはかとなく。
  からら、からら、ら、ら、ら……

もの青く暮れてみな蒸しも見わかね。
え温るむ空そらのをち、薄うすらあかりに、
ほのかにも此方こなた見るスフィンクスの瞳。
  からら、からら、ら、ら、ら……

あはれ、その静しづかなるスフィンクスの瞳。
ああ暗示あんじ……えもわかぬ夢の象徴シムボル
またくいま埃及えじぷとの夜とやなるらむ。
  からら、からら、ら、ら、ら……

烏いまはたはたと遠く飛び去り、
まどにただ色あかき燈火ともしびともる。
四十一年八月

  夢の奥

ほのかにもやはらかきにほひの園生そのふ
あはれ、そのゆめの奥おく。日と夜のあはひ。
うすあかる空の色ひそかに顫ふる
暮れもゆくそのしばし、声なく立てる
真白ましろなる大理石なめいしの男をとこの像すがた
微妙いみじくもまた貴あてに瞑目めつぶりながら
きよらなる面おもの色かすかにゆめむ。

ものなべてさは妙たへに女をみなの眼ざし
あはれそが夢ふかき空色そらいろしつつ、
にほやかになやましの思おもひはうるむ。
そがなかに埋もれたる素馨そけいのなげき、
し甘き沈丁ぢんてうのあるは刺せども
なにほどの香の痛いたみ身にしおぼえむ。
わかうどは声もなし、清きよく、かなしく。

薄暮たそがれにせきもあへぬ女をんなの吐息といき
あはれその愁うれひし、しぶく噴水ふきあげ
そことなう節ふしゆるうゆらゆるなべに、
いつしかとほのめきぬ月の光も。
その空に、その苑そのに、ほのの青みに
静かなる欷歔すすりなき泣きもいでつつ、
いづくにか、さまだるる愛慕あいぼのなげき。

やはらかきほの熱ほてる女の足音あのと
あはれそのほめき如し、燃えも生れゆく
ゆめにほふ心音しんのんのうつつなきかな。
大理石なめいしの身の白しろみ、面おももほのかに、
ひらきゆくその眼ざし、なかば閉ぢつつ、
ゆめのごと空仰あふぎ、いまぞ見惚みほるる。
色わかき夜よるの星、うるむ紅くれなゐ
四十一年七月

  窓

かかる窓ありとも知らず、昨日きのふまで過ぎし河岸かはきし
今日けふは見よ、
色赤き花に日の照り、かなしくも依依児ええてる匂ふ。
あはれまた病める Pianoピアノ も……
四十一年九月

  昨日と今日と

わかうどのせはしさよ。
さは昨日きのふ世をも厭ひて重格魯密母ぢゆうクロヲムめも泣きしか、
今朝けさははや林檎吸ひつつ霧深き河岸路かしぢを辿る。
歌楽し、鳴らす木履きぐつに……
四十一年十一月

  わかき日

『かくまでも、かくまでも、
わかうどは悲しかるにや。』
『さなり、女をみな
わかき日には、
ましてまた才さいある身には。』
四十一年十一月

  朱の伴奏

凡て情緒也。静かなる精舎の庭にほのめきいでて紅の戦慄に盲ひたるヸオロンの響はわが内心の旋律にして、赤き絶叫のなかにほのかに啼けるこほろぎの音はこれ亦わが情緒の一絃によりて密かに奏でらるる愁也。なげかひ也。その他おほむね之に倣ふ。


  謀坂

ひと日、わが精舎しやうじやの庭にはに、
晩秋おそあきの静かなる落日いりひのなかに、
あはれ、また、薄黄うすぎなる噴水ふきあげの吐息といきのなかに、
いとほのにヸオロンの、その絃いとの、
その夢の、哀愁かなしみの、いとほのにうれひ泣く。

らふの火と懺悔ざんげのくゆり
ほのぼのと、廊らういづる白き衣ころも
夕暮ゆふぐれに言ものもなき修道女しうだうめの長き一列ひとつら
さあれ、いま、ヸオロンの、くるしみの、
すがごと火の酒の、その絃いとのいたみ泣く。

またあれば落日いりひの色いろに、
夢燃ゆる、噴水ふきあげの吐息といきのなかに、
さらになほ歌もなき白鳥しらとりの愁うれひのもとに、
いと強き硝薬せうやくの、黒き火の、
地の底の導火みちびき、ヸオロンぞ狂ひ泣く。

をどり来る車輌しやりやうの響ひびき
どくの弾丸たま、血の烟けむり、閃ひらめく刃やいば
あはれ、驚破すは、火とならむ、噴水ふきあげも、精舎しやうじやも、空も。
くれなゐの、戦慄わななきの、その極はて
瞬間たまゆらの叫喚さけびき、ヸオロンぞ盲めしひたる。

四十年十二月

  こほろぎ

ほのにいまこほろぎ啼ける。
日か落つる――眼をみひらけば
しゆの畏怖おそれくわと照りひびく。
内心ないしんの苦にがきおびえか、
めくるめく痛いたき日の色
つぶれど、はた、照りひびく。

そのなかにこほろぎ啼ける。

とどろめく銃音つゝおとしばし、
きずつける悪あくのうごめき
そこここに、あるは疲つかれて
きなやむ砲車はうしやのあへぎ、
逃げまどふ赤きもろごゑ。

そのなかにこほろぎ啼ける。

めしひ、ゆく恋のまぼろし――
その底に疼うずきくるしむ
ししむらの鋭するどき絶叫さけび
はた、暗くらき曲きよくの死の楽がく
たましひぞ弾きも連れぬる。

そのなかにこほろぎ啼ける。

あなや、また呻吟うめきは洩るる。
なまりめく首のあたりゆ
幽界いうかいの呪咀のろひか洩るる。
がへれば血に染み顫ふる
わが敵かたきおもぞ死にたる。

そのなかにこほろぎ啼ける。

はた、裂くる赤き火の弾丸たま
たと笑ふ、と見る、我われ
我ならぬ獣けもののつらね
真黒まくろなる楽がくして奔はしる。
執念しふねんの闇曳き奔はしる。

そのなかにこほろぎ啼ける。

日や暮るる。我はや死ぬる。
野をあげて末期まつごのあらび――
くらき血の海に溺おぼるる
赤き悲苦ひく、赤きくるめき、
ああ、今し、くわとこそ狂へ。

ほのになほこほろぎ啼ける。
四十年十二月

  序楽

ひと日、わが想おもひの室むろの日もゆふべ、
光、もののね、色、にほひ――声なき沈黙しじま
おもむろにとりあつめたる室むろの内うち、いとおもむろに、
薄暮くれがたのタンホイゼルの譜のしるし
ながめて人はゆめのごとほのかにならぶ。

壁はみな鈍にぶき愁うれひゆなりいでし
ざうの香の色まろらかに想おもひしぬれ、
その隅に瞳の色の窓ひとつ、玻璃はりの遠見とほみ
えはてしこの世のほかの夢の空
かはたれどきの薄明うすあかりほのかにうつる。

あはれ、見よ、そのかみの苦悩なやみむなしく
壁はいたみ、円柱まろはしらとろけくづれて
ちはてし熔岩ラヴアに埋うもるるポンペイを、わが幻まぼろしを。
ひとびとはいましゆるかに絃いとの弓、
はた、もろもろの調楽てうがくの器うつはをぞ執る。

暗みゆく室内むろぬちよ、暗みゆきつつ
おもひの沈黙しじま重たげに音おとなく沈み、
そことなき月かげのほの淡あはくさし入るなべに、
はじめまづヸオロンのひとすすりなき、
鈍色にびいろ長き衣ころもみな瞳をつぶる。

燃えそむるヴヱスヸアス、空のあなたに
色新あたらしき紅くれなゐの火ぞ噴きのぼる。
すたれたる夢の古墟ふるつか、さとあかる我わがむろの内、
ひとときに渦巻うづまきかへす序じよのしらべ
管絃楽部オオケストラのうめきより夜には入りぬる。
四十一年二月

  納曾利

入日のしばし、空はいま雲の震慄おびえのあかあかと
するどにわかく、はた、苦にがく狂ひただるる楽がくの色。
また、高窻の鬱金香うこんかう。かげに斃たふるる白牛しろうし
眉間みけんのいたみ、憤怒いきどほり。血に笑む人がさけびごゑ。

さあれ、いま納曾利なそりのなげき……
にぶき思おもひの灰色はひいろの壁の家内やぬちに、
き鳴らす古き舞楽ぶがくの笙せうの節ふし
納曾利なそりのなげき……

納曾利なそりのなげき、ひとしなみ
おほらににほふ雅楽寮うたれうの古きいみじき日の愁うれひ
納曾利なそりの舞まひ
人のゆめ、鈍にぶくものうき足どりの裾ゆるらかに、
おもむろの振ふりのみやびの舞まひあそび、
納曾利なそりのなげき……

くりかへし、さはくりかへし、
ゆめのごと後しりへに連るる笙せうの節ふし
ふえのねとりもすずろかに、広ひろき家内やぬちに、
おなじことおなじ嫋なよびにくりかへし、
へる思おもひ
める思おもひのにほやかさ、
ゆるき鞨皷かつこ
もにぶく、
ふるき納曾利なそりの舞まひをさめ……
いましも街まちの空そらたかく消ゆる光ひかりのわななきに、
ほのかに青あをく、なほ苦にがく顫ふるひくづるる雲くもの色いろ
また、浮きのこる鬱金香うこんかう。暮れて果てたる白牛しろうし
こえなき骸むくろ。人ひとだかり、血を見て黙もだす冷笑ひやわらひ
四十一年七月

  ほのかにひとつ

罌粟けしひらく、ほのかにひとつ、
また、ひとつ……

やはらかき麦生むぎふのなかに、
軟風なよかぜのゆらゆるそのに。

うすき日の暮るとしもなく、
つきしろの顫ふるふゆめぢを、

もつれ入るピアノの吐息といき
ゆふぐれになぞも泣かるる。

さあれ、またほのに生れゆく
色あかきなやみのほめき。

やはらかき麦生むぎふの靄に、
軟風なよかぜのゆらゆる胸に、

罌粟けしひらく、ほのかにひとつ、
また、ひとつ……
四十一年二月

  耽溺

あな悲かなし、紅あかき帆きたる。
けよ、今いま、紅あかき帆きたる。

白日はくじつの光の水脈みをに、
わが恋の器楽きがくの海に。

あはれ、聴け、光は噎むせび、
海顫ひ、清すががきがれ
眩暈めくるめく悲愁かなしみの極はて
苦悶もだえそふ歓楽よろこびのせて
キユラソオの紅あかき帆ひびく。

けよ、弾け、毒どくのヸオロン
吹けよ、また媚薬びやくの嵐。
あはれ歌、あはれ幻まぼろし
その海に紅あかき帆光る。
海の歌きこゆ、このとき、
『噫あゝ、かなし、炎ほのほよ、慾よくよ、
接吻くちつけよ。』

聴けよ、また苦にがき愛着あいぢやく
しゝむらのおびえと恐怖おそれ
『死ねよ、死ね』、紅あかき帆ひゞく、
『恋よ、汝よ。』

けよ、弾け、毒のヸオロン
吹けよ、また媚薬びやくの嵐。

一瞬ひとときよ、――光よ、水脈みをよ、
がくの音よ――酒のキユラソオ、
接吻くちつけの非命ひめいの快楽けらく
毒水どくすゐの火のわななきよ。
くるへ、狂くるへ、破滅ほろびの渚なぎさ
聴くははや楽がくの大極たいきよく
狂乱きやうらんの日の光吸
あかき帆の終つひのはためき。

死なむ、死なむ、二人ふたりは死なむ。

あかき帆きゆる。
あかき帆きゆる。
四十年十二月

  といき

大空おほそらに落日いりひただよひ、
旅しつつ燃えゆく黄雲きぐも
そのしたの伽藍がらんの甍いらか
なかばになかばほのかに、
薄闇うすやみに蝋らふの火にほひ、
円柱まろはしらまたく暮れたる。

ほのめくは鳩の白羽しらはか、
敷石しきいしの闇にはひとり
めしひの子ひたと膝つけ、
ほのかにも尺八しやくはちける、
あはれ、その追分おひわけのふし。
四十年十二月

  黒船

黒煙くろけぶりほのにひとすぢ。――
あはれ、日は血を吐く悶もだえあかあかと
濡れつつ淀よどむ悪あくの雲そのとどろきに
燃え狂ふ恋慕れんぼの楽がくの断末魔だんまつま
遠目とほめに濁る蒼海わだつみの色こそあかれ、
黒潮くろしほの水脈みをのはたての水けぶり、
はた、とどろ撃つ毒の砲弾たま、清すずしき喇叭らつぱ
薄暮くれがたの朱あけのおびえの戦たゝかひ
疲れくるめく衰おとろへぞああ音を搾しぼる。

黒煙くろけぶりまたもふたすぢ。――
じよのしらべ絶えつ続きつ、いつしかに
くろき悩なやみの旋律せんりつぞ渦うづき起る。
げ来るは密猟船みつれうせんの旗じるし、
きずつき噎むせぶ血と汚穢けがれ、はた憤怒いきどほり
おしなべて黄ばみ騒立さわだつ楽がくの色。
空には苦にがき嘲笑あざけりに雲かき乱れ、
おもりゆく煩悶もだえのあらびはやもまた
黒き恐怖おそれのはたためき海より煙る。

黒煙三すぢ、五すぢ。――
幻法げんぱふのこれや苦くるしき脅迫おびやかし
いと淫みだらかに蒸し挑いどむ疾風はやちのもとに、
現れて真黒まくろに歎なげく楽がくの船、
なまあをじろき鱶ふかの腹ただほのぼのと、
暮れがての赤きくるしみ、うめきごゑ、
血の甲板かふはんのうへにまた爛たゞれて叫ぶ
楽慾げうよくの破片はへんの砲弾たまぞ慄わなゝける。
ああその空にはたためく黒き帆のかげ。

黒煙終に七すぢ。――
吹きかはす銀ぎんの喇叭もたえだえに、
渦巻き猛たける楽がくの極はて、蒼海わだつみけぶり、
あくの雲とどろとどろの乱擾らんぜう
急忙あわたゞしくも呪のろはしき夜のたたずまひ。
濡れ焙ぶる水無月ぞらの日の名残なごり
はた掻き濁し、暗澹あんたんと、あはれ黒船くろふね
真黒なる管絃楽オオケストラの帆の響ひゞき
と悔恨くわいこんの闇擾みだし壊くづれくづるる。
四十一年二月

  地平

あな哀あはれ、今日けふもまた銅あかがねの雲をぞ生める。
あな哀あはれ、明日あすも亦鈍にぶき血の毒どくをや吐かむ。

見るからにただ熱あつし、心は重し。
はかるだにいや苦くるし、愁うれひはおもし。

かの青き国くにのあこがれ、
つねに見る地平ちへいのはてに、
大空おほぞらの真昼まひるの色と、
れて弾く緑みどりひとつら。

その緑みどり琴柱ことぢにはして、
弾きなづむ鳩の羽の夢、
ほろの星ほし、剣つるぎのなげき、
清掻すががきはほのかに薫ゆる。

さては、日の白き恐怖おそれ
静かなる太鼓たいこのとろぎ、
ひるらす神か拊たせる、
ころころとまたゆるやかに。

また絶えず、吐息といきのつらね
かなたより笛してうかび、
こなたより絃いとして消ゆる、――
ほのかなる夢のおきふし。

しかはあれ、ものなべて圧
南国なんごくの熱病雲ねつやみぐも
みだらなる毒どくの譃言うはごと
とどろかに歌かき濁にごす。

おもふ、いま水に華はなさき、
に赤き駒こまは斃たふれむ。
うらうへに病ましき現象きざし
今日けふもまたどよみわづらふ。

あな哀あはれ、昨きその日も銅あかがねのなやみかかりき。
あな哀あはれ、明日あすもまた鈍にぶき血の濁にごりかからむ。

聴くからにただ熱あつし、心は重し。
思ふだにいやくるし、愁は重し。
四十年十二月

  ふえのね

ほのかに見ゆる青き頬
あな、あな、玻璃はりのおびゆる。

かなたにひびく笛のね、……
青き頬ほのに消えゆく。

むろにもつのるふえのね、……
ふたつのにほひ盲ひゆく。

きこえずなりぬふえのね、……
うちと外そととのなげかひ。

またしも見ゆる青き頬
あな、また玻璃はりのおびゆる。
四十一年二月

  下枝のゆらぎ

日はさしぬ、白楊はくやうの梢こずゑに赤く、
さはあれど、暮れ惑まどふ下枝しづえのゆらぎ……

  水みづの面のやはらかきにほひの嘆なげき
  波もなき病ましさに、瀞とろみうつれる
  晩春おそはるの窻閉とざす片側街かたかはまちよ、
  暮れなやむ靄の内皷うちつづみをうてる。
  いづこにか、もの甘き蜂の巣のこゑ。
  幼子をさなごのむれはまた吹笛フルウト鳴らし、
  白楊はくやうの岸きしにそひ曇り黄ばめる
  教会けうくわいの硝子窻がらすまどながめてくだる。

日はのこる両側もろがはの梢こずゑにあかく、
さはあれど、暮れ惑まどふ下枝しづえのゆらぎ……

  またあれば、公園こうゑんの長椅子ベンチにもたれ、
  かなたには恋慕れんぼびと苦悩なやみに抱く。
  そのかげをのどやかに嬰児あかごひいで
  鵞の鳥とりを捕らむとて岸きしゆ落ちぬる。

  水面みのもなるひと騒擾さやぎ、さあれ、このとき、
  驀然ましぐらに急ぎくる一列ひとつらの郵便馬車いうびんばしやよ、
  薄闇うすやみににほひゆく赤き曇くもり
  快こころよさ、人はただ街まちをばながむ。

あかりともる、さあれなほ梢こずゑはにほひ、
またくいま暮れはてし下枝しづえのゆらぎ……
四十一年八月

  雨の日ぐらし

ち、ち、ち、ち、と、もののせはしく
きざむ音おと……

河岸かしのそば、
かびの香のしめりも暗し、

かくてあな暮れてもゆくか、
駅逓えきていの局きよくの長壁ながかべ
灰色はひいろに、暗きうれひに、
おとつひも、昨日きのふも、今日けふも。

さあれ、なほ薫くゆりのこれる
一列ひとつらの紅あかき花はな罌粟けし
かたかげの草に濡れつつ、
うちしめり浮きもいでぬる。

雨はまたくらく、あかるく、
やはらかきゆめの曲節めろでい……

ち、ち、ち、ち、と絶えずせはしく
きざむ音……
角窻の玻璃はりのくらみを
の報知しらせひまなく打電てる。
さてあればそこはかとなく
出でもゆく
薄ぐらき思おもひのやから
その歩行あるきにか入るらむ。

しばらくは
事もなし。
かかる日の雨の日ぐらし。

ち、ち、ち、ち、ともののせはしく
きざむ音おと……
さもあれや、
雨はまたゆるにしとしと
暮れもゆくゆめの曲節めろでい……

いづこにか鈴すゞの音しつつ、
近く、
はた、速のく軋きしり
待ちあぐむ郵便馬車いうびんばしや
旗の色いろ見えも来なくに、
うち曇る馬の遠嘶とほなき

さあれ、ふと
夕日さしそふ。
瞬間たまゆらの夕日さしそふ。

あなあはれ、
あなあはれ、
泣き入りぬ罌粟けしのひとつら、
最終いやはてに燃えてもちりぬ。

日の光かすかに消ゆる。
ち、ち、ち、ち、ともののせはしく
きざむ音おと……
雨の曲節めろでい……

ものなべて、
ものなべて、
さは入らむ、暗き愁に。
あはれ、また、出でゆきし思のやから
帰り来なくに。

ち、ち、ち、ち、ともののせはしく
きざむ音おと……
雨の曲節めろでい……

灰色はひいろの局きよくは夜に入る。
四十一年五月

  狂人の音楽

空気くうきは甘し……また赤し……黄に……はた、緑みどり……

晩夏おそなつの午後五時半の日光につくわうは晷かげりを見せて、
蒸し暑く噴水ふきゐに濡れて照りかへす。
瘋癲院ふうてんゐんの陰鬱いんうつに硝子がらすは光り、
草場くさばには青き飛沫しぶきの茴香酒アブサントえたちわたる。

いま狂人きやうじんのひと群むれは空うち仰ふぎ――
饗宴きやうえんの楽器がくきとりどりかき抱いだき、自棄やけに、しみらに、
きずつける獣けもののごとき雲の面おも
ひたに怖れて色盲しきまうの幻覚まぼろしを見る。
空気くうきは重し……また赤し……共に……はた緑みどり……
  *   *   *   *
    *   *   *   *
オボイ鳴る……また、トロムボオン……
くるほしきヸオラの唸うなり……

一人ひとりの酸ゆき音は飛びて怜羊かもしかとなり、
ひとつは赤き顔ゑがき、笑わらひわななく
の恐怖おそれ……はた、ほのしろき髑髏舞どくろまひ……

け弾け……鳴らせ……また舞踏をどれ……

セロの、喇叭らつぱの蛇へびの香よ、
はた、爛たゞれ泣くヸオロンの空には赤子飛びみだれ、
妄想狂まうさうきやうのめぐりにはバツソの盲目めしひ
小さなる骸色しかばねいろの呪咀のろひして逃のがれふためく。

弾け弾け……鳴らせ……また舞踏をどれ……

クラリネッ卜の槍尖やりさきよ、
曲節メロヂアのひらめき緩ゆるく、また急はやく、
アルト歌者うたひのなげかひを暈くらましながら、
一列ひとつらね、血しほしたたる神経しんけい
壁の煉瓦れんぐわのもとを行く……

弾け弾け……鳴らせ……また舞踏をどれ……、

かなしみの蛇へび、緑みどりの眼
やりに貫かれてまた歎なげく……

弾け弾け……鳴らせ……また舞踏をどれ……

はた、吹笛フルウトの香のしぶき、
青じろき花どくだみの鋭するどさに、
濁りて光る山椒魚さんしようを、沼ぬまの調しらべに音は瀞とろむ。

弾け弾け……鳴らせ……また舞踏をどれ……

きずつきめぐる観覧車くわんらんしや
はたや、太皷たいこの悶絶もんぜつに列つらなり走はしる槍尖やりさきよ、
窻の硝子がらすに火は叫さけび、
月琴げつきんの雨ふりそそぐ……

け弾け……鳴らせ……また舞踏をどれ……

赤き神経しんけい……盲めしひし血……
ろうせる脳の鑢やすりの音……

弾け弾け……鳴らせ……また舞踏をどれ……
  *   *   *   *
    *   *   *   *
空気くうきは酸すゆし……いま青し……黄に……なほ赤く……

はやも見よ、日の入りがたの雲の色
狂気きやうきの楽がくの音につれて波だちわたり、
悪獣の蹠あなうらのごと血を滴たらす。

そがもとに噴水ふきゐのむせび
濡れ濡れて薄闇うすやみに入る……

空気くうきは重し……なほ赤し……黄に……また緑みどり……

いつしかに蒸汽じようきの鈍にぶき船腹ふなばら
ごとくに光りかぎろひし瘋癲院ふうてんゐんも暮れゆけば、
ただ冷えしぶく茴香酒アブサント、鋭するどき玻璃はりのすすりなき。

草場くさばの赤き一群ひとむれよ、眼ををののかし、
をどり泣き弾きただらかす歓楽くわんらく
はてしもあらぬ色盲しきまうのまぼろしのゆめ……
午後の七時の印象いんしやうはかくて夜に入る。

空気は苦にがし……はや暗くらし……黄に……なほ青く……
四十一年九月

  風のあと

夕日ゆふひはなやかに、
こほろぎ啼く。
あはれ、ひと日、木の葉ちらし吹き荒すさみたる風も落ちて、
夕日ゆふひはなやかに、
こほろぎ啼く。
四十一年八月

  月の出

ほのかにほのかに音色ねいろぞ揺る。
かすかにひそかににほひぞ鳴る。
しみらに列なみつわかき白楊ぽぴゆら
その葉のくらみにこころ顫ふるふ。

ほのかにほのかに吐息といきぞ揺る。
かすかにひそかに雫しづくぞ鳴る。
あふげばほのめくゆめの白楊ぽぴゆら
うれひの水の面を櫂かいはすべる。

吐息といきのをののき、君が眼ざし
やはらに縺もつれてたゆたふとき、
光のひとすぢ――顫ふるふ白楊ぽぴゆら
文月ふづきの香炉かうろに濡れてけぶる。

さてしもゆるけくにほふ夢路ゆめぢ
したたりしたたる櫂かいのしづく、
薄らに沁みゆく月のでしほ
ほのかにわれらが小舟をふねぞゆく。

ほのめく接吻くちつけ、からむ頸うなじ
いづれか恋慕れんぼの吐息といきならぬ。
夢見てよりそふわれら、白楊ぽぴゆら
水上みなかみかしてこころ顫ふるふ。
四十一年二月

  外光と印象

近世仏国絵画の鑑賞者をわかき旅人にたとへばや。もとより Watteau の羅曼底、Corot の叙情詩は唯微かにそのおぼろげなる記憶に残れるのみ。やや暗き Fontainebleau の森より曇れる道を巴里の市街に出づれば Seine の河、そが上の船、河に臨める Cafe´の、皆「刹那」の如くしるく明かなる Manet の陽光に輝きわたれるに驚くならむ。そは Velazquez の灰色より俄に現れいでたる午后の日なりき。あはれ日はやうやう暮れてぞゆく。金緑に紅薔薇を覆輪にしたりけむ Monet の波の面も青みゆき、青みゆき、ほのかになつかしくはた悲しき Cafin の夕は来る。燈の薄黄は Whistler の好みの色とぞ。月出づ。Pissarro のあをき衢を Verlaine の白月の賦など口荒みつつ過ぎゆくは誰が家の子ぞや。
太田正雄


  冷めがたの印象

あわただし、旗ひるがへし、
しゆの色の駅逓えきてい馬車ぐるまをどりゆく。

曇日くもりびの色なき街まち
清水しみづさす石油せきゆの噎むせび
かれ泣く停車場ていしやばの鈴すゞ、溝みぞの毒どく
昼の三味しやみ、鑢やすりる歌、
茴香酒アブサンの青み泡だつ火の叫さけび
絶えず眩くるめく白楊やまならし、遂に疲れて
マンドリン奏かなでわづらふ風の群むれ
あなあはれ、そのかげに乞食かたゐゆきかふ。

くわと来り、燃えゆく旗は
死に堕つる、夏の光のうしろかげ。

灰色の亜鉛とたんの屋根に、
青銅せいどうの擬宝珠ぎぼしゆの錆さびに、
また寒き万象ものみなの愁うれひのうへに、
たゞれ弾く猩紅熱しやうこうねつの火の調しらべ
狂気きやうきの色と冷めがたの疲労つかれに、今は
ひた嘆なげく、悔くいと、悩なやみと、戦慄をのゝきと。

あかあかとひらめく旗は
みだらなるその最終いやはての夏の曲きよく

あなあはれ、あなあはれ、
あなあはれ、光消えさる。

四十年十一月

  赤子

赤子啼く、
  急はやき瀬の中うち

壁重き女囚ぢよしうの牢獄ひとや
てつの門もん
淫慾いんよくの蛇の紋章もんしやう
くわとおびえ、
水に、落日いりひ
照りかへし、
 黄ばむひととき。

赤子あかごく、
  急はやき瀬の中うち
四十一年六月

  暮春

ひりあ、ひすりあ。
しゆツ、しゆツ……

なやまし、河岸かしの日のゆふべ、
日の光。

ひりあ、ひすりあ。
しゆツ、しゆツ……

眼科がんくわの窓まどの磨硝子すりがらす、しどろもどろの
白楊はくやうの温ぬるき吐息といきにくわとばかり、
ものあたたかに、くるほしく、やはく、まぶしく、
蒸し淀よどむ夕日ゆふひの光。
のほめき。

ひりあ、ひすりあ。
しゆツ、しゆツ……

なやまし、またも
いづこにか、
なやまし、あはれ、
も妙たへ
あかき嘴はしある小鳥らのゆるきさへづり。

ひりあ、ひすりあ。
しゆツ、しゆツ……

はた、大河おほかはの饐え濁にごる、河岸かしのまぢかを
ぎちぎちと病ましげにとろろぎめぐる
灰色はいいろばむ小蒸汽こじようきの温るく、まぶしく、
またゆるくとろぎ噴く湯気ゆげ
いま懈ゆく、
また絶えず。

ひりあ、ひすりあ。
しゆツ、しゆツ……

いま病院びやうゐんの裏庭うらにはに、煉瓦のもとに、
白楊はくやうのしどろもどろの香のかげに、
窓の硝子がらすに、
まじまじと日向ひなたもとむる病人やまうどは目も悩なやましく
見ぞ夢む、暮春ぼしゆんの空と、もののねと、
水と、にほひと。

ひりあ、ひすりあ。
しゆツ、しゆツ……

なやまし、ただにやはらかに、くらく、まぶしく、
また懈ゆく。

ひりあ、ひすりあ。
しゆツ、しゆツ……
四十一年三月

  噴水の印象

噴水ふきあげのゆるきしたたり。――
霧しぶく苑そのの奥、夕日ゆふひの光、
水盤すゐばんの黄なるさざめき、
なべて、いま
ものあまき嗟嘆なげかひの色。

噴水ふきあげの病めるしたたり。――
いづこにか病児びやうじき、ゆめはしたたる。
そこここに接吻くちつけの音おと
空は、はた、
暮れかかる夏のわななき。

噴水ふきあげの甘きしたたり。――
そがもとに痍きずつける女神ぢよじんの瞳。
はた、赤き眩暈くるめきの中うち
ひやみ入る
ぎんの節ふし、雲のとどろき。

噴水ふきあげの暮るるしたたり。――
くわとぞ蒸す日のおびえ、晩夏ばんかのさけび、
濡れ黄ばむ憂鬱症ヒステリイのゆめ
青む、あな
しとしとと夢はしたたる。
四十一年七月

  顔の印象 六篇

   A 精舎

うち沈む広額ひろびたひ、夜のごとも凹くぼめる眼まなこ――
いや深く、いや重く、泣きしづむ霊たましの精舎しやうじや
それか、実に声もなき秦皮とねりこの森のひまより
熟視みつむるは暗くらき池、谷そこの水のをののき。
いづこにか薄日うすひさし、きしりこきり斑鳩いかるがなげく
寂寥さみしらや、空の色なほ紅あけににほひのこれど、
静かなる、はた孤独ひとり、山間やまあひの霧にうもれて
くいと夜のなげかひを懇ねもごろに通夜つやし見まもる。

かかる間も、底ふかく青あをの魚盲めしひあぎとひ、
口そそぐ夢の豹へう水の面に血音ちのとたてつつ、
みな冷やき石の世と化りぞゆく、あな恐怖おそれより。

かくてなほ声もなき秦皮とねりこよ、秘ひそに火ともり、
精舎しやうじやまた水晶と凝こごる時ときうれひやぶれて
響きいづ、響きいづ、最終いやはての霊たまの梵鐘ぼんしよう
以下五篇――四十一年三月

   B 狂へる街

あからめる暗くらき鼻、なめらかに禿げたる額ひたひ
痙攣ひきつれる唇くちの端はし、光なくなやめる眼まなこ
なにか見る、夕栄ゆふばえのひとみぎり噎むせぶ落日いりひに、
熱病ねつびやうの響ひびきする煉瓦家れんぐわやか、狂へる街まちか。

見るがまに焼酎せうちうの泡あわしぶきひたぶる歎なげ
そが街まちよ、立てつづく尖屋根とがりやね血ばみ疲つかれて
雲赤くもだゆる日、悩なやましく馬車ばしやるやから
たましひのありかをぞうち惑まどひ窓まどふりあふぐ。

その窓まどに盲めしひたる爺をぢひとり鈍にぶき刃げる。
はた、唖おふししゆに笑ひ痺しびれつつ女をみなを説ける。
つぎなるは聾ろうしぬる清き尼あま三味線しやみせんける。

しかはあれ、照り狂ふ街まちはまた酒と歌とに
しどろなる舞まひの列れつあかあかと淫たはれくるめき、
馬車ばしやのあと見もやらず、意味いみもなく歌ひ倒たふるる。

   C 醋の甕

あをざめし汝が面おもてえよどむ瞳ひとみのにごり、
薄暮くれがたに熟視みつめつつ撓たわみちる髪の香きけば――
の甕かめのふたならび人もなき室むろに沈みて、
ほの暗くらき玻璃はりの窓ひややかに愁うれひわななく。

外面とのもなる嗟嘆なげかひよ、波もなきいんくの河に
旗青き独木舟うつろぶねそこはかと巡めぐり漕ぎたみ、
見えわかぬ悩なやみより錨いかりき鎖くさり巻かれて、
伽羅きやらまじり消え失する黒蒸汽くろじようきふえぞ呻うめける。

吊橋つりばしの灰白はひじろよ、疲つかれたる煉瓦れんぐわの壁かべよ、
たまたまに整ととのはぬ夜のピアノ淫みだれさやげど、
ひとびとは声もなし、河の面おもをただに熟視みつむる。
はた、甕かめのふたならび、さこそあれ夢はたゆたひ、
内と外そとかぎりなき懸隔へだたりに帷とばりつれば、
あな悲し、あな暗くらし、醋の沈黙しじま長くひびかふ。

   D 沈丁花

なまめけるわが女をみな、汝は弾きぬ夏の日の曲きよく
なやましき眼の色に、髪際かうぎはの紛こなおしろひに、
つぐみたる色あかき唇くちびるに、あるはいやしく
ししむらの香に倦める猥みだらなる頬のほほゑみに。

ひびかふは呪のろはしき執しふと欲よく、ゆめもふくらに
うなじ巻く毛のぬくみ、真白ましろなるほだしの環たまき
そがうへに我ぞ聴く、沈丁花ぢんてうげたぎる畑はたけを、
へがたき夏の日を、狂くるはしき甘あまきひびきを。

しかはあれ、またも聴く、そが畑はたに隣となる河岸かしきは
色ざめし浅葱幕あさぎまくしどけなく張りもつらねて、
調しらぶるは下司げすのうた、はしやげる曲馬チヤリネの囃子はやし

その幕の羅馬字らうまじよ、くるしげに馬は嘶いななき、
大喇叭おほらつぱひなびたる笑わらひしてまたも挑いどめば
なまあつき色と香とひとさやぎ歎なげきもつるる。

   E 不調子

われは見る汝が不調ふてう、――萎しなびたる瞳の光沢つやに、
おとろへの頬ににほふおしろひの厚き化粧けはひに、
あはれまた褪せはてし髪の髷まげつよきくゆりに、
ししむらの戦慄わななきを、いや甘き欲よくの疲労つかれを。

はた思ふ、晩夏おそなつの生なまあつきにほひのなかに、
みしごと縺もつれ入るいと冷やき風の吐息といきを。
新開しんかいの街まちは鏽びて、色赤く猥みだるる屋根を、
濁りたる看板かんばんを、入り残る窓の落日いりひを。

なべてみな整ととのはぬ色の曲ふし……ただに鋭するど
最高音ソプラノの入り雑まじり、埃ほこりたつ家なみのうへに、
色にぶき土蔵家どざうやの江戸芝居えどしばゐひとり古りたる。

あらはなる日の光、そがもとに三味しやみはなまめき、
拍子木へうしぎの歎なげきまたいと痛いたし古き痍いたでに、
かくてあな衰おとろへのもののいろ空そらは暮れ初む。

   F 赤き恐怖

わかうどよ、汝はくるし、尋めあぐむ苦悶くもんの瞳ひとみ
秀でたる眉のゆめ、ひたかわく赤き唇くちびる
みな恋の響なり、熟視みつむれば――調しらべかなでて
火のごとき馬ぐるま燃え過ぐる窓のかなたを。

はた、辻の真昼まひるどき、白楊はこやなぎにほひわななき、
雲浮かぶ空そらの色生なまあつく蒸しも汗あせばむ
まちよ、あな音もなし、鐘はなほ鳴りもわたらね、
炎上えんじやうの光また眼にうつり、壁ぞ狂くるへる。

人もなき路のべよ、しとしとと血を滴したたらし
きもきて走る鬼、そがあとにただに餞ゑつつ
色赤き郵便函ポストのみくるしげにひとり立ちたる。

かくてなほ窓の内うちすずしげに室むろは濡るれど、
戸外とのもにぞ火は熾さかる、………哀あはれ、哀あはれ、棚たなの上に見よ、
水もなき消火器せうくわきのうつろなる赤き戦慄をののき

  盲ひし沼

午後六時ごごろくじ、血紅色けつこうしよくの日の光
めしひし沼にふりそそぎ、濁にごりの水の
声もなく傷きずつき眩くらむ生なまおびえ。
てつの匂にほひのひと冷ひやみ沁みは入れども、
影うつす煙草たばこ工場こうばの煉瓦壁れんぐわかべ
も痛いたましき香のけぶり、機械きかいとどろく。

 鳴ききたる鵝島がてうのうから
 しらしらと水に飛び入る。

午後六時、また噴きなやむ管くだの湯気ゆげ
壁に凭りたる素裸すはだかの若者わかものひとり
かいなき鉄てつの匂にうち噎むせぶ。
はた、あかあかと蒸気鑵じようきがまおとなく叫び、
そこここに咲きこぼれたる芹せりの花、
あなや、しとどにおしなべて日ぞ照りそそぐ。

 声もなき鵞鳥がてうのうから
 色みだし水に消え入る

午後六時、鵞鳥がてうの見たる水底みなぞこ
血潮したたる沼ぬまの面の負傷てきずの光
かき濁る泥どろの臭くさみに疲つかれつつ、
水死すゐしの人の骨のごとちらぼふなかに
もの鈍にぶき鉛の魚のめくるめき、
はた浮うかびくる妄念まうねんの赤きわななき。

 逃げいづる鵞鳥がてうのうから
 鳴きさやぎ汀みぎはを走はしる。

午後六時、あな水底みそこより浮びくる
赤きわななき――妄念の猛たけると見れば、
強き煙草に、鉄てつの香に、わかき男に、
顔いだす硝子がらすの窓の少女をとめらに血潮したたり、
歓楽くわんらくの極はての恐怖おそれの日のおびえ、
ふるひ高まる苦痛くるしみぞ朱あけにくづるる。

 刹那、ふと太ふとく湯気ゆげ吐き
 吼えいづる休息やすらひの笛。
四十一年七月

  青き光

あはれ、みな悩なやみ入る、夏の夜のいと青き光のなかに、
ほの白き鉄てつの橋、洞ほらまろき穹窿ああちの煉瓦れんぐわ
かげに来て米炊かしぐ泥舟どろぶねの鉢はちの撫子なでしこ
そを見ると見下みおろせる人々ひとびとが倦みし面おもても。

はた絶えず、悩なやましの角つの光り電車すぎゆく
河岸かしなみの白き壁あはあはと瓦斯も点ともれど、
うち向ふ暗き葉柳はやなぎ震慄わななきつ、さは震慄わななきつ、
うしろよりはた泣くは青白き屋いへの幽霊いうれい

いと青きソプラノの沈みゆく光のなかに、
えて病むわかき日の薄暮くれがたのゆめ。――
幽霊の屋いへよりか洩れきたる呪のろはしの音
交響体ジムフオニのくるしみのややありて交まじりおびゆる。

いづこにかうち囃はやす幻燈げんとうの伴奏あはせの進行曲マアチ
かげのごと往来ゆききする白しろの衣きぬうかびつれつつ、
うつりゆく絵のなかのいそがしさ、さは繰りかへす。――
そのかげに苦痛くるしみの暗くらきこゑまじりもだゆる。

なべてみな悩なやみ入る、夏の夜のいと青き光のなかに。――
蒸し暑あつき軟なよら風かぜもの甘あまき汗あせに揺れつつ、
ほつほつと点もれゆく水みづの面のなやみの燈ともし
しほからき執しふの譜よ………み空には星ぞうまるる。

かくてなほ悩み顫ふるふわかき日の薄暮くれがたのゆめ。――
見よ、苦にがき闇やみの滓をり街衢ちまたには淀よどみとろげど、
あらたにもしぶきいづる星の華はな――泡あわのなげきに
色青き酒のごと空そらは、はた、なべて澄みゆく。
四十一年七月

  樅のふたもと

うちけぶる樅もみのふたもと。
薄暮くれがたの山の半腹なからのすすき原はら
若草色わかくさいろの夕ゆふあかり濡れにぞ濡るる
雨の日のもののしらべの微妙いみじさに、
なやみ幽かすけき Chopinシオパン の楽がくのしたたり
やはらかに絶えず霧するにほやかさ。
ああ、さはあかれ、嗟嘆なげかひの樅もみのふたもと。

はやにほふ樅もみのふたもと。
いつしかに色にほひゆく靄のすそ、
しみらに燃ゆる日の薄黄うすぎ、映うつらふみどり、
ひそやかに暗くらき夢弾く列並つらなみ
とほの山々やまやまおしなべてものやはらかに、
ちかほとりほのめきそむる歌うたの曲ふし
ああ、はやにほへ、嗟嘆なげかひの樅もみのふたもと。

燃えいづる樅もみのふたもと。
濡れ滴したる柑子かうじの色のひとつらね、
深き青みの重かさなりにまじらひけぶる
山の端の縺もつれのなやみ、あるはまた
かすかに覗のぞく空のゆめ、雲のあからみ、
晩夏おそなつの入日いりひに噎むせぶ夕ゆふながめ。
ああ、また燃ゆれ、嗟嘆なげかひの樅もみのふたもと。

色うつる樅もみのふたもと。
しめやげる葬はふりの曲ふしのかなしみの
かすかにもののなまめきに揺曳ゆらひくなべに、
しづみゆく雲の青みの階調シムフオニヤ
はた、さまざまのあこがれの吐息といきの薫くゆり
薄れつつうつらふきはの日のおびえ。
ああ、はた、響け、嵯嘆なげかひの樅もみのふたもと。

え暗くらむ樅のふたもと。
燃えのこる想おもひのうるみひえびえと、
はや夜の沈黙しじましのびねに弾きも絶え入る
列並つらなみの山のくるしみ、ひと叢むら
柑子かうじの靄のおぼめきも音にこそ呻うめけ、
おしなべて御龕みづしの空そらぞ饐えよどむ。
ああ、見よ、悩なやむ、嗟嘆なげかひの樅もみのふたもと。

暮れて立つ樅もみのふたもと。
声もなき悲願ひぐわんの通夜つやのすすりなき
薄らの闇に深みゆく、あはれ、法悦ほふえつ
いつしかに篳篥ひちりきあかる谷のそら、
ほのめき顫ふるふ月魄つきしろのうれひ沁みつつ
夢青む忘我われかの原の靄の色。
ああ、さは顫ふるへ嗟嘆なげかひの樅もみのふたもと。
四十一年二月

  夕日のにほひ

晩春おそはるの夕日ゆふひの中なかに、
順礼じゆんれいの子はひとり頬をふくらませ、
にごりたる眼をあげて管くだうち吹ける。
くされゆく襤褸つづれのにほひ、
と石油せきゆ……にじむ素足すあし
落ちちれる果実くだものの皮、赤くうすく、あるは汚きたなく……

片手かたてには噛かぢりのこせし
林檎りんごをばかたく握にぎりぬ。
かくてなほ頬をふくらませ
おづおづと吹きいづる………珠たまの石鹸しやぼんよ。

さはあれど、珠たまのいくつは
なやましき夕暮ゆふぐれのにほひのなかに
ゆらゆらと円まろみつつ、ほつと消えたる。
ゆめ、にほひ、その吐息といき……

かれはまた、
怖々おづおづと、怖々おづおづと、……眩まぶしげに頬をふくらませ
し淀よどむ空気くうきにぞ吹きもいでたる。

あはれ、見よ、
いろいろのかがやきに濡れもしめりて
まろらにものぼりゆく大おほきなるひとつの珠たまよ。
そをいまし見あげたる無心むしんの瞳ひとみ

背後そびらには、血しほしたたる
こぶしあげ、
かすめる街まちの大時計おほどけいにらみつめたる
山門さんもんの仁王にわうの赤あかき幻想イリユウジヨン……

その裏うら
ちやるめらのゆく……
四十一年十二月

  浴室

水落つ、たたと………浴室よくしつの真白き湯壺ゆつぼ
大理石なめいしの苦悩なやみに湯気ゆげぞたちのぼる。
硝子がらすの外そとの濁川にごりがは、日にあかあかと
小蒸汽こじようきの船腹ふなばら光るひとみぎり、太鼓ぞ鳴れる。

水落つ、たたと………‥灰色はひいろの亜鉛とたんの屋根の
繋留所けいりうじよ、わが窓近き陰鬱いんうつ
行徳ぎやうとくゆきの人はいま見つつ声なし、
川むかひ、黄褐色わうかつしよくの雲のもと、太皷ぞ鳴れる。

水落つ、たたと…………両国りやうごくの大吊橋おほつりばし
うち煤すすけ、上手かみてななめに日を浴びて、
色薄黄ばみ、はた重く、ちやるめらまじり
せはしげに夜に入る子らが身の運はこび、太皷ぞ鳴れる。

水落つ、たたと…………もの甘く、あるひは赤く、
うらわかきわれの素肌すはだに沁みきたる
てつのにほひと、腐くされゆく石鹸しやぼんのしぶき。
水面みのもには荷足にたりの暮れて呼ぶ声す、太皷ぞ鳴れる。

水落つ、たたと…………たたとあな音色ねいろやはらに、
大理石なめいしの苦悩なやみに湯気ゆげは濃く、温るく、
にぶきどよみと外光ぐわいくわうのなまめく靄に
つかれゆく赤き都会とくわいのらうたげさ、太皷ぞ鳴れる。
四十一年八月

  入日の壁

に潤しめる港の入日いりひ
切支丹きりしたん邪宗じやしゆうの寺の入口いりぐち
くらめるほとり、色古りし煉瓦れんぐわの壁に射かへせば、
静かに起る日の祈祷いのり
『ハレルヤ』と、奥にはにほふ讃頌さんしようの幽かすけき夢路ゆめぢ

あかあかと精舎しやうじやの入日。――
ややあれば大風琴おほオルガンの音の吐息といき
たゆらに嘆なげき、白蝋はくらふの盲ひゆく涙。――
壁のなかには埋うづもれて
眩暈めくるめき、素肌すはだに立てるわかうどが赤き幻まぼろし

ただ赤き精舎しやうじやの壁に、
妄念まうねんは熔とろくるばかりおびえつつ
全身ぜんしん落つる日を浴びて真夏まなつの海をうち睨にらむ。
『聖サンタマリヤ、イエスの御母みはは。』
一斉いつせいに礼拝をろがみをはる老若らうにやくの消え入るさけび。
はた、白しらむ入日の色に
しづしづと白衣はくえの人らうちつれて
湿潤しめりも暗き戸口とぐちより浮びいでつつ、
まぶしげに数珠じゆずふりかざし急いそげども、
など知らむ、素肌すはだに汗あせし熔とろけゆく苦悩くなうの思おもひ

暮れのこる邪宗じやしゆうの御寺みてら
いつしかに薄うすらに青くひらめけば
ほのかに薫くゆる沈ぢんの香かう、波羅葦増ハライソのゆめ。
さしもまた埋うもれて顫ふるふ妄念まうねん
血に染みし踵かがとのあたり、蟋蟀きりぎりす啼きもすずろぐ。
四十一年八月

  狂へる椿

ああ、暮春ぼしゆん

なべて悩なやまし。
とろけゆく雲のまろがり、
おほぞらのにほひも、ゆめも。

ああ、暮春。

大理石なめいしのまぶしきにほひ――
幾基いくもとの墓の日向ひなた
照りかへし、
くわと入る光。
ものやはき眩暈くるめきの甘き恐怖おそれよ。
あかあかと狂ひいでぬる薮椿やぶつばき
自棄やけに熱ねつむ霊たまか、見よ、枝もたわわに
狂ひ咲き、
狂ひいでぬる赤き花、
赤き譃言うはごと

そがかたへなる崖がけの上うへ
うち湿しめり、熱ほてり、まぶしく、また、ねぶく
大路おほぢに淀よどむもののおと。
人力車夫じんりきしやふ
ひとつらね青白あをじろの幌ほろをならべぬ。
客を待つこころごころに。

ああ、暮春。

さあれ、また、うちも向へる
いと高く暗き崖がけには、
まどもなき牢獄ひとやの壁の
長き列つら、はては閉とざせる
灰黒はひぐろの重き裏門うらもん

はたやいま落つる日ひびき、
照りあかる窪地くぼちのそらの
いづこにか、
さはひとり、
湿しめり吹きゆく
をさなごころの日のうれひ、
そのちやるめらの
笛の曲ふし

笛の曲ふし…………
かくて、はた、病みぬる椿つばき
赤く、赤く、狂くるへる椿つばき
四十一年六月

  吊橋のにほひ

夏の日の激はげしき光
きいづる銀ぎんの濃雲こぐもに照りうかび、
雲は熔とろけてひたおもて大河筋おほかはすぢに射かへせば、
見よ、眩暈めくるめく水の面おも、波も真白に
声もなき潮のさしひき。

そがうへに懸かかる吊橋。
すすけたる黝ねずみの鉄てつの桁構けたがまへ
半月形はんげつけいの幾円いくまろみ絶えつつ続くかげに、見よ、
うすらに青む水の色、あるは煉瓦れんぐわ
円柱まろはしらうつろひ、あかみ、たゆたひぬ。

銀色ぎんいろの光のなかに、
そろひゆく櫂オオルのなげきしらしらと、
あるひは仄ほのの水鳥みづとりのそことしもなき音のうれひ、
河岸かしの氷室ひむろの壁も、はた、ただに真昼の
白蝋はくらふの冷ひやみの沈黙しじま

かくてただ悩なやむ吊橋つりはし
なべてみな真白き水の面、はた、光、
ただにたゆたふ眩暈くるめきの、恐怖おそれの、仄ほのの哀愁かなしみ
ぎんの真昼まひるに、色重き鉄てつのにほひぞ
鬱憂うついうに吊られ圧さるる。

鋼鉄かうてつのにほひに噎むせび、
絶えずまた直裸ひたはだかなる男の子
真白ましろに光り、ひとならび、力ちからあふるる面おもてして
さくの上より躍をどり入る、水の飛沫しぶきや、
白金はつきんに濡れてかがやく。

真白ましろなる真夏まなつの真昼まひる
あせしたるしとどの熱ねつに薄曇うすくもり、
くらみて歎なげく吊橋のにほひ目当めあてにたぎち来る
小蒸汽船こじようきせんの灰はひばめる鈍にぶき唸うなりや、
日は光り、煙うづまく。
四十一年八月

  硝子切るひと

君は切る、
色あかき硝子がらすの板いたを。
落日いりひさす暮春ぼしゆんの窓に、
いそがしく撰えらびいでつつ。

君は切る、
金剛こんがうの石のわかさに。

茴香酒アブサンのごときひとすぢ
つと引きつ、切りつ、忘れつ。

君は切る、
色あかき硝子がらすの板を。

君は切る、君は切る。
四十年十二月

   悪の窓 断篇七種

   一 狂念

あはれ、あはれ、
青白あをじろき日の光西よりのぼり、
薄暮くれがたの灯のにほひ昼もまた点ともりかなしむ。

わが街まちよ、わが窓よ、なにしかも焼酎せうちうさけび、
鶴嘴つるはしのひとつらね日に光り悶もだえひらめく。

汽車きしやぞ来る、汽車きしやぞ来る、真黒まくろげに夢とどろかし、
窓もなき灰色はひいろの貨物輌くわもつばこへうぞ積みたる。
あはれ、はや、焼酎せうちうは醋とかはり、人は轢かれて、
めしひつつ血に叫ぶ豹へうの声遠とほに泡あわ立つ。

   二 疲れ

あはれ、いま暴あらびゆく接吻くちつけよ、肉ししむらの曲きよく。……

かくてはや青白く疲つかれたる獣けものの面おもて
今日けふもまた我われ見据みすゑ、果敢はかなげに、いと果敢はかなげに、
色濁にごる窓まど硝子がらす外面とのもより呪のろひためらふ。

いづこにかうち狂くるふヸオロンよ、わが唇くちびるよ、
身をも燬くべき砒素ひその壁かべ夕日さしそふ。

   三 薄暮の負傷

血潮したたる。

薄暮くれがたの負傷てきずなやまし、かげ暗くらき溝みぞのにほひに、
はた、胸に、床ゆかの鉛なまりに……

さあれ、夢には列つらなめて駱駝らくだぞ過ぐる。
埃及えじぷとのカイロの街まちの古煉瓦ふるれんが
壁のひまには砂漠さばくなるオアシスうかぶ。
その空にしたたる紅あかきわが星よ。……

血潮したたる。

   四 象のにほひ

日をひと日。
日をひと日。

日をひと日、光なし、色も盲めしひて
ふくだめる、はた、病めるなやましきもの
窻ふたぎ窻ふたぎ気倦けだるげに唸うなりもぞする。

あはれ、わが幽鬱いううつの象ざう
亜弗利加あふりかの鈍にぶきにほひに。

日をひと日。
日をひと日。

   五 悪のそびら

おどろなす髪の亜麻色あさいろ
そびら向け、今日けふもうごかず、
さあれ、また、絶えずほつほつ
息しぼり『死』にぞ吹くめる、
血のごとき石鹸しやぼんの珠たまを。

   六 薄暮の印象

うまし接吻くちつけ……歓語さざめごと……

さあれ、空には眼に見えぬ血潮ちしほしたたり、
なにものか負傷ておひくるしむ叫さけびごゑ、
など痛いたむ、あな薄暮くれがたの曲きよくの色、――光の沈黙しじま

うまし接吻くちつけ……歓語さざめごと……

   七 うめき

れゆく日、血に濁る床ゆかの上にひとりやすらふ。
まちしづみ、窻しづみ、わが心もの音おともなし。

せきたる板硝子いたがらすぐるとき車燬きつつ
落つる日の照りかへし、そが面おもて噎びあかれば
室内むろぬちの汚穢けがれ、はた、古壁に朽ちし鉞まさかり
一斉ひとときに屠はふらるる牛の夢くわとばかり呻うめき悶もだゆる。

まちの子は戯たはむれに空虚うつろなる乳の鑵くわんたたき、
よぼよぼの飴売あめうりは、あなしばし、ちやるめらを吹く。

くわとばかり、くわとばかり、
に光る向むかひの煉瓦れんぐわ
くわとばかり、あなしばし。――
悪の窻 畢――四十一年二月

  蟻

おほらかに、
いとおほらかに、
おほきなる鬱金うこんの色の花の面おも

日は真昼まひる
時は極熱ごくねつ
ひたおもて日射ひざしにくわつと照りかへる。

時に、われ
の蜜みつもとめ
雄蕋ゆうずゐの林の底をさまよひぬ。

光の斑
けつ、断ちぎれつ、
へうのごと燃えつつ湿める径みちの隈くま

風吹かず。
仰ふげば空そら
烈々れつれつと鬱金うこんを篩ふるふ蕋ずゐの花。

さらに、聞く、
ただれ、饐えばみ、
ふつふつと苦痛くつうをかもす蜜の息。

楽欲げうよく
極みか、甘き
寂寞じやくまくの大光明だいくわうみやう、に喘あへぐ時。

人界にんがい
七谷ななたにへだて、
丁々とうとうと白檀びやくだんを伐つ斧をのの音おと
四十年三月

  華のかげ

ときは夏、血のごと濁にごる毒水どくすゐ
わに住む沼ぬまの真昼時まひるどき、夢ともわかず、
日に嘆なげく無量むりやうの広葉ひろはかきわけて
ほのかに青き青蓮せいれんの白華しらはな咲けり。

 ここ過ぎり街まちにゆく者、――
 婆羅門ばらもんの苦行くぎやうの沙門しやもん、あるはまた
 生皮なまかわあさる旃陀羅せんだらが鈍にぶき刃の色、
 たまたまに火の布きれ巻ける奴隷しもべども
 石油せきゆの鑵くわんを地に投げて鋭するどに泣けど、
 この旱ひでり何時いつかは止まむ。これやこれ、
 饑うゑに堕ちたる天竺てんぢくの末期まつごの苦患くげん
 見るからに気候風きこうふう吹く空そらの果はて
 銅色あかがねいろのうろこ雲湿潤しめりに燃りもえて
 恒河ガンヂスの鰐わにの脊のごとはらばへど、
 日は爛ただれ、大地たいちはあはれ柚色ゆずいろ
 熱黄疸ねつわうだんの苦痛くるしみに吐息といきも得せず。

 この恐怖おそれ何に類たぐへむ。ひとみぎり
 地平ちへいのはてを大象たいざうの群むれぎよしながら
 槍やりふるふ土人どじんが昼の水かひも
 終へしか、消ゆる後姿うしろでに代かはれる列れつ
 こは如何いかに殖民兵しよくみんへいの黒奴ニグロらが
 喘あへぎ曳き来る真黒まくろなる火薬くわやくの車輌くるま
 掲かかぐるは危嶮きけんの旗の朱しゆの光
 絶えず饑ゑたる心臓しんざうの呻うめくに似たり。

さはあれど、ここなる華はなと、円まろき葉の
あはひにうつる色、匂にほひ、青みの光、
ほのほのと沼ぬまの水面みのもの毒の香も
うすらに交まじり、昼はなほかすかに顫ふるふ。
四十年十二月

  幽閉

色濁にごるぐらすの戸もて
ふうじたる、白日まひるびの日のさすひと間
そのなかに蝋らふのあかりのすすりなき。

いましがた、蓋ふたとざしたる風琴オルガンの忍しのびのうめき。
そがうへに瞳ひとみひたる嬰児みどりごぞ戯れあそぶ。
あはれ、さは赤裸あかはだかなる、盲めしひなる、ひとり笑みつつ、
声たてて小さく愛めぐしき生うまれの臍ほぞをまさぐりぬ。

物病ましさのかぎりなる室むろのといきに、
をりをりは忍び入るらむ戯おどけたる街衢ちまたの囃子はやし
あはれ、また、嬰児みどりご笑ふ。

ことことと、ひそかなる母のおとなひ
幾度いくたびとなく戸を押せど、はては敲たたけど、
色濁る扉とびらはあかず。
むろの内うち暑く悒鬱いぶせく、またさらに嬰児みどりご笑ふ。

かくて、はた、硝子がらすのなかのすすりなき
らふのあかりの夜を待たず尽きなむ時よ。
あはれ、また母の愁うれひの恐怖おそれとならむそのみぎり。

あはれ、子はひたに聴き入る、
めづらなるいとも可笑をかしきちやるめらの外そとの一節ひとふし
四十一年六月

  鉛の室

いんきは赤し。――さいへ、見よ、室むろの腐蝕ふしよく
うちにじみ倦うんじつつゆくわがおもひ、
暮春ぼしゆんの午後ごごをそこはかと朱しゆをば引けども。

油じむ末黒すぐろの文字もじのいくつらね
悲しともなく誦しゆけど、響ひびらぐ声こゑ
びてゆく鉛なまりの悔くやみ、しかすがに、

つよき薫くゆりのなやましさ、鉛なまりの室むろ
くわとばかり火酒ウオツカのごとき噎むせびして
壁の湿潤しめりを玻璃はりに蒸す光の痛いたさ。

ちからなき活字くわつじひろひの淫たはれ歌うた
める機械きかいの羽たたきにあるは沁み来
あたらしき紙の刷られの香も消ゆる。

いんきや尽きむ。――はやもわがこころのそこに
聴くはただ饐えに饐えゆく匂にほひのみ、――
はた、滓をりよどむ壺つぼを見よ。つとこそ一人ひとり

手を棚たなへ延すより早く、とくとくと、
赤き硝子がらすのいんき罎びんかたむけそそぐ
一刹那いつせつな、壺つぼにあふるる火のゆらぎ。

さと燃えあがる間こそあれ、飜かへると見れば
手に平ひらむ吸取紙すひとりがみの骸色かばねいろ
ただれぬ――あなや、血はしと、と卓しよくに滴したたる。
四十年九月

  真昼

日は真昼まひる――野づかさの、寂寥せきれうの心しんの臓ざうにか、
ただひとつ声もなく照りかへす硝子がらすの破片くだけ
そのほとり WHISKYウヰスキイ の匂にほひす銀色ぎんいろの内うち
声するは、密ひそかにも露吸ひあぐる、
色赤き、色赤き花の吐息といき……
四十一年十二月
 このさんたくるすは三百年まへより大江村の切支丹のうちに忍びかくして守りつたへたるたつときみくるすなり。これは野中に見いでたり。
天草島大江村天主堂秘蔵

   天草雅歌

四十年八月、新詩社の諸友とともに遠く天草島に遊ぶ。
こはその紀念作なり。
「四十年十月作」

   天艸雅歌

  角を吹け

わが佳耦ともよ、いざともに野にいでて
歌はまし、水牛すゐぎうの角つのを吹け。
視よ、すでに美果実みくだものあからみて
田にはまた足穂たりほ垂れ、風のまに
山鳩のこゑきこゆ、角つのを吹け。
いざさらば馬鈴薯ばれいしよの畑はたを越え
瓜哇ジヤワびとが園に入り、かの岡に
鐘やみて蝋らふの火の消ゆるまで
無花果いちじゆくの乳をすすり、ほのぼのと
歌はまし、汝が頸くびの角つのを吹け。
わが佳耦ともよ、鐘きこゆ、野に下りて
葡萄樹じゆの汁つゆしたる邑むらを過ぎ、
いざさらば、パアテルの黒き袈裟けさ
はや朝の看経つとめはて、しづしづと
見えがくれ棕櫚しゆろの葉に消ゆるまで、
無花果いちじゆくの乳をすすり、ほのぼのと
歌はまし、いざともに角つのを吹け、
わが佳耦ともよ、起き来れ、野にいでて
歌はまし、水牛すゐぎうの角つのを吹け。

  ほのかなる蝋の火に

いでや子ら、日は高し、風たちて
棕櫚しゆろの葉のうち戦そよぎ冷ゆるまで、
ほのかなる蝋らふの火に羽をそろへ
鴿はとのごと歌はまし、汝が母も。
き日なり、媼おうなたち、さらばまづ
いのらまし賛美歌さんびかの十五番じふごばん
いざさらば風琴オルガンを子らは弾け、
あはれ、またわが爺おぢよ、なにすとか、
老眼鏡おいめがねここにこそ、座はあきぬ、
いざともに祷いのらまし、ひとびとよ、
さんた・まりや。さんた・まりや。さんた・まりや。
をろがめば香炉かうろの火身に燃えて
百合のごとわが霊たまのうちふるふ。
あなかしこ、鴿はとの子ら羽をあげて
御龕みづしなる蝋らふの火をあらためよ。
黒船くろふねの笛きこゆいざさらば
ほどもなくパアテルは見えまさむ、
さらにまた他の燭そくをたてまつれ。
あなゆかし、ロレンゾか、鐘鳴らし、
まめやかに安息あんそくの日を祝ぐは、
あな楽し、真白ましろなる羽をそろへ
鴿はとのごと歌はまし、わが子らよ。
あはれなほ日は高し、風たちて
棕櫚しゆろの葉のうち戦そよぎ冷ゆるまで、
ほのかなる蝋らふの火に羽をそろへ
鴿はとのごと歌はまし、はらからよ。

  艣を抜けよ

はやも聴け、鐘鳴りぬ、わが子らよ、
御堂みだうにははや夕よべの歌きこえ、
らふの火もともるらし、艣を抜けよ。
もろもろの美果実みくだものに盛りて、
が鴿はとら畑はたに下り、しらしらと
帰るらし夕ゆふづつのかげを見よ。
われらいま、空色そらいろの帆のやみに
あらたなる大海おほうみの香炉かうろ
に炷きぬ、ひるがへる魚を見よ。
さるほどに、跪き、ひとびとは
青き上人しやうにんと夜に祷いのり、
捧げます御くるすの香にや酔ふ、
うらうらと咽ぶらし、歌をきけ。
われらまた祖先みおやらが血によりて
洗礼そそがれし仮名文かなぶみの御経みきやうにぞ
しゆうよ永久とはに恵みあれ、われらも、と
鴿はとつつ祷らまし、帆をしぼれ。
はやも聴け、鐘鳴りぬ、わが子らよ、
御堂みだうにははや夕よべの歌きこえ、
らふの火もくゆるらし、艣を抜けよ、

  汝にささぐ

女子をみなごよ、
に捧ささぐ、
ただひとつ。
しかはあれ、汝も知らむ。
このさんた・くるすは、かなた
檳榔樹びろうじゆの実の落つる国、
夕日ゆふひさす白琺瑯はくはふらうの石の階はし
そのそこの心の心、――
えめらるど、あるは紅玉こうぎよく
くりの埴はに八千層やちさか敷ける真底まそこより、
が愛を讃たたへむがため、
また、清き接吻くちつけのため、
水晶の柄をすげし白銀しろかねの鍬をもて、
七つほど先さきの世ゆ世を継ぎて
ひたぶるに、われとわが
りいでし型かた
その型かた
に捧ささぐ、
女子をみなごよ。

  ただ秘めよ

ひけるは、
あな、わが少女をとめ
天艸あまくさの蜜みつの少女をとめよ。
が髪は烏からすのごとく、
が唇くちは木の実の紅あけに没薬もつやくの汁しゆしたたらす。
わが鴿はとよ、わが友よ、いざともに擁いだかまし。
くゆりき葡萄の酒は
玻璃ぎやまんの壺つぼに盛るべく、
もたらしし麝香じやかうの臍ほぞ
が肌の百合に染めてむ。
よし、さあれ、汝が父に、
よし、さあれ、汝が母に、
ただ秘めよ、ただ守れ、斎いつき死ぬまで、
しひたげの罪の鞭しもとはさもあらばあれ、
ああただ秘めよ、御くるすの愛あいの徴しるしを。

  さならずば

わが家いへ
わが家いへの可愛かあゆき鴿はと
その雛ひな
なれせちに恋ふとしならば、
いでや子よ、
のがれよ、早も邪宗門じやしゆうもん外道げだうの教をしへ
かくてまた遠き祖おやより伝つたヘこし秘密ひみつの聖磔くるす
とく柱より取りいでよ。もし、さならずば
もろもろの麝香じやかうのふくろ、
桂枝けいし、はた、没薬もつやく、蘆薈ろくわい
および乳ちち、島の無花果いちじゆく
如何に世のにほひを積むも、――
さならずば、
もしさならずば――
なれいかに陳ちんじ泣くとも、あるは、また
護摩ごまき修し、伴天連ばてれんの救すくひよぶとも、
ああ遂に詮せんすべなけむ。いざさらば
接吻くちつけの妙たへなる蜜みつに、
女子をみなごの葡萄の息いきに、
いで『ころべ』いざ歌へ、わかうどよ。

  嗅煙艸

『あはれ、あはれ、深江ふかえの媼おばよ。
髪も頬も煙艸色たばこいろなる、
棕櫚しゆろの根に蹲うづくむ媼おばよ。
が持てる象牙ざうげの壺つぼ
また薫くゆる褐くりなる粉こな
何ぞ。また、せちに鼻つけ
涙垂れ、あかき眼るは。』
このときに渡わたりの媼おうな
によぶらく。『わが葡萄牙ほるとがる
こを嗅ぎてわかきは思ふ。』
『さらば、汝は。』『責めそ、さな、さな、
養生やしなひを骸からはただ欲れ。
さればこそ、この嗅煙艸かぎたばこ。』

  鵠

わかうどなゆめ近よりそ、
かのゆくは邪宗じやしゆうの鵠くぐひ
日のうちに七度ななたび八度やたび
うしほあび化粧けはひすといふ
伴天連ばてれんの秘ひその少女をとめぞ。
地になびく髪には蘆薈ろくわい
はしにまたあかき実を塗
みだらなる鳥にしあれば、
絶えず、その真白羽ましろはひろげ
乳香にふかうの水したたらす。
されば、子なゆめ近よりそ。
視よ、持つは炎ほのほか、華はなか、
さならずば実の無花果いちじゆくか、
にもあれ、かれこそ邪法じやはふ
わかうどなゆめ近よりそ。

  日ごとに

日ごとにわかき姿すがたして
日ごとに歌ふわが族ぞうよ、
日ごとに紅あかき実の乳房ちぶさ
日ごとにすてて漁あさりゆく。

  黄金向日葵

あはれ、あはれ、黄金こがね向日葵ひぐるま
みましまた太陽にも倦きしか、
南国なんごくの空の真昼まひる
かなしげに疲つかれて見ゆる。

  一炷

香炉かうろいま
一炷いつすのかをり。
 あはれ、火はこころのそこに。

さあれ、その
一炷いつすのけむり、
 かの空そらの青き龕みづしに。

   青き花

南紀旅行の紀念として且はわが羅曼底時代のあえかなる思出のために、この幼き一章を過ぎし日の友にささぐ。

「四十年二、三両月中作」

  青き花

そは暗くらきみどりの空に
むかし見し幻まぼろしなりき。
青き花
かくてたづねて、
日も知らず、また、夜も知らず、
国あまた巡めぐりありきし
そのかみの
われや、わかうど。

そののちも人とうまれて、
微妙いみじくも奇しき幻まぼろし
ゆめ、うつつ、
こそ忘れね、

かの青き花をたづねて、
ああ、またもわれはあえかに
ひとの世
旅路たびぢに迷ふ。

  君

かかる野に
何時いつかありけむ。
仏手柑ぶしゆかんの青む南国なんごく
かをる日の光なよらに
身をめぐりほめく物の香
鳥うたひ、
そらもゆめみぬ。

何時いつの世か
君と識りけむ。
黄金こがねなす髪もたわたわ、
みかへるか、あはれ、つかのま
ちらと見ぬ、わかき瞳ひとみ
にほひぬる
かの青き花。

  桑名

となりぬ、神世かみよに通ふやすらひに
早や門かどとざす古伊勢ふるいせの桑名くわなの街まち
みちも狭に高き屋づくり音おともなく、
陰森いんしんとして物の隈くまひろごるにほひ。
おほらかに零落れいらくの戸を瞰下みおろして
愁ふるがごと月光げつくわうは青に照せり。
参宮さんぐうの衆しゆうにかあらむ、旅たびびとの
二人ふたり三人みたりはさきのほどひそかに過ぎぬ。
かし旅籠はたごふだのみ白き壁つづき
ほとほと遠く、物ごゑの夜風よかぜに消えて、
今ははた数かずはりゆく星くづの
そらなる調しらべやはらかに、地は闌けまさる。

時になほ街まちはづれなる老舗しにせの戸
少し明あかりて火は路みちへひとすぢ射しぬ。
行燈あんどうのかげには清き女の童わらは物縫ものぬふけはひ、
そがなかにたわやの一人ひとり髪あげて
戸外とのもすかしぬ。――事もなき夜のしづけさに。

  朝

    ――汽車のなかにて――

わが友よ、はや眼をさませ。
玻璃はりの戸にのこる灯ゆらぎ、
はわかきうれひに明けぬ。
順礼はつとにめざめて
あえかなる友をかおもふ。
すずしげの髪のそよぎに
おひづるのいろもほのぼの。

わが友よ、はや眼をさませ。
かなた、いま白しらむ野のそら、
薔薇さうびにはほのかに薄うす
菫よりやや濃きあはひ、
かのわかき瞳ひとみさながら
あけぼのの夢より醒めて
わだつみはかすかに顫ふるふ。

  紅玉

かかるとき、
海ゆく船に
まどはしの人魚にんぎよか蹤ける。
美くしき術じゆつの夕ゆふべに、
まどろみの香油かうゆしたたり、
こころまた
けぶるともなく、
まぼろしの黒髪きたり、
のごとも
わが眼おほへり。
そことなく
おほくのひとの
あえかなるかたらひおぼえ、
われはただひしと凝視みつめぬ。
夢ふかき黒髪の奥おく
しゆに喘ぐ
紅玉こうぎよくひとつ、
これや、わが胸より落つる
わかき血の
もゆる滴したたり

  海辺の墓

われは見き、
いつとは知らね、
うすあかるにほひのなかに
夢ならずわかれし一人ひとり
ものみなは涙のいろに
消えぬとも。
ああ、えや忘る。
かのわかき黒髪のなか、
星のごと濡れてにほひし
天色そらいろの勾玉まがたま七つ。

われは見ぬ、
漂浪さすらひながら、
見もなれぬ海辺の墓に
うつつにも眠れる一人ひとり
そことなき髪のにほひの
ほのめきも、
ああ、えや忘る。
いま寒き夕闇ゆふやみのそこ、
星のごと濡れてにほへる
天色そらいろの露草つゆくさ七つ。

  渚の薔薇

の南みなみ、白良しららの渚なぎさ
荒き灘なだ高く砕くだけて
そらくらう轟とどろくほとり、
ひとならび夕陽ゆふひをうけて
おもほてり、むらがり咲ける
色紅あかき薔薇さうびの族ぞうよ。
  瞬またたく間、間近まぢかに寄せて
  崩なだれうつ浪の穂を見よ。
今しさと滴したたるばかり
激瀾おほなみの飛沫しぶきに濡れて、
いやさらに匂ひ閃ひらめく
火のごとき少女をとめのむれよ。
  寄せ返し、遠く消えゆく
  塩漚しほなわ暗き音を聴け。
ああ薔薇さうび、汝なれにむかへば
わかき日のほこりぞ躍る。
薔薇さうび、薔微さうび、あてなる薔薇さうび

  紐

海の霧にほやかなるに
も見ゆる夕暮のほど、
ほのかなる旅籠はたごの窓に
るとなく暮れもなやめば、
やはらかき私語ささやきまじり
むせびきぬ、そこはかとなく、
火に焼くる薔薇さうびのにほひ。

ああ、薔薇さうび、暮れゆく今日けふ
そぞろなり、わかき喘あへぎ
はからずも思ひぞいづる。
そは熱あつき夏の渚辺なぎさべ
濡髪ぬれがみのなまめかしさに、
をみなつと寝がへりながら、
みだらなる手して結びし
色紅あかき韈くつしたの紐ひも

  昼

蜜柑船みかんぶねなぎにうかびて
壁白き浜のかなたは
あたたかに物売る声す。
波もなき港の真昼まひる
白銀しろがねの挿櫛さしぐしたは
いま遠く二つら三つら
水の上をすべると見つれ。
波もなき港の真昼、
また近く、二つら三つら
とびの魚すべりて安やすし。

  夕

あたたかに海は笑わらひぬ。
花あかき夕日の窓に、
手をのべて聴くとしもなく
薔薇さうびみ、ほのかに愁うれふ。
いま聴くは市いちの遠音とほねか、
波の音か、過ぎし昨日きのふか、
はた、淡あはき今日けふのうれひか。

あたたかに海は笑ひぬ。
ふと思ふ、かかる夕日ゆふひ
白銀しろがねの絹衣すずしゆるがせ、
いまあてに花摘みながら
かく愁うれひ、かくや聴くらむ、
くれなゐの南極星下なんきよくせいか
われを思ふ人のひとりも。


  羅曼底の瞳

 この少女はわが稚きロマンチツクの幻象也、仮にソフィヤと呼びまゐらす。

うつくしきソフィヤの君きみ
かなしくも恋こひしくも見え給ふわがわかきソフィヤの君きみ
なになれば日もすがら今日けふはかく瞑目めつぶり給ふ。
うつくしきソフィヤの君きみ
われ泣けば、朝な夕ゆふなに、
かなしくも静しづかにも見ひらき給ふ青き華はな――少女をとめの瞳ひとみ
ソフィヤの君きみ

   古酒

こは邪宗門の古酒なり。近代白耳義の所謂フアンドシエクルの神経には柑桂酒の酸味に竪笛の音色を思ひ浮かべ梅酒に喇叭を嗅ぎ、甘くして辛き茴香酒にフルウトの鋭さをたづね、あるはまたウヰスキイをトロムボオンに、キユムメル、ブランデイを嚠喨として鼻音を交へたるオボイの響に配して、それそれ匂強き味覚の合奏に耽溺すと云へど、こはさる驕りたる類にもあらず。黴くさき穴倉の隅、曇りたる色硝子の窻より洩れきたる外光の不可思議におぼめきながら煤びたるフラスコのひとつに湛ゆるは火酒か、阿刺吉か、又はかの紅毛の珍酡の酒か、えもわかねど、われはただ和蘭わたりのびいどろの深き古色をゆかしみて、かのわかき日のはじめに秘め置きにたる様々の夢と匂とに執するのみ。


  恋慕ながし

春ゆく市いちのゆふぐれ、
かくなる地下室セラの玻璃はり透き
うつらふ色とにほひと
見惚みほれぬ。――潤るむ笛の音

しばしは雲の縹はなだと、
うつる路みちの濡色ぬれいろ
また行く素足すあししらしら、――
あかりぬ、笛の音色ねいろも。

古き醋甕すがめと街衢ちまた
物焼く薫くゆりいつしか
薄らひ饐ゆれ。――澄みゆく
あかき音色ねいろの揺曳ゆらびき

このとき、玻璃はりも真黒まくろ
四輪車しりんしやきしるはためき、
けものの温ぬるき肌はだの香
ぎりぬ。――濁にごる夜の色。

ああ眼にまどふ音色ねいろ
はやも見わかぬかなしさ。
れんほ、れれつれ、消えぬる
恋慕れんぼながしの一曲ひとふし

四十年二月

  煙草

のほてり、夢のすががき、
さはあまきうれひの華はなよ。
ほのに汝を嗅ぎゆくここち、
QURACIOキユラソオ の酒もおよばじ。

いつはあれ、ものうき胸に
いたみ知るささやきながら、
わかき火のにほひにむせて
はばたきぬ、快楽けらくのうたは。

そのうたを誰かは解かむ。
あえかなる罪のまぼろし、――
き華の褐くりに沁みゆく
愛欲あいよくの千々ちぢのうれひを。

向日葵ひぐるまの日に蒸すにほひ、
かはたれのかなしき怨言かごと
ゆるやかにくゆりぬ、いまも
絶間たえまなき火のささやきに。

かくてわがこころひねもす
いたむともなくてくゆりぬ、
あな、あはれ、汝が香の小鳥
そらいろのもやのつばさに。
四十年九月

  舗石

夏の夜あけのすずしさ、
氷載せゆく車の
いづちともなき軋きしりに、
うるみて消ゆる瓦斯がすの火。

海へか、路次ろじゆみだれて
大族おほうからなす鵞の鳥
鳴きつれ、霧のまがひに
わたりぬ――しらむ舗石しきいし

人みえそめぬ。煙草たばこ
ただよひ湿しめるたまゆら、
辻なる窻の絵硝子ゑがらす
あがりぬ――ひびく舗石しきいし

見よ、女が髪のたわめき
濡れこそかかれ、このとき
つと寄り、男、みだらの
接吻くちつけ――にほふ舗石しきいし

ほど経て窻を閑す音おと
枝垂柳しだれやなぎのしげみを、
赤き港の自働車じどうしや
けたたましくも過ぎぬる。

ややあり、ほのに緋の帯、
水色うつり過ぐれば、
もつれぬ、はやも、からころ、
かろき木履きぐつのすががき。
四十年九月

  驟雨前

長月ながつきの鎮守ちんじゆの祭まつり
からうじてどよもしながら、
あめもよひ、夜もふけゆけば、
蒸しなやむ濃き雲のあし
をりをりに赤あかくただれて、
月あかり、稲妻いなづますなる。

このあたり、だらだらの坂さか
赤楊はん高き小学校の
さく尽きて、下したは黍畑きびばた
こほろぎぞ闇に鳴くなる。
いづこぞや女声をみなごゑして
重たげに雨戸あまどる音おと

わかれ路みち、辻つじの濃霧こぎり
馬やどののこるあかりに
幻燈げんとうのぼかしのごとも
蒸し青あをみ、破れし土馬車つちばしや
ふたつみつ泥どろにまみれて
ひそやかに影を落おとしぬ。
泥濘ぬかるみの物の汗あせばみ
なまぬるく、重き空気くうき
新しき木犀もくせいまじり、
馬槽うまぶねの臭気くさみふけつつ、
ものうげのさやぎはたはた
あつき夜のなやみを刻きざむ。

足音あしおとす、生血なまちの滴した
しとしととまへを人かげ、
おちうどか、ほたや、六部ろくぶか、
に高き龕みづしをになひ、
青き火の消えゆくごとく
うめきつつ闇にまぎれぬ。

生騒なまさやぎ野をひとわたり。
とある枝に蝉は寝おびれ、
ぢと嘆なげき、鳴きも落つれば
ほらまろき橋台はしだいのをち、
はつかにも断れし雲間くもま
月黄ばみ、病める笑わらひす。

の汽車の重きとどろき。
凄まじき驟雨しゆううのまへを、
黒烟くろけぶりふかき峡はざま
一面いちめんに血潮ながれて、
いま赤く人轢くけしき。
稲妻す。――嗚呼夜は一時いちじ
三十九年九月

  解纜

解纜かいらんす、大船たいせんあまた。――
ここ肥前ひぜん長崎港ながさきかうのただなかは
長雨ながあめぞらの幽闇いうあんに海うなづら鈍にぶみ、
悶々もんもんと檣ほばしらけぶるたたずまひ、
くさりのむせび、帆のうなり、伝馬てんまのさけび、
あるはまた阿蘭船おらんせんなる黒奴くろんぼ
も狂くるほしき諸ごゑに、硝子がらす切る音おと
うち湿しめり――嗚呼ああ午後ごご七時――ひとしきり、落居おちゐぬ騒擾さやぎ

解纜かいらんす、大船あまた。
あかあかと日暮にちぼの街まちに吐血とけつして
落日らくじつあへぐ寂寥せきれうに鐘鳴りわたり、
陰々いんいんと、灰色はいいろ重き曇日くもりび
死を告げ知らすせはしさに、響は絶えず
天主てんしゆより。――闇澹あんたんとして二列ふたならび
海波かいはの鳴咽おえつ、赤あかの浮標うき、なかに黄ばめる
帆は瘧ぎやくに――嗚呼ああ午後七時――わなわなとはためく恐怖おそれ

解纜かいらんす、大船たいせんあまた。――
黄髪わうはつの伴天連ばてれん信徒しんと蹌踉さうらう
闇穴道あんけつだうを磔はりき負ひ駆られゆくごと
なまぬるき悔くやみの唸うなり順々つぎつぎに、
流るる血しほ黒煙くろけぶり動揺どうえうしつつ、
印度、はた、南蛮なんばん、羅馬、目的めどはあれ、
ただ生涯しやうがいの船がかり、いづれは黄泉よみ
消えゆくや、――嗚呼ああ午後七時――鬱憂うついうの心の海に。
三十九年七月

  日ざかり

嗚呼ああ、今いまし午砲ごはうのひびき
おほどかにとどろきわたり、
遠近をちこちの汽笛きてきしばらく
うるごと呻うめきをはれば、
柳原やなぎはらあつき街衢ちまた
また、もとの沈黙しじまにかへる。

河岸かしなみは赤き煉瓦家れんぐわや
牢獄ひとやめく工場こうばの奥ゆ
印刷いんさつの響ひびきたまたま
薄鉄葉ブリキ切る鋏はさみの音おとと、
ひつぎうつ槌と、鑢やすりと、
ものうげにまじりきこえぬ。

片側かたかはの古衣屋ふるぎやつづき、
衣紋掛えもんかけ重き恐怖おそれ
はひやみの咳しはぶきれて、
えてゆく物のいきれに、
陰湿いんしつのにほひつめたく
照り白しらみ、人は黙坐もくざす。

ゆきかへり、やをら、電気車でんきしや
なまりだつ体たいをとどめて
ぐどぐどとかたみに語り、
鬱憂うついうの唸うなり重げに
また軋きしる、熱あつく垂れたる
ひた赤あかき満員まんゐんの札ふだ

恐ろしき沈黙しじまふたたび
酷熱こくねつの日ざしにただれ、
ぺんき塗ぬりめし看板かんばん
どくらし、河岸かしのあちこち
ちぢれ毛の痩犬やせいぬ見えて
くるしげに肉にくを求食あさりぬ。
あぶらうく線路レエルの正面まとも
てつおもき橋の構かまへ
雲ひとつまろがりいでて
くらくらとかがやく真昼まひる
あせながし、車曳きつつ
匍匐ふがごと撒水夫みづまききたる。
三十九年九月

  軟風

ゆるびぬ、潤うるむ罌粟けしの火は
わかき瞳の濡色ぬれいろに。
熟視みつめよ、ゆるる麦の穂の
たゆらの色のつぶやきを。

たわやになびく黒髪の
君の水脈みをこそ身に翻あふれ。――
うかびぬ、消えぬ、火の雫しづく
匂の海のたゆたひに。

ふとしも歎なげく蝶のむれ
ころりんころと……頬のほめき、
るる吐息といきに縺もつるれば、
色も、にほひも、つぶやきも、

同じ音色ねいろの揺曳ゆらびき
うんじぬ、かくて君が目も。――
あはれ、皐月さつきの軟風なよかぜ
ゆられてゆめむわがおもひ。
四十年六月

  大寺

大寺おほてらの庫裏くりのうしろは、
枇杷あまた黄金こがねたわわに、
六月の天そらいろ洩るる
路次ろじの隅、竿さをかけわたし
皮交り、襁褓むつきを乾せり。
そのかげに穢むさき姿なりして
面子めんこうち、子らはたはぶれ、
裏店うらだなの洗流ながしの日かげ、
顔青き野師やしの女房ら
首いだし、煙草吸ひつつ、
にぶき目に甍いらかあふぎて、
はてもなう罵りかはす。
しをれたるもののにほひは
溝板どぶいたの臭気くさみまじりに
蒸し暑あつく、いづこともなく。
赤黒き肉屋の旗は
屋根越に垂れて動かず。
はや十時、街まちの沈黙しじま
しめやかに沈ぢんの香しづみ、
しらじらと日は高まりぬ。
三十九年八月

  ひらめき

十月じふぐわつのとある夜の空。
北国ほつこくの郊野かうやの林檎
は赤く梢こずゑにのこれ、
はや、里の果物採くだものとり
影絶えぬ、遠く灯つけて
ただ軋きしる耕作かうさくぐるま。
鬱憂うついうに海は鈍にばみて
闇澹あんたんと氷雨ひさめやすらし。
はひめる暮雲ぼうんのかなた
血紅けつこうの火花ひばなひらめき
さんとして音おとなく消えぬ。
沈痛ちんつうの呻吟うめきこの時、
闇重き夜色やしよくのなかに
蓬髪ほうはつの男蹌踉よろめ
落涙らくるゐす、蒼白あをじろき頬に。
三十九年八月

  立秋

憂愁いうしうのこれや野の国、
柑子かうじだつ灰色のすゑ
夕汽車ゆふぎしやの遠音とほねもしづみ、
信号柱シグナルのちさき燈ともしび
淡々あはあはとみどりにうるむ。

ひとしきり、小野をのに細雲ほそぐも
南瓜畑かぼちやばた北へ練りゆく
旗赤き異形ゐぎやうの列れつ
おどけたる広告ひろめの囃子はやし
にぎやかに遠くまぎれぬ。

うらがなし、落日いりひの黄金こがね
片岡かたおかの槐ゑんじゆにあかり、
鳴きしきる蜩かなかな、あはれ
たれはふるゆふべなるらむ。
三十九年八月

  玻璃罎

うすぐらき窖あなぐらのなか、
瓢状ひさごなり、なにか湛たたへて、
とをあまり円まろうならべる
ゆめいろの薄うすら玻璃罎はりびん

しづけさや、靄もやの古ふるびを
黄蝋わうらふは燻くゆりまどかに
照りあかる。吐息といきそこ、ここ、
哀楽あいらくのつめたきにほひ。

いましこそ、ゆめの歓楽くわんらく
りそそげ。生命いのちの脈なみ
ゆらぎ、かつ、壁にちらほら
玻璃はりきぬ、赤き火の色。
三十九年八月

  微笑

朧月ろうげつか、眩まばゆきばかり
髪むすび紅あかき帯して
あらはれぬ、春夜しゆんやの納屋なや
いそいそと、あはれ、女子をみなご

あかあかと据ゑし蝋燭らふそく
薔薇さうびす片頬かたほにほてり、
すずろけば夜霧よぎり火のごと、
いづこにか林檎りんごのあへぎ。

嗚呼ああ愉楽ゆらく、朱塗しゆぬりの樽たる
差口だぶす抜き、酒つぐわかさ、
玻璃器ぎやまんに古酒こしゆの薫香かをりか
なみなみと……遠く人ごゑ。

やや暫時しばし、瞳かがやき、
髪かしげ、微笑ほほゑみながら
なに紅あかむ、わかき女子をみなご
母屋もやにまた、おこる歓語さざめき……
三十九年八月

  砂道

日の真昼まひる、ひとり、懶ものう
真白なる砂道さだうを歩む。
いち遠く赤き旗見ゆ、
風もなし。荒蕪地かうぶちつづき、
すたれ立つ礎いしずゑえて
烈々れつれつと煉瓦れんぐわの火気くわき
ただれたる果実くわじつのにほひ
そことなく漂ただよ湿しめる。

数百歩、娑婆しやばに音なし。

ふと、空に苦熱くねつのうなり、
見あぐれば、名しらぬ大樹たいじゆ
千万ちよろづの羽音はおとに糜しらけ、
鈴状すずなりに熟るる火の粒
しめやかに甘き乳しぶく。
楽欲げうよくの渇かわきたちまち
かのわかき接吻くちつけ思ひ、
目ぞ暈くらむ。

     真夏の原に
真白ましろなる砂道さだうとぎれて
また続く恐怖おそれの日なか、
せきとして過ぎる人なし。
三十九年八月

  凋落

寂光土じやくくわうど、はたや、墳塋おくつき
夕暮ゆふぐれの古き牧場まきば
なごやかに光黄ばみて
うつらちる楡にれの落葉らくえふ
そこ、かしこ。――暮秋ぼしうの大日おほひ
あかあかと海に沈めば、
凋落てうらくの市いちに鐘鳴り、
絡繹らくえきと寺門じもんをいづる
老若らうにやくの力ちからなき顔、
あるはみな青き旗垂れ
はひめる水路すゐろの靄に
寂寞じやくまくと繋かかる猪木舟ちよきぶね
店々の装飾かざりまばらに、
甃石いしだたみちらほら軋る
からぐるま、寒き石橋。――
にぶき眼に頭かしらもたげて
黄牛あめうしよ、汝はなにおもふ。
三十九年八月

  晩秋

神無月、下浣すゑの七日しちにち
ましげに落日いりひ黄ばみて
晩秋ばんしうの乾風からかぜ光り、
百舌もず啼かず、木の葉沈まず、
空高き柿の上枝ほづえ
実はひとつ赤く落ちたり。
刹那せつな、野を北へ人霊ひとだま
かねうちぬ、遠く死の歌。
君死にき、かかる夕ゆふべに。
三十九年五月

  あかき木の実

くらきこころのあさあけに、
あかき木の実ぞほの見ゆる。
しかはあれども、昼はまた
君といふ日にわすれしか。
くらきこころのゆふぐれに、
あかき木の実ぞほの見ゆる。
四十年十月

  かへりみ

みかへりぬ、ふたたび、みたび、
暮れてゆく幼をさなの歩あゆみ
なに惜をしみさしもたゆたふ。
あはれ、また、野辺のべの番紅花さふらん
はやあかきにほひに満つを。
四十年十二月

  なわすれぐさ

面帕ぎぬのにほひに洩れて、
その眸ひとみすすり泣くとも、――
そらいろに透きて、葉かげに
今日けふも咲く、なわすれの花。
四十一年五月

  わかき日の夢

みづける玻璃はりのうつはに、
のひとつみづけるごとく、
わが夢は燃えてひそみぬ。
ひややかに、きよく、かなしく。
四十一年五月

  よひやみ

うらわかきうたびとのきみ、
よひやみのうれひきみにも
ほの沁むや、青みやつれて
木のもとに、みればをみなも。
な怨みそ。われはもくせい、
ほのかなる花のさだめに、
目見まみしらみ、うすらなやめば
あまき香もつゆにしめりぬ。
さあれ、きみ、こひのうれひは
よひのくち、それもひととき、
かなしみてあらばありなむ、
われもまた。――月はのぼれり。
三十九年四月

  一瞥

大月たいげつは赤くのぼれり。
あら、青む最愛さいあいびとよ。
へだてなき恋の怨言かごと
見るが間に朽ちてくだけぬ。
こは人か、
何らの色いろぞ、
凋落てうらくの鵠くぐひか、鷭ばんか。
しりへより、
冷笑れいせうす、あはれ、一瞥いちべつ
われ、こころ君を殺ころしき。
三十九年七月

  旅情

     ――さすらへるミラノひとのうた。

零落れいらくの宿泊やどりはやすし。
海ちかき下層したの小部屋こべやは、
ものとなき鹹しほの汚ごれに、
すすけつつ匂にほふ壁紙かべがみ
広重ひろしげの名をも思おもひ出づ。

ほどちかき庖厨くリやのほてり、
絵草子ゑざうしの匂にほひにまじり
ものあぶる騒さやぎこもごも、
焼酎せうちうのするどき吐息といき
はりのごと肌はだす夕ゆふべ

ながむれば葉柳はやなぎつづき、
色硝子いろがらするる巷こうぢを、
横浜はまの子が智慧ちゑのはやさよ、
支那料理しなれうり、よひの灯影ほかげ
みだらうたあはれに歌うたふ。

ややありて月はのぼりぬ。
清らなる出窓でまどのしたを
からころと軋きしむ櫓の音おと
鉄格子てつかうしひしとすがりて
黄金髪こがねがみわかきをおもふ。

かずおほき罪に古りぬる
初恋はつこひのうらはかなさは
かかる夜の黒くろき波間なみま
ふなかせぎ、わたりさすらふ
わかうどが歌うたにこそきけ。

いろふかき、ミラノのそらは
日本ひのもとのそれと似たれど、
ここにして摘むによしなき
素馨ジエルソミノ、海のあなたに
接吻くちつけのかなしきもあり。

国を去り、昨きそにわかれて
のがれ来し身にはあれども、
なほ遠く君をしぬべば、
ほうほう……と笛はうるみて、
いづらへか、黒船くろふねきゆる。

廊下らうかゆく重き足音あしおと
みかへれば暗くらきひと間
のこる火は血のごと赤く、
くされたる林檎りんごのにほひ、
そことなく涙をさそふ。
三十九年九月

  柑子

しめやかにこの日も暮れぬ、北国きたぐにの古き旅籠屋はたごや
ものぶる炉ゐろりのほとり頸うなじ垂れ愁うれひしづめば
漂浪さすらひの暗くらき山川やまかはそこはかと。――さあれ、密ひそかに
物ゆかし、わかき匂にほひのいづこにか濡れてすずろぐ。

あるじは柴しば折り燻くすべ、自在鍵じざいかぎひくくすべらし、
鍋かけぬ。赤ら顔して旅たび語る商人あきうどふたり。
かたへより、笑みて静かに籠かたみなる木の実撰りつつ、
いへの子は卓しよくにならべぬ。そのなかに柑子かうじの匂にほひ

ああ、柑子かうじ、黄金こがねの熱味ほてりぎつつも思ひぞいづる。
晩秋おそあきの空ゆく黄雲きぐも、畑はたのいろ、見る眼のどかに
夕凪ゆふなぎの沖に帆あぐる蜜柑みかんぶね、暮れて入る汽笛ふえ
温かき南の島の幼子をさなごが夢のかずかず。

また思ふ、柑子かうじの店たなの愛想あいそよき肥満こえたる主婦あるじ
あるはまた顔もかなしき亭主つれあひの流ながす新内しんない
れゆけば紅あかき夜の灯に蒸し薫ゆる物の香のなか、
夕餉時ゆふげどき、街まちに入り来る旅人がわかき歩みを。

さては、われ、岡の木かげに夢心地ゆめここち、在りし静けさ
忍ばれぬ。目籠めがたみかかへ、黄金こがねみ、袖もちらほら
鳥のごと歌ひさまよふ君ききて泣きにし日をも。――
ああ、耳に鈴すずの清すずしき、鳴りひびく沈黙しじまの声音いろね

しばはまた音おとして爆ぜぬ、燃えあがる炎ほのほのわかさ。
ふと見れば、鍋の湯けぶり照り白らむ薫かをりのなかに、
箸とりて笑らぐ赤ら頬、夕餉ゆふげる主婦あるじ、家の子、
皆、古き喜劇きげきのなかの姿すがたなり。涙ながるる。
三十九年五月

  内陣

  ほのかなる香炉かうろのくゆり、
  日のにほひ、燈明みあかしのかげ、――

文月ふづきのゆふべ、蒸し薫くゆる三十三間堂さんじふさんげんだうの奥おく
空色そらいろしづむ内陣ないぢんの闇ほのぐらき静寂せいじやくに、
千一体せんいつたいの観世音くわんぜおんかさなり立たす香の古ふる
いと蕭しめやかに後背こうはいのにぶき列つらねぞ白しらみたる。

  いづちとも、いつとも知らに、
  かすかなる素足すあしのしめり。

  そと軋きしむゆめのゆかいた
  なよらかに、はた、うすらかに。

  ほのめくは髪のなよびか、
  衣きぬの香か、えこそわかたね。

  女子をみなごの片頬かたほのしらみ
  忍びかの息いきの香ぞする。

  舞ごろも近づくなべに、
  うつらかにあかる薄闇うすやみ

  初恋の燃ゆるためいき、
  帯の色、身内みうちのほてり。

だらりの姿すがたおぼろかになまめき薫ゆる舞姫まひひめ
ほのかに今いましたたずめば、本尊仏ほんぞんぶつのうすあかり
しづかなること水のごと沈しづみて匂ふ香のそらに、
あふぐともなき目見まみのゆめ、やはらに涙さそふ時とき

  甍いらかより鴿はとか立ちけむ、
  はたはたとゆくりなき音に。

  ふとゆれぬ、長たけの振袖ふりそで
  かろき緋のひるがへりにぞ、

  ほのかなる香炉かうろのくゆり、
  日のにほひ、燈明みあかしのかげ、――

  もろもろの光はもつれ、
  あな、しばし、闇にちらぼふ。
四十年七月

  懶き島

明けぬれどものうし。温ぬるき土つちの香を
軟風なよかぜゆたにただ懈たゆく揺り吹くなべに、
あかがねの淫たはれの夢ゆのろのろと
寝恍ねほれて醒むるさざめ言ごと、起つもものうし。

眺むれどものうし、のぼる日のかげも、
大海原おおうなばらの空燃えて、今日けふも緩ゆるゆる
たてにのみ湧くなる雲の火のはしら
おもげに色もかはらねば見るもものうし。

行きぬれどものうし、波ののたくりも、
たゆたき砂もわが悩なやみものうければぞ、
信天翁あはうどりもそろもそろの吐息といきして
終日ひねもすうたふ挽歌もがりうたきくもものうし。

そべれどものうし、円まろに屯たむろして
正覚坊しやうがくばうの痴しれごこち、日を嗅ぎながら
女らとなすこともなきたはれごと、
かくて抱けど、飽きぬれば吸ふもものうし。

むさぼれどものうし、椰子やしの実の酒も、
あか裸はだかなる身の倦るさ、酌めども、あほれ、
懶怠をこたりの心の欲よくのものうげさ。
遠雷とほいかづちのとどろきも昼はものうし。

暮れぬれどものうし、甘き髪の香も、
えうなし、あるは木を擦りて火ともすわざも。
空腹ひだるげの心は暗くらきあなぐらに
はみのうねりのにほひなし、入れどものうし。

ああ、なべてものうし、夜よるはくらやみの
濁れる空に、熟みつはり落つる実のごと
流星すばるぼし血を引き消ゆるなやましさ。
一人ひとりならねど、とろにとろ、寝れどものうし。
四十年十二月

  灰色の壁

灰色はいいろの暗くらき壁、見るはただ
恐ろしき一面いちめんの壁の色いろ
臘月らふげつの十九日じふくにち
丑満うしみつの夜の館やかた
みづしめく唐銅からかねの櫃ひつの上うへ
しよく青うまじろがずひとつ照る。
時にわれ、朦朧もうろうと黒衣こくえして
天鵝絨びろうどのもの鈍にぶき床ゆかに立ち、
ひたと身は鉄てつの屑くず
磁石じしやくにか吸はれよる。
足はいま釘くぎつけに痺しびれ、かの
黄泉よみの扉はまのあたり額ぬかを圧す。

灰色はひいろの暗くらき壁、見るはただ
恐ろしき一面いちめんの壁の色いろ
暗澹あんたんと燐りんの火し
奈落ならくへか虚うつろする。
表面うはべただ古地図ふるちづに似て煤すすけ、
縦横たてよこにかず知れず走る罅ひび
青やかに火光あかり吸ひ、じめじめと
陰湿いんしつの汗あせうるみ冷ゆる時、
てつの気はうしろより
さかしまに髪を梳く。
はと竦すくむ節々ふしふしの凍こほる音おと
生きたるは黒漆こくしつの瞳のみ。

灰色はひいろの暗くらき壁、見るはただ
恐ろしき一面いちめんの壁の色いろ
熟視みつむ、いま、あるかなき
一点いつてんの血の雫しづく
しゆの鈍にばみ星のごと潤味うるみ
光る。聞く、この暗き壁ぶかに
くれなゐの皷つづみうつ心しんの臓ざう
刻々こくこくにあきらかに熱ほてり来れ。
血けぶり。刹那せつなほと
かすかなる人の息いき
みるがまに罅ひびはみなつやつやと
金髪きんぱつの千筋ちすぢなし、さと乱みだる。

灰色の暗き壁、見るはただ
恐ろしき一面いちめんの壁の色。
なほ熟視みつむ。……髣髴はうふつ
浮びいづ、女の頬
大理石なめいしのごと腐くされ、仰向あふのくや
はなえてほの笑わらふちひさき歯
しらしらと薄玻璃うすはりの音を立つる。
をひらく。絶望ぜつまうのくるしみに
手はかたく十字じふじみ、
みだらなる媚こびの色
きとばかり。燭しよくの火の青み射し、
銀色ぎんいろの夜の絹衣すずしひるがへる。

灰色はひいろの暗くらき壁、見るはただ
おそろしき一面いちめんの壁かべの色いろ
『彼。』とわが憎悪心ぞうをしん

むらむらとうちふるふ。
一斉いつせいに冷血れいけつのわななきは
くぎつけの身を逆さかにゑぐり刺す。
ぎくと手は音おときざみ、節ふしごとに
機械からくりのごと動うごく。いま怪あやし、
おぼえあるくらがりに
落ちちれる埴はにと鏝こて
つと取るや、ひとつ当て、左ひだりより
ぬかをまづひしひしと塗りつぶす。

灰色はひいろの暗き壁、見るはただ
恐ろしき一面いちめんの壁の色。
しゆのごとき怨念をんねん
え、われを凍こほらしむ。
刹那せつな、かの驕おごりたる眼鼻めはなども
胸かけて、生なまぬるき埴はにの色
ひと息に鏝こての手に葬はうむられ
きながら苦くるしむか、ひくひくと
うち皺む壁の罅ひび
今、暗き他界たかいより
凄きまで面おもかはり、人と世を
のろふにか、すすりなき、うめきごゑ。

灰色はひいろの暗くらき壁、見るはただ
恐ろしき一面いちめんの壁の色。
悪業あくごふの終をはりたる
時に、ふとわれの手は
物握にぎるかたちして見出みいださる。
ながむれば埴はにあらず、鏝こてもなし。
ただ暗き壁の面おも冷々ひえびえと、
うは湿しめり、一点いつてんの血ぞ光る。
さきの世の恋か、なほ
骨髄こつずゐに沁みわたる
この怨恨うらみ、この呪咀のろひ、まざまざと
人ひとり幻影まぼろしに殺したる。

灰色はひいろの暗くらき壁、見るはただ
恐ろしき一面いちめんの壁の色いろ
臘月らふげつの十九日じふくにち
丑満うしみつの夜の館やかた
みづしめく唐銅からかねの櫃ひつの上うへ
しよくあをうまじろがずひとつ照る。
時になほ、朦朧もうろうと黒衣こくえして
天鵝絨びろうどのものにぶき床ゆかに立ち、
わなわなと壁熟視みつめ、
ひとり、また戦慄せんりつす。
ひらけば汗あせはあな生なまなまと
さながらに人間にんげんの血のにほひ。
三十九年十二月

  失くしつる

くしつる。
さはあるべくもおもはれね。
またある日には、
さがしなば、なほあるごともおもはるる。
色青き真珠しんじゆのたまよ。
四十一年七月



 父上に献ぐ

父上、父上ははじめ望み給はざりしかども、児は遂にその生れたるところにあこがれて、わかき日をかくは歌ひつづけ候ひぬ。もはやもはや咎め給はざるべし。

  邪宗門扉銘

ここ過ぎて曲節メロデアの悩みのむれに、
ここ過ぎて官能の愉楽のそのに、
ここ過ぎて神経のにがき魔睡に。

詩の生命は暗示にして単なる事象の説明には非ず。かの筆にも言語にも言ひ尽し難き情趣の限なき振動のうちに幽かなる心霊の欷歔をたづね、縹渺たる音楽の愉楽に憧がれて自己観想の悲哀に誇る、これわが象徴の本旨に非ずや。されば我らは神秘を尚び、夢幻を歓び、そが腐爛したる頽唐の紅を慕ふ。哀れ、我ら近代邪宗門の徒が夢寝にも忘れ難きは青白き月光のもとに欷歔く大理石の嗟嘆也。暗紅にうち濁りたる埃及の濃霧に苦しめるスフィンクスの瞳也。あるはまた落日のなかに笑へるロマンチツシユの音楽と幼児磔殺の前後に起る心状の悲しき叫也。かの黄臘の腐れたる絶間なき痙攣と、ヸオロンの三の絃を擦る嗅覚と、曇硝子にうち噎ぶウヰスキイの鋭き神経と、人間の脳髄の色したる毒艸の匂深きためいきと、官能の魔睡の中に疲れ歌ふ鶯の哀愁もさることながら、仄かなる角笛の音に逃れ入る緋の天鵞絨の手触の棄て難さよ。

むかしよりいまに渡わたり来る黒船くろふねえんがつくれば鱶ふかの餌となる。サンタマリヤ。

『長崎ぶり』
     例言

一、本集に収めたる六章約百二十篇の詩は明治三十九年の四月より同四十一年の臘月に至る、即最近三年間の所作にして、集中の大半は殆昨一年の努力に成る。就中『古酒』中の「よひやみ」「柑子」「晩秋」の類最も旧くして『魔睡』中に載せたる「室内庭園」「曇日」の二篇はその最も新しきものなり。
一、予が真に詩を知り初めたるは僅に此の二三年の事に属す。されば此の間の前後に作られたる種々の傾向の詩は皆予が初期の試作たるを免れず。従て本集の編纂に際しては特に自信ある代表作物のみを精査し、少年時の長篇五六及その後の新旧作七十篇の余は遺憾なく割愛したり。この外百篇に近き『断章』と『思出』五十篇の著作あれども、紙数の制限上、これらは他の新しき機会を待ちて出版するの已むなきに到れり。
一、予が象徴詩は情緒の諧楽と感覚の印象とを主とす。故に、凡て予が拠る所は僅かなれども生れて享け得たる自己の感覚と刺戟苦き神経の悦楽とにして、かの初めより情感の妙なる震慄を無みし只冷かなる思想の概念を求めて強ひて詩を作為するが如きを嫌忌す。されば予が詩を読まむとする人にして、之に理知の闡明を尋ね幻想なき思想の骨格を求めむとするは謬れり。要するに予が最近の傾向はかの内部生活の幽かなる振動のリズムを感じその儘の調律に奏でいでんとする音楽的象徴を専とするが故に、そが表白の方法に於ても概ねかの新しき自由詩の形式を用ゐたり。
一、或人の如きは此の如き詩を嗤ひて甚しき跨張と云ひ、架空なる空想を歌ふものと做せども、予が幻覚には自ら真に感じたる官能の根抵あり。且、人の天分にはそれそれ自らなる相違あり、強ひて自己の感覚を尺度として他を律するは謬なるべし。
一、本来、詩は論ふべききはのものにはあらず。嘗て幾多の譏笑と非議と謂れなき誤解とを蒙りたるにも拘らず、予の単に創作にのみ執して、一語もこれに答ふる所なかりしは、些か自己の所信に安じたればなり。
一、終に、現時の予は文芸上の如何なる結社にも与らず、又、如何なる党派の力をも恃む所なき事を明にす。要は只これらの羈絆と掣肘とを放れて、予は予が独自なる個性の印象に奔放なる可く、自由ならんことを欲するものなり。
一、尚、本集を世に公にする事を得たる所以のものは、これ一に蒲原有明、鈴木皷村両氏の深厚なる同情に依る、ここに謹謝す。
  明治四十二年一月
著者識
  魔睡

余は内部の世界を熟視めて居る。陰鬱な死の節奏は絶えず快く響き渡る……と神経は一斉に不思議の舞踏をはじめる。すすりなく黒き薔薇、歌うたふ硝子のインキ壺、誘惑の色あざやかな猫眼石の腕環、笑ひつづける空眼の老女等はこまかくしなやかな舞踏をいつまでもつづける。余は一心に熟視めて居る……いつか余は朱の房のついた長い剣となつて渠等の内に舞踏つてゐる………
長田秀雄

目次  邪宗門 邪宗門秘曲 室内庭園 陰影の瞳 赤き僧正 WHISKY 天鵝絨のにほひ 濃霧 赤き花の魔睡 麦の香 曇日 秋の瞳 空に真赤な 秋のをはり 十月の顔 接吻の時 濁江の空 魔国のたそがれ 蜜の室 酒と煙草に 鈴の音 夢の奥  昨日と今日と わかき日 朱の伴奏 謀坂 こほろぎ 序楽 納曾利 ほのかにひとつ 耽溺 といき 黒船 地平 ふえのね 下枝のゆらぎ 雨の日ぐらし 狂人の音楽 風のあと 月の出 外光と印象 冷めがたの印象 赤子 暮春 噴水の印象 顔の印象.六篇 A 精舎 B 狂へる街 C 醋の甕 D 沈丁花 E 不調子 F 赤き恐怖 盲ひし沼 青き光 樅のふたもと 夕日のにほひ 浴室 入日の壁 狂へる椿 吊橋のにほひ 硝子切るひと 悪の窓 断篇七種 1 狂念 2 疲れ 3 薄暮の負傷 4 象のにほひ 5 悪のそびら 6 薄暮の印象 7 うめき  華のかげ 幽閉 鉛の室 真昼 天草雅歌 角を吹け ほのかなる蝋の火に 艣を抜けよ 汝にささぐ ただ秘めよ さならずば 嗅煙艸  日ごとに 黄金向日葵 一炷 青き花  桑名  紅玉 海辺の墓 渚の薔薇    羅曼底の瞳 古酒 恋慕ながし 煙草 舗石 驟雨前 解纜 日ざかり 軟風 大寺 ひらめき 立秋 玻璃罎 微笑 砂道 凋落 晩秋 あかき木の実 かへりみ なわすれぐさ わかき日の夢 よひやみ 一瞥 旅情 柑子 内陣 懶き島 灰色の壁 失くしつる 戻る