室生 犀星 索引表示
 小景異情

 その一

白魚はさびしや
そのくろき瞳はなんといふ
なんといふしをらしさぞよ
そとにひる餉をしたたむる
わがよそよそしさと
かなしさと
ききともなきや
雀しばし啼くけり

 その二

ふるさとは
遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて
異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

 その三

銀の時計をうしなへる
こころかなしや
ちょろちょろ川の橋の上
橋にもたれて泣いてをり

 その四

わが霊のなかより
緑もえいで
なにごとしなけれど
懺悔の涙せきあぐる
しづかに土を掘りいでて
ざんげの涙せきあぐる

 その五

なににこがれて書くうたぞ
一時にひらくうめすもも
すももの蒼さ身にあびて
田舎暮しのやすらかさ
けふも母ぢゃに叱られて
すもものしたに身をよせぬ

 その六

あんずよ
花着け
地ぞ早に輝け
あんずよ燃えよ
ああ あんずよ花着け


 ふるさと

雪あたたかくとけにけり
しとしとしとと融けゆけり
ひとりつつしみふかく
やはらかく
木の芽に息をふきかけり
もえよ
木の芽のうすみどり
もえよ
木の芽のうすみどり


紅梅うめさげし をみなに道を たづねけり

鍬はじめ 椿を折りて かへりけり

竹むらや やゝにしぐるゝ 軒ひさし

寒菊を 束ねる人も ない冬日