jyuka-sekijin.jpg
樹下石人談 1919年(大正8)日本美術院の展覧会に出品。
モチーフは、得月院の本堂わきに聳え立つ榧と椎の大木。榧の木は、
称号「得月院中興開基」戒名「潮光院清淵芋銭大居士」の墓石近くに今も聳えている。

葬り唄 村人たちに唄はれて 豊けき土に 入り給ひける 生方たつゑ